約束のネバーランド ネタバレ 158。 約束のネバーランド159話ネタバレ!最後の敵はラートリー?エマたちがアジトに急ぐ!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

最新ネタバレ『約束のネバーランド』167

約束のネバーランド ネタバレ 158

2019年11月18日(月)週刊少年ジャンプ51 号 発売 158話のネタバレ ムジカは生まれた時から周りと違っていた事から奇跡の子と評されており、代用人肉として狙われる事もあったが、飢えに苦しむ者達も救ったりしていたのだ。 ある日、皆が何者かに始末されてムジカだけが生き残って700年間逃げ回っている中で、どうして自分だけが違うのか、生まれてきて良かったのかと自問自答し始めたのである。 そして現在に至り、ムジカは自分から全てを奪い去った女王に言いたい事が星の数だけあったが、今何を言っても無意味だと悟り、どうして豊かな暮らしをしている女王がそんなにひもじく飢えているのかと聞いたのである。 女王はムジカに襲い掛かろうとするも、ソンジュによって阻止されたのだ。 それからもムジカはいくら食べても手に入れても満たされないくらい飢えていると、憐れだと、欲望に囚われた結果破滅の道を歩んでいると言ったのだ。 対して女王はムジカの言葉をくだらないと一蹴し、欲望は美徳だと言い放ったのである。 それもムジカは喋るのをやめないので始末しようとし、ソンジュはムジカを守ろうとしたのだ。 そんな中、女王は過剰摂取に苦しみ、これまで彼女が食らい尽くしてきた者達の意識や記憶が流れ込んできたのである。 ムジカはエマと出会ってから自分は自分達の種を変えるために生まれたのだと呟くと、女王はムジカの言葉通り破滅したのである。 「約束のネバーランド」158話の感想(ネタバレ含む) 「約束のネバーランド」158話を読んだ感想(ネタバレ含む)1 今回の話で、多くの者を食べた影響で過剰摂取を起こした女王が自滅と言う形で命を落としたところで話は終わりました。 次回は宮殿から逃げて、城下に行く者とアジトに向かう者に分担されるのではないかと思われます。 女王は既に命を落としたのでもう彼女の宮殿には用がないはずなので彼らは間違いなく立ち去っていくでしょう。 復活した女王との戦いでザジが傷ついたので簡単な応急処置が必要になると思いますので、ノーマンの部下達が城下へと向かうのではないかと思います。 そしてエマ、レイ、ノーマンは鬼の軍勢が向かっているアジトの方へと向かう事になると思います。 もう女王がいないのだから戦う理由はもうないと言って止める事になるのではないかと思います。 漫画「約束のネバーランド」158話を無料で読む方法 「約束のネバーランド」158話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。 ですが「約束のネバーランド」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

次の

約束のネバーランド 最新第157話the world is mineネタバレ含む感想と考察。圧倒的な力に酔う女王。

約束のネバーランド ネタバレ 158

鬼の最高位にまで上り詰めてもまだ欲望のままに鬼の社会すら食い尽くそうとしていた女王レグラヴァリマを見たムジカは可哀相だというのです。 欲望こそが生きるための源だという女王でしたが、 過剰摂取がたたって取り込んだ者たちが表面に現れて自我を希釈して自滅してしまったのでした。 suzuco. 全てを手に入れてもなお女王レグラヴァリマは満たされない乾きを抱えていました。 虚しさを抱えながらも欲し続けた女王は自滅同然に滅びたのです。 重症を負いながらもザジも生きていました。 【変革の時】 ノーマンの目的の一端、鬼の世界の支配体制打倒はついになされました。 …ですが。 ソンジュ( いいのか? それで このままエマ達が結び直した〝約束〟を履行したら俺はこの先一生人間を食うことも いや見ることすらなくなる) 原初宗教の教義に反する狩りで得た獲物しての人間を食べたいという欲求はソンジュの中にも存在していました。 王のみならず五摂家すべてを殺し尽くして 王都他各領 鬼社会は完全に統率者を失った」 ノーマン当初の計画は半ば達成していました。 リーダーを失った鬼の世界には混迷が訪れることに間違いありません。 エマ「 ねぇ…ソンジュじゃなれないの? 次の王様 ソンジュ〝女王の弟〟って 王族だったんでしょ? 」 ソンジュはエマの疑問に答えます。 ソンジュ 「 ムリだね」 政治を司る宰相の役目をしていたイヴェルクのようなコネも無ければ政治のことも知らないソンジュは反逆者として追われる身でした。 そんなソンジュの命令に従うものなどいないと言います。 ですが。 ムジカ 「 大丈夫よ 鬼の問題は私達で何とかするわ エマ達はとにかくアジトへ急ぎなさい」 今ならまだ 鬼の内乱としてことを収められるとムジカは言うのです。 鬼の世界のことは任せて欲しいというムジカの言葉にエマは感謝をしていました。 … ソンジュだけは人肉に対する未練と衝動が残っていたのです。 【感謝の言葉】 そんなとこをソンジュが考えていることも知らないエマは感謝の言葉を述べました。 2年間の旅の中で見てきた鬼の生活からエマ自身も命を奪って食べるということを深く考えていたのです。 自分が殺されるのも家族が殺させるのも嫌なのですが。 エマ 「想像したの。 もし私が死んだら…もし私が死んだらね…ソンジュとムジカになら食べられてもいいって思った」 二人に出会ったことで 鬼を殺したくないと思えるようになったとエマは心の底から二人に感謝していました。 そしてエマ達とは本当に最後の別れとなるのです。 ムジカ 「行っちゃった……いいの? 人間もう食べられなくなるわよソンジュ」 そんなムジカにいたずらっぽい言葉にソンジュは本気で頭を抱えて後悔していました。 ソンジュ 「あ〜〜〜〜よかねぇよ! あ〜〜!! 俺の馬鹿野郎!! 」 ムジカ 「私好きよ。 ソンジュのそういうところ」 【最後の戦いへと】 アジトへと走るエマとレイとノーマン。 ノーマンは女王の言葉を思い返していました。 ノーマン 「女王の言葉で確信した 今王兵を動かしているのは恐らく…ラートリー家現当主 ピーター・ラートリーだ」 最後の敵は人間でした。 U-NEXTでは 31日間の無料体験サービスを提供していて、登録後すぐに 600円分のポイントが貰えます。 600円分のポイントを使えば『約束のネバーランド』を今すぐ無料で読むことができるというわけですね。 また、 U-NEXTの無料体験はいつ解約しても解約金は無しなので、是非お試しアレ。 解約違約金ありません! 『約束のネバーランド』最新話【第159話】の感想・考察 鬼の社会の統治にはなにか秘策があるようですね。 鬼が人を食べる必要がなくなっても身の危険がなくなるわけではないというノーマンの疑念と、狩りをしてなら人が食えると言っていたソンジュが懸念材料でした。 ソンジュには文字通りのお人好しな面もあったのですね。 残る懸念事項はノーマンの薬害とアジトに向かっている兵士たちです。 ノーマンはの兵士たちが誘い出されたのではなくもとよりピーター・ラートリーの命令でアジトを探していたのだと気づきました。 アジトの位置に大体の検討がついているのだとしたら対決は必至です。 そして物語は終着点へと… ですが来週はお休みだそうです。

次の

約ネバ 最新158話 ネタバレ感想 鬼の女王ついに死す!

約束のネバーランド ネタバレ 158

スポンサードリンク 約束のネバーランド157話ネタバレ:ソンジュの過去 場面はソンジュの過去。 まだ幼きとき、人間を初めて狩った時のこと。 まだ生きている目の前の命に対して関心を持つソンジュ。 ソンジュに仕える者が命について教えます。 この世にあるものはすべて命。 生きとし生けるものはすべて、神が作りし尊き命。 そして自分たちは、命を狩り合い、狩って自身が生きることによって命をつないでいると。 そして、狩る=借る 全ての命は借り物だというのです。 贈られたものではなく、神様からの借りものなのだと。 だからこそ敬意を払い、自分の命にも他のすべての命にも傲ることなく分け合うのが大切だと説かれます。 だから自分で狩った場合は、敬意をもってそのものに花を植え、神に返す。 これが鬼が守ってきた道理なのだと。 そしてこの道理こそが、鬼が永久に繁栄するための道なのだと。 王の子たるもの、それを決して忘れてはならない。 たとえ王にならなくても、王を守り支えるために…とソンジュに伝えていたのはソンジュの先生だったのです。 しかし先生は、レグラヴァリマが女王になったときに罪を着せられて処刑されてしまうのでした…。 ソンジュはそのことを今でも覚えていたのです。 スポンサードリンク 約束のネバーランド157話ネタバレ:女王の核は二つある そして現在。 ソンジュとレグラヴァリマが相対します。 愚かな末弟が妾を殺すなど…古い信仰にとらわれて王家の意に背き、邪血を連れて逃げた裏切り者め、と女王は言います。 しかしソンジュにしてみれば裏切り者は女王だと。 私欲のために守るべき道理を背いたのはお前だと。 自分だけが得をする約束を強いて、邪血を独占しようとしたことには反吐が出る。 ソンジュは怒ります…。 ムジカが、今のうちにザジを連れて逃げてとエマたちに言います。 しかしザジの傷は深く、動かすことができません。 代わりにレイが、なぜレグラヴァリマは核を失ったのに倒れないのかとムジカに聞きます。 ムジカが言うには、レグラヴァリマには二つの核があるとのこと。 初代王から受け継がれる秘密の遺伝があり、王族にはごく稀にそういう子供が生まれてくると。 それが、レグラヴァリマだというのです。 ちなみにソンジュは核を二つ持つという性質はありません。 あくまでも現在はレグラヴァリマだけ。 スポンサードリンク 約束のネバーランド157話ネタバレ:選ばれし女王 切り裂いたはずのソンジュの攻撃! しかし、腹は粘着性になっていて、ソンジュの槍は止められてしまいました! 間髪入れずに今度はレグラヴァリマが長い爪で切り裂くように横一線に攻撃してきますが、何とか後ろに避けるソンジュ。 体勢を直したその瞬間、返す、とレグラヴァリマが槍を投げ、ソンジュの左肩に突き刺さります! ソンジュの腕がちぎれてしまい倒れてしまいました! 自分の核が今腹にあると自ら伝えるレグラヴァリマ。 しかしそれを知ったところで何も変わらないと、自信たっぷりに伝えます。 何もできないし何もさせない、他の何者にも何もできないと。 これぞ力!圧倒的力!!と女王は高らかに叫びます!! 蘇っただけではなく生まれ変わった! 力みなぎり五体冴えわたり、食べたものの記憶や力のすべてまで自分のものとして引き出せると!! 自分こそが選ばれし者だと、完璧なまでの力に笑う女王…。 誰より食べて誰より強い!! しかし、この言葉に何かに気づくムジカ…。 スポンサードリンク 約束のネバーランド157話ネタバレの感想考察 ソンジュは幼い頃、先生と呼ぶ鬼から命について教わっていたようです。 それが今の思考につながり、 守るべき道理として命を尊いものとしているのでした。 そんなソンジュからすると、女王のやり方は決して許されるべきではないものだったでしょう。 女王の策略を防ぐため、ムジカを連れて逃げたのですね。 そして今、再びこの二人が対峙しました。 女王は全知全能の存在である、と自ら言っています。 そんな女王相手に、どう戦えばいいのでしょうか!? しかし女王には、まだ飢えがありました。 ムジカまで食べようとしたのです。 そんな女王を、ムジカは可哀想にと言いました。 ムジカの言葉に女王はどんな反応をするのでしょうか!? そしてムジカの存在が、この戦いの突破口となるのでしょうか!?.

次の