ギャラドス 育成論。 ギャラドス育成論

【ギャラドス育成論】全てを貫く「じしんかじょう×いのちのたま」/対策と弱点も解説|ポケモット

ギャラドス 育成論

ページ:• 投稿者:@ふこりん• コメント 61 みんなの評価 :• 投稿者:えーい• コメント 36 みんなの評価 :• 投稿者:りき 21 @ハリーセンマスター• コメント 38 みんなの評価 :• 投稿者:反町• コメント 26 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:kurenai• コメント 10 みんなの評価 :• 投稿者:ジュジュ• コメント 12 みんなの評価 :• 投稿者:ランボ• コメント 15 みんなの評価 :• 投稿者:いなご• コメント 6 みんなの評価 :• 投稿者:邪気眼• コメント 16 みんなの評価 :• コメント 5 みんなの評価 :• 投稿者:ランボ• コメント 5 みんなの評価 :• 投稿者:チノレノ• コメント 2 みんなの評価 :• 投稿者:frill• コメント 105 みんなの評価 :• 投稿者:壱外• コメント 9 みんなの評価 :• 投稿者:frill• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:久しぶり• コメント 17 みんなの評価 :• 投稿者:酢漬けが台無し• コメント 20 みんなの評価 :• 投稿者:サケメスイッチ• コメント 19 みんなの評価 :• 投稿者:栗帽• コメント 36 みんなの評価 :• 投稿者:ワニ• コメント 25 みんなの評価 :• 投稿者:イナズマ• コメント 28 みんなの評価 :• 投稿者:ケイン• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:なまたまご• コメント 9 みんなの評価 :• 投稿者:おおおおおk•

次の

HAベース オボンいかくギャラドス 育成論【ポケモン剣盾】

ギャラドス 育成論

「かたやぶり」による一部ストッパーの貫通 💦 特性「かたやぶり」により、「化けの皮()、天然(ヌオー)、呼び水()、ふゆう(水)、頑丈()」などを無視して攻撃することができる。 特に、積みアタッカーが軒並み苦汁をなめることになる の化けの皮を貫通できる点は他の積みアタッカーにはない強み。 龍舞しても、マンダの舞なしすてみに遠く及ばない火力しかでないという悲惨さ。 最速にしても準速100族ラインに及ばず、スカーフアタッカーに対して軒並み上を取られる。 上で挙げた2つの側面から、は積みアタッカーとしては 抜き性能がそれほど高くないが、利点で挙げた高い行動保障で 広い範囲に積みを遂行できる点が魅力のである。 「タイプ一致Z」による高火力の押し付け• 誘って倒せるのでeasywin要素が強く、かつ「タイプ一致Z」による高火力も保障されているので、対面性能が高く幅広い範囲に仕事ができる。 130族あたりを抜きたいのであれば陽気。 @1は低速耐久を潰せる挑発やみがわりが多い。 以下、調整案。 サイクル参加をさせやすく、サイクルと抜きエースの両立ができる。 また、混乱実による回復で殴り合いにも強く、レのような遂行の遅く再生手段のない耐久には殴り勝てる。 クッションメインの用途であれば、腕白。 @1は、木の実を能動的に発動できるみがわりが多め。 腕白の場合は、電磁波や毒採用が多い。 クッション性能を重視するのであれば、腕白HB。 以下、調整案。 が苦手な炎地面勢にはギャラの後出しが効く。 カバギャラの並びは水が辛いので、水に強いを一緒に採用したい。 ナットで削りつつ、ステロを撒きギャラの一貫を狙う動きもできる。

次の

【ポケモンUSUM】ギャラドス(メガギャラドス)の育成論まとめ【対策方法も公開】

ギャラドス 育成論

高い攻撃種族値に、ギリギリ高速アタッカーとして使える素早さ種族値。 そして「じしんかじょう」「いかく」 のどちらも優秀な特性で古くからギャラドスはずっと使われています。 今回のギャラドスは「いかく」で採用しています。 相手の攻撃を1段階下げることで、より一層物理ポケモンに対して強く出ることが出来ます。 また個体値については補足説明が書いてない限り、個体値最高として扱います。 HB=相手の「物理」アタッカー受けとしてのギャラドスなので、物理耐久に性格補正、努力値全振り 相手の積み技や「みがわり」の起点にならない様に「ちょうはつ」を採用。 また、こちらの後続ポケモンが動きやすくなる様に「でんじは」も採用しました。 「ゴツゴツメット」とギャラドスの良さ ギャラドスの特性「いかく」によって相手の攻撃力を1段階下げることができるため、「ゴツゴツメット」による削りと相性抜群です! ゴツゴツメットを持たせるポケモンにおいて、ギャラドス以上に適任のポケモンはそうそういなく、物理受けとして非常に優秀。 今回のギャラドスの立ち回り・役割 今回は、相手の物理ポケモンを受けるギャラドスです。 ギャラドスと相手の特殊アタッカーを対面させたく無いため、初手に出すことは辞めておきましょう。 初手は特殊アタッカーに対して強いポケモンまたは、ミミッキュなどの何でも受けることができるポケモンを出しましょう。 そしてギャラドスで受け、ゴツゴツメットでダメージを与えることが出来そうな相手に対して、交代してギャラドスを出しましょう。 特性が「いかく」であること。 6%~44. 6%~47. 3%~83. 2%~32. 1%~43. 7%~25. 2%~30. 1%)確定4発 相手にギャラドスを使われた時の対策としては、以下のことで対処可能です。 アーマーガアなどタイプ上有利なポケモンで受け切ること。 電気タイプで瞬殺する。 ギャラドスがどの様な型であれ、上記の2パターンで対応可能です。 特にアーマーガアはギャラドスに対して非常に強く、対面で負けることはほぼ無いと言って良いでしょう。 以前に紹介した特殊アタッカーの変態型ギャラドスは例外中の例外ですが、基本的にアーマーガアがギャラドスに勝ちます。 また、 ウォッシュロトムであればゴツゴツメット型ギャラドスはもちろん、通常の物理アタッカーとしてのギャラドスに対しても強く出ることが出来ます! こだわりスカーフを持たせたウォッシュロトムであれば、10万ボルトでSが1段階上昇したギャラドスよりも早く動くことが可能です。 ダイマックスしたギャラドスがダメージを負っていない無傷の場合は倒し切ることができませんが、その場合はウォッシュロトムもダイマックスすることでダイマックスギャラドスを確定1発で倒すことが可能です。 今回のギャラドスと同じパーティに入れると相性の良いポケモン カビゴン・ニンフィア(特殊アタッカー受け) 今回のギャラドスが相手の「物理」アタッカー受けのため、当然ですが 相手の特殊アタッカーに対しては弱くなってしまいます。 そのためパーティに相手の特殊アタッカーを受けることのできるポケモンを入れておくとより安心でしょう。 繰り返しになりますが、 今回のゴツゴツメット型ギャラドスと、ニンフィアなど特殊アタッカー受けを選出するときは、先にニンフィアなどを出す様にしましょう。 相手が「物理」アタッカーであった場合は、後からギャラドスを出すことで十分間に合いますし、「いかく」も入れれ「ゴツゴツメット」のダメージも与えることが出来ます!.

次の