扁桃腺 手術 費用 保険。 扁桃腺摘出(切除)手術にかかる費用

県民共済 手術給付金について今月中に、扁桃腺をとる手術をすることになり...

扁桃腺 手術 費用 保険

僕が手術に至った経緯 3年ほど前から、• 扁桃腺が腫れて熱を出す• 熱は出なくても喉から体がだるくなる といった症状が出始め、3〜4ヶ月に一回はそのような症状に悩まされていました。 症状の度合いによりますが、扁桃炎になると3・4日間ぐらいは体がだるくて仕事にならない。 これ繰り返すの本当にヤダなーと思い、 「何とかこの慢性的な扁桃腺炎を治す方法はないのか!?」とネットでリサーチしました。 すると、 手術という手段があるのを発見。 しかも手術を経験したほとんどの割合の方が「やってよかった!」という感想。 あくまで僕のネットリサーチ情報です。 これはやるしかないんじゃね? と近くの耳鼻科に駆け込みました。 病院紹介 扁桃腺手術をやるような ある程度大きな病院の診察を受けるには クリニックからの紹介状が必要になります。 近くの耳鼻科で診てもらった際、先生から「そんなに何度もなるなら手術もありかもねー、もしあれなら大学病院への紹介状書くけど?」との一言。 「はい!もう手術したいです!紹介状書いてください!」と前のめりな自分。 年に3〜4回の発症が3年ぐらい続くようなら、手術適用可能な水準みたいです。 ただ、紹介状をもらってもなかなか手術を決断できずにいました。 1週間入院する必要がある• かなり痛そう• リスクが全くないわけではない このあたりの理由から迷っていたのですが、自分の中で「今後3〜4ヶ月の間にもう一回扁桃炎が発症したら手術しよう」という決断に至りました。 その3ヶ月後、無事扁桃炎発症。 笑 軽度で熱もほとんどありませんでしたが、全身倦怠感・関節痛など体がだるい・・ 「もうこんな思いはしたくない!」という強い思いで、手術に踏み切ることにしました。 入院事前検査 紹介状の病院の診察を受けたのが3月初旬。 「なるべく早い日程でお願いします!」とお願いしたところ、3月19日〜入院に決定。 期間は1週間ほどになるみたいです。 こういうとき、時間に自由が効く仕事で良かったー。 としみじみ感謝。 リスクの説明がこんな感じでした。 ・唇や口内が荒れる 全身麻酔で口を閉じている状態がむりやり開けて器具で固定して手術するので ・一時的な味覚障害 舌を押さえて手術をするので、舌が強く押されることで一時的に味覚障害になることもある。 ・再出血の可能性 可能性は高くないけど、術後に再出血の可能性もある。 そしたらもう一度、手術が必要。 まぁまぁネットの情報で知っている通りだったので、特にリスクについてはたいした問題はなさそうだなーと思いました。 事前検査はこんな感じで、費用は5000円ほどでした。 普通に1時間くらい遅刻しましたが何にも問題なかったみたい。 ちょっと書類書いて、病室に入ります。 当たり前ですが、この時点ではピンピンしている状態。 暇なので病院内を歩き回ったり、売店に行ったり、デイルームと呼ばれるくつろぎコーナーでPC作業をしていました。 手術準備とか色々あるのかと思ったけど、特に何もなかった。 笑 昼飯 夜飯 病院食、もっとまずいと思ってたけど、普通にそれなりに美味い。 量はちょっと物足りないけど。 この日、ご飯は21時までOKだったので、おやつにチョコとせんべいを食べる。 せんべいも術後1ヶ月は食べられなそうなので今のうちに食しておきます。 笑 入院2日目 手術当日 とうとう手術当日。 朝7時までは水とお茶飲めるとのことだったので、7時に飲んでおく。 手術着に着替え、点滴をしてもらって、9時15分から手術開始。 ここで一つ注意なのですが、手術前には絶対にトイレに行っときましょう! 手術後3時間はベットから動いたらNGになるので、トイレをするにも尿瓶になります。 この時点では元気なので手術室には自分で歩いていきます。 手術室はこんなイメージ 自分で仰向けに寝転ぶと、先生と担当看護師の方に一人一人挨拶されます。 「〇〇です。 今日はよろしくお願いします。 」 5人くらいに囲まれている上、メガネも取っているので目の悪い自分は何も見えず、このときが緊張のピークだったかも。 もろドラマで見るような手術風景だなーと思いながらも、 実際に手術台に寝っ転がった視点からの風景は超怖かったですw 酸素マスクみたいのをされて深呼吸。 その後、全身麻酔が回ってきます。 とりあえず無事終わって良かったー。 ただ、どちらかというとキツイのはこの後。 「3時間は動かずにベットに横になっていてください」と言われる。 これが意外とつらい。 まず枕もNGだし、酸素マスクもついてるし、なんか体制がしっくりこない。 寝返りをうちまくったり、自分の腕を枕にしたり、なんとかして時間を潰しました。 最後の30分ぐらいが長かったー。 トイレも行きたかったですが、尿瓶は嫌だったので我慢しました。 ベット上の放尿に抵抗がある方は必ず手術前におしっこ行っときましょう! ようやく3時間が経ち、ゆっくり起き上がる。 全身麻酔の影響なのか頭がちょっとポーとしている状態。 立ってトイレまで歩いたりしたら徐々に良くなりました。 肝心の喉の痛みはというと、 「あれそんなに痛くない。 」 手術中にも痛み止めを使われていたらしく、正直思っていたよりも全然痛くありませんでした。 もちろん違和感や多少の痛みはありますが、扁桃腺炎の通常クラスの痛み。 「これなら余裕だー」 先生の腕が良かったのか、個人差なのかわかりませんが、拍子抜けするレベルで痛くなかったです。 手術レポのリサーチをしすぎて、痛い痛い書かれていたのを見すぎていたので、その覚悟を決めていたのがまた良かったのかも。 この日は1日ご飯なし。 風呂もNG。 昼間に寝すぎていたため、夜全く眠れず。 本を読んだり、ゲームしたりして時間をつぶしました。 夜の方がちょっと喉の痛みが強くなった感じでした。 喉をみると、もううっすら白いカサブタが付いている感じです。 ロキソニン早く欲しい! と思いながらもナースコールするレベルの痛みじゃないなーと感じ、そのまま耐えましたw 1日食べてませんが、特にお腹も減らず、眠くもなく、性欲もなく。 扁桃腺を取ると3大欲求全てを失ってしまうのか? そんなバカなことを考えながら朝を迎えました。 入院3日目 手術後翌日 ほとんど寝なかったからか、他の方がよく体験談に書いていた「朝の喉の痛み」は特に感じませんでした。 この日からロキソニン支給。 ありがてぇー! 朝昼夜各1回、合計毎日3回まで飲むことができます。 ご飯のときが痛むのでご飯の30分前ぐらいに飲むといいということで、毎日そのように飲んでました。 喉の痛みは1日目の夜から変わらない感じ。 唾を飲み込むとき、水を飲むときがやっぱり痛いですね。 濡れた温タオルをもらって体をふくことができました。 体はすっきりするも、やっぱり頭洗いたい・・・ 点滴を朝と夕の2回しました。 朝は完全流動食。 朝食 重湯(おもゆ)というものを生まれて初めて食べました。 もっとまずいかと思ったのですが、僕は全然美味しく食べれました。 丸1日日以上食べてないので薄い塩味も感じることができたのかもw とりあえず味覚障害は出てなさそうで一安心。 昼飯 3分粥 夜飯 3分粥 昼も夜も3分粥だったので、おかずもお粥もストレスなく食べれました。 ロキソニン飲んでれば食べるときにもそんなに痛くなく、余裕で毎回完食。 このきめ細やかさ凄い。 この日も風呂NG。 なめてたけど、丸2日間以上入らないと流石に髪がベタベタになってきます。 特に暑かった日だったこともあり汗も結構かいていたので、喉の痛みよりも「早く風呂入りてー」と風呂のことばっか考えてました。 この日見舞いにも来てもらいましたが、喋るのはやっぱり喋りづらいし喉に負担がかかっている感じはあったので、ぼそぼそっとちょっとだけしゃべるぐらいにしてました。 入院4日目 手術後翌々日 前日夜は6時間ぐらい寝ました。 喉の痛みは手術日の夜ぐらいからずっと変わっていない感じ。 この日から内服薬が増えます。 点滴でやっていたものを内服に変える感じみたい。 朝食 3分粥 この日の朝で点滴が終わり、ようやく風呂に入れることに!! 手術日の朝からずっとついていた点滴針くんともようやくお別れ! 3日ぶりのシャワーは最高でした。 この病院は30分好きなときに予約できる方式なのでこれから毎日入れます。 ようやく人間らしい生活に戻ってきました。 このときのワンタンの肉が美味すぎて感動。 日常だったら普通の味だと思いますが。 笑 久々にしっかり味をある肉の美味しさを噛みしめました。 多少痛くてももう3分粥には戻れないw 夕食 5分粥 暇な時間はYoutubeみたり、漫画を見たり、本を読んだり、ゲームをしたり・・・ とりあえず基本ダラダラしていました。 正直喉が痛いだけで、あとは結構元気なので暇つぶし道具はもっていくべきですね! 気分がのっている空き時間はこのブログとかも書いていました。 取引先から電話がいくつか来てましたが、声出すのに負担がある感じはあるので、電話で会話をする気になれずw 来週になったら本気で仕事しよーって感じのテンションです。 この日は11時〜12時ぐらいに寝ました。 喉の様子はあんまり変化ないかも。 カサブタの白い部分が濃くなっている感じはしました。 入院5日目 手術後3日経過 朝起きると今までで一番喉の痛みを感じました。 それでも激痛ってほどではないです。 濡れマスクはしているんですけど結構病室が乾燥してるのかも。 すぐにロキソニン飲んで対処。 30分くらいでよくなる。 朝食 5分粥 オムレツうまい。 左上の鶏肉と大根とニンジンの煮物に苦戦。 口をスムーズに動かせないのと飲み込みがやっぱりちょっと痛いので、やっぱり形あるものは食べるの大変。 いつもの2倍くらいの時間をかけて完食。 夕食 7分粥 初めての形ある魚。 金目鯛の煮付け美味しかったです! 今のところワンタンに次いでナンバー2 ただここでプチ事件が。 「あれっお粥の蓋開かない!」 実は今まで何度も「お粥の蓋開けずらい問題」は感じていたのですが、2〜3分の格闘で開けることができていました。 今回は5分ほど格闘しても無理でした。 なんとここで初のナースコール発動。 「ご飯の蓋が開かないんですけど」のナースコールは結構恥ずかしいw 駆けつけて来てくれた看護師さんがやると、なんとパッと開きました! どうやらこういう感じで指で両端から圧を加えて、丸蓋を歪めてから取ると取りやすいようです。 このメソッド知らなかった。 有料級ですが「お粥の蓋開かない問題」は地味に焦るやつなので特別にシェアさせていただきます。 笑 もうこのときには流石に病院生活にも飽きてきて、早く外の世界に出たい! という感じになってました。 入院6日目 手術後4日経過 寝起きがやっぱりそこそこ痛い。 検診で このまま問題なさそうなら明後日退院ですねー! と言われる。 喉の中は扁桃腺切った部分のカサブタがより白くはっきりしてる感じがしましたが、そんなに変化なし。 朝食 昼食 はじめてお粥以外のメニューが! そばをすすって食べるのは無理だったので、噛み切りながら食べました。 時間ちょっとかかりながらも問題なく食べれました。 夕食 毎回全部完食してるからなのか「お粥じゃなくて普通のご飯にしますかー?」と言われましたが、おかずでそれなりに痛いので、ご飯は痛そう。 お粥そのままにしてもらいました。 この日にお見舞いで鮭フレークを持ってきてもらったので、毎回のお粥にプラス。 お粥毎回だとさすがに飽きてくるのでこういうご飯に乗せて食べる系のものはオススメです! 入院7日目 手術後5日経過 朝1はやっぱりそれなりに痛い。 でも痛み止め飲んでちょっと痛い感じなので、痛み止めなしでは無理かも。 「食事」と「声を出す」という行為をすると、喉にダメージ受けている感じがします。 朝食 ご飯にのってるのは「たいみそ」ってやつです。 何回かでてきたので鉄板なのかもしれませんw 味は名前のまんまの味。 まぁまぁ美味しいです。 とうとう今日で退院! 1ヶ月ぐらいは堅いものや喉に張り付きやすいものなどに注意とのことでした。 10時ぐらいには書類をもらったり、部屋の片付けをしてサヨナラしました。 1週間お世話になりました! 医師と看護師の方々、お世話になった人たちに感謝しかないです。 働いているのを見ているだけでも、めちゃくちゃ大変な仕事だと思うし、本当に凄い。 サービスを受ける側になって改めてその社会的意義の高さを感じました。 普段病気にならないとなかなか実感わかない部分ですよね。 退院日の昼飯はそば、夜飯はすき焼き定食を食べました。 そばは普通に食べれたけど、すき焼き定食はご飯の硬さ、牛肉の硬さに苦戦。 食べるのに20〜30分かかるし、結構に痛いし、めっちゃ喉が疲れる。 普通食を普通に食べれるまではもうちょっとかかりそうですw 退院後の回復は? 退院後もそれなりに喉が痛く声が非常に出しづらい状態が続いたので、回復していく道筋を追記していきます。 退院後1日目〜3日目(手術後7日〜9日経過) 朝起きの喉は普通に痛い。 鏡で喉を見たら、白いかさぶたが取れてきてる!! 他の人のブログを見る限り、このカタブタが取れてる段階は結構痛いけど、カタブタが取れてしまえば結構楽になるみたい。 治ってきているのが目に見えてわかるとテンション上がります。 普通食はそれなりに痛いものばかりなので、「朝昼はウィダーインゼリーなど余裕で食べれる流動食」「夜だけちょっと頑張って普通食」みたいな食のルーティーンで行ってみます。 退院後4日目〜6日目(手術後10日〜12日経過) まだまだ喉は痛いし、喋りずらいです。 今かさぶたが取れてきている段階なのでもう少しの辛抱かも。 本当はロキソニンは1日3回までなんですが、病院離れていることをいいことに1日4回飲んじゃってました。 まだおかゆ中心の生活。 退院後7日目〜9日目 手術後13日〜15日経過 この数日で一気に痛みがなくなってきました。 とはいえ、まだちょっと気になるので痛み止めは一応飲み続けてました。 喉の違和感は若干あるものの、もうほとんどのものを食べられるようになったし、声も大声以外は普通に出せるようになりました。 twitterやブログで見る感じ他の方も、たいだい2週間ぐらいすると良くなる。 という方も多かったですが、僕もそんな感じでした。 手術部分のかさぶたもほとんど取れています。 この間に術後検診があって先生にも診てもらいましたが、 「綺麗なので順調で、いいですね!」 という感じ。 痛み止めだけ一応1週間分もらって終わりました。 入院時に持って行った方がいいもの ・暇つぶし道具or仕事用具 ずっとスマホいじっているだけでも 1週間は流石に飽きると思うので、何か暇づぶし道具を持って行った方が良いと思います。 それなりに喉は痛いので、仕事をガッツリするテンションになりづらいけど、意識はしっかりしていてそこそこ元気。 って感じなので、 本、アマゾンKindle、携帯用ゲーム、ノートPCなど持って行って、自分がやりたかったけどなかなかできなかったことをまとめてやるチャンスかなと思います。 個人的にはガッツリ喋ること以外は比較的なんでもできると思います。 ・濡れマスク 病院内が結構乾燥しているので、マスクは必須です。 手術後、なるべく早く回復させるためにも喉になるべく良い環境にしてあげたほうがいいので、ちょっと高いですが濡れマスク推奨です。 ・ドライシャンプー 僕は他の方が書いていた扁桃腺手術体験記のブログで「ドライシャンプーはあった方がいい!」というのをみていたんですが、「そこまではいらないっしょ!」と思ってしまい持って行かなかったです。 とはいえ実際何日も入らないとやっぱり髪がベタベタになるのであった方がいいと思います。 ただ僕もドライシャンプーって使ったことないので使用感はわかりませんw あとは基本的な入院に必要なもの(着替え・タオル・歯ブラシ・靴・パジャマ)ぐらいですね。 病院ごとにレンタルなどもあると思うので適宜使うと良いと思います。 以下、退院後の追記です。 手術後扁桃炎はなくなったのか? 3ヶ月後の経過 いまだに大声を出したり、歌ったりなどは喉が若干開きづらい感じがあるような気がしますが、普通に喋ったりモノを食べたりする分には何も影響ないレベルです。 笑 肝心の扁桃炎ですが、全くならなくなりました。 6ヶ月後の経過 半年すればもう何も違和感を感じることもないです。 また扁桃炎どころか、風邪も一回も引かなくなりました。 風邪気味っぽいな?と前兆を感じたことがあったことは2度ほどあったのですが、1日寝たら翌朝には全快。 扁桃腺炎だけでなく、明らかに風邪をひきづらくなったと感じています。 また風邪も今のところ引いていないので、免疫自体がUPしたのかな?と思います。 ちょっと心配していた味覚障害などの影響も一切ありませんでした。 ただ比較的簡単な手術といえど、全身麻酔で手術をするものだしリスクはゼロではありません。 また、扁桃炎の一部が残ってしまっていて再発。 なかには摘出してもそういう方もまれにいるそうです。 色々な体験談を見て、医師を意見を聞いた上で、ご自身の希望でやるやらないをぜひ決めてくださいね! 僕自身も入院前は物凄くネットの体験談にお世話になりました。 その恩返し的な意味でも、僕の体験が手術を受けられる人の何かしらの参考になれば幸いです! 最後までご覧いただき、ありがとうございました。 -------------------------------------------------- 会社に依存しない人生を歩むために。 嫌な上司の言うことを聞かなければいけないし、嫌な仕事も行かなきゃいけない。 それが当たり前だと思っていました。 ただ、今は 個人が輝ける時代です。 副業・独立問わず、個人が稼ぐための手段が多くなって、ビジネスへのハードルが随分下がりました。 ただ正直、稼ぐ手段には簡単なものから難しいもの、難易度の差はあります。 僕がたまたま最初に出会った手法は、はっきり言ってやれば誰でも稼げる内容のものです。 全くの未経験から 初月で月収29万円、翌月には月収60万円以上を稼ぐことができましたし、その手法で4年間、安定的に稼ぎ続けることができています。 それまで自分が重視していた会社の給料、福利厚生、安定といった価値観から解放され、自由に生きたいと心から思うように。 そんな中、カメラ転売ビジネスに出会う。 一念発起し会社を退職。 ビジネス未経験からカメラ転売をはじめる。 開始初月 2015年11月 月収29万円達成 2ヶ月目 2015年12月 月収60万円達成 6ヶ月目 2016年4月 月収100万円達成 2016年12月 月収150万円達成 2017年・2018年度は 年商1億円を突破。 現在は国内物販、輸出、代理店事業など物販事業を幅広く手がける。

次の

【扁桃摘出手術体験談】大人になってから手術した主人の場合

扁桃腺 手術 費用 保険

あなたは、子供が咽頭扁桃(いんとうへんとう、アデノイドとも呼ばれます)と口蓋扁桃(こうがいへんとう)の扁桃腺手術をする場合、保険適応できるのかどうか悩んでいることでしょう。 特に子供の手術なので、金額だけではなく麻酔や食事に関しても不安を感じていらっしゃると思います。 他にも勉強があるので、術後から退院までどれくらいの日数がかかるのかもざっと知りたいことでしょう。 実は、子供の扁桃腺手術の場合、特に 手術給付金がおりる保険とおりない保険がありますので、注意が必要です。 しかし、子供の回復力は高いので、それほど時間はかかりません。 そこで、この記事では、• 子供の扁桃腺手術の費用や保険について• 子供の扁桃腺手術について• 子供の扁桃腺手術の手術給付金について 以上のことを中心に解説していきます。 この記事を読んでいただければ、子供の扁桃腺手術をする場合に役立つかと思います。 是非最後までご覧ください。 また、子供の医療費に対して『 乳幼児医療費助成』を施行している地方自治体もあり、自己負担がより緩和されている場合もあるので、自治体に問い合わせてみましょう。 扁桃腺手術後は、感染症を防ぐため抗生物質などの点滴を1~2日行いながら、止血薬が入ったうがい薬での口内洗浄が治療として行われます。 また、扁桃腺手術日翌日から3分粥などの柔らかい食事を取り始め、3~4日を目安に普通の食事に戻していきます。 ただし、扁桃腺手術後は食事をとる際などの痛みはどうしてもあります。 痛み止めなどで完全に痛みを取り除くことはできないため、子供さんには我慢をしてもらい徐々に食事をとっていかなければなりません。 その後、普通の食事ができるようになると 4~7日程度で退院が可能です。 子供の場合、治癒力が高いため、大人の扁桃腺手術より早く退院する場合がほとんどです。 退院後も傷跡は徐々にほっぺの細胞へと治癒していくため、刺激がある(辛い、酸っぱい)味付けや、揚げ物などの表面がカリカリしているもの、ポッキーなどの 先端がとがっているもの等はしばらく避けることが必要です。 医療保険によっては手術給付金対象の手術が『 88種目』と限定されているものがあります。 これは、公的医療保険保障が対象となる手術約1000種程度の中で、一般的に手術適用が多い88種目を抽出して手術給付金の対象としている医療保険です。 6~7年前に加入した医療保険に多く、保険会社によっては現在も医療保険の対象は88種目としているところもあります。 そのため、医療保険が少し古いものに入っている場合や、88種目を対象としている保険会社の保険に加入している人は、扁桃腺手術の手術給付金は給付されませんので手術前に見直しをすることをお勧めします。 子供の扁桃腺手術をする場合について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 今回のこの記事のポイントは、• 子供の扁桃腺手術の費用は 高額療養費の払い戻し制度で一部返金される• 子供の扁桃腺手術はよく行われ、術後4~7日で退院できる• 子供の扁桃腺手術は、 手術給付金の対象になっていない保険もある です。 子供の扁桃腺手術費用は10~16万円程度ですが、一般的な世帯の場合、 高額療養費の払い戻し制度で90,000円ほど返ってきます。 しかし、 食費やベッド代、付き添い費用や交通費は出ませんので、注意が必要です。 また、子供の場合退院は比較的早く、術後4~7日で退院できますが、 全身麻酔のリスクも知っておくべきでしょう。 そして、入院給付金は全ての保険で適用されますが、手術給付金に関しては、 扁桃腺手術が対象外となっている保険もあります。 この機会に保険を見直しておきましょう。 ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

次の

扁桃腺除去手術で保険金がでる保険会社ってありますか?

扁桃腺 手術 費用 保険

腺を腫らして発熱するタイプの風邪をひく人はかなりの数がいる。 喉から風邪をひくというやつだ。 そういうオレもそのタイプの一人で、季節の変わり目に仕事が立て込んだり、飲み会が多かったりすると腺を腫らして風邪を引いてしまう。 そんなオレが去年の12月に腺、正確には口蓋を切除するため入院をした記録を忘れないうちに残しておくことにした。 人生初入院だったので色々興味深かった。 【追記】手術して半年経過したので、その後の結果を後半に記載している。 腺を腫らして風邪をひくパターン 寒暖差の激しい季節の変わり目に腺を腫らして風邪を引きやすく毎年4回前後必ず風邪を引いてしまう。 普段は手洗いうがいや、体調に気をつけているのにちょっと仕事が忙しかったりちょっとした油断をすると喉に違和感が出る。 喉に違和感が出たらもう手遅れで、いまさらのど飴を舐めても、うがいをしてももうダメだ。 次の日から熱が出る38度に届かないくらい熱が出て、1〜2日仕事を休むハメになる。 子供の頃はもっと高熱が出たりしていた。 大人になって高熱が出るということはなくなっていた。 そう去年の7月までは。 手術の動機 腺を腫らすたびに手術しようかな、どうしようかなとWebで調べていた。 先に書いたように大人になってからはそんなにな症状にならなかったので、いまじゃなくていいかと先延ばしにしてしまっていた。 そんな2017年の7月、10年以上ぶりにガッツリ腺を腫らして、3日間連続で入りの点滴を打たねばなら無いほど体調を崩してしまった。 毎度毎度腺を腫らすたびに手術しようと心に誓うが、症状が改善して数週間も過ぎるとすっかりその誓いを忘れてしまう。 この病院に通っているうちに手術の話を勧めてしまわないと、また先延ばししてしまうだろう予測できた。 なので、病院の先生に症状が回復する前に医師へ口蓋を切除する手術をしたい旨を伝えた。 それに現在会社員ではなく、のソフトウェアエンジニアなので有給休暇など無く。 休むと露骨に収入が減る。 3、4日休むとガツンと減る。 休むときは遊ぶときや旅行するときなど、自分が休むと決めたときだけ休みたい。 体調不良という理由で休みなんて出来るだけしたくないのだ 手術の予約から実施まで 腺を除去する手術は1時間ぐらいので簡単なものなのだが、手術はで行い入院日数はオレが入院した病院は9日間必要だった。 7月病院に行き、12月に入院日すると決めた。 入院する日は病院との調整が必要で、この日とこちら側からダイレクトに指定することはできない。 もっと早くできたけれども仕事の調整がし易いように期間をあけるようにした。 11月入って入院前に喉の様子や、麻酔の検査、肺活量の検査などをした。 12月1日に高額療養費制度の手続きを役所で行った。 結局入院費諸々この上限を超えなかったので結果的に意味はなかった。 術前から退院までの生活 入院中は食事をインスタグラムにアップして記録してきたので、食事の写真とともに振り返る 初日普通のご飯 この日は余裕。 昼ごはんは普通の病院食で、夜はのみ。 2日目 朝はのみ。 術後は点滴のみ。 手術は昼頃開始、テレビで見た通りに台車の付いた担架のようなストレッチャーで運ばれて、これまたテレビドラマで見たような手術室に入った。 については、麻酔を打たれて効き具合を確認する会話をしていたなと思ったら、手術が終了していた。 術後に、執刀した医者に切除した腺を見せられて破棄するか聞かれたような気がするが、麻酔で朦朧としていたのでの出来事のようだった。 気がついたら病室に居て酸素マスクをつけられたり処置がされていた。 まだぼんやりしていてた。 術後すぐは酸素マスク、点滴がつけられていた。 それに両ふくらはぎに空気圧で定期的に圧迫する謎の装置がつけられていた。 各装備は少しずつ外されていくことになる。 酸素マスクは術後1時間ほどで外された。 ふくらはぎにつけられた謎の装置はエコノミー症候群を防ぐための装置と説明された気がする。 それにしてもものすごく邪魔くさかった。 夜中になってやっと外された。 術後すぐの点滴はとりはずされ、日中のうちに点滴を打ちやすいように点滴用の針を腕に固定されチューブが取外し可能なアダプタのようなものが取り付けられた。 尿瓶が渡されて、これにおしっこをしなさいとナースに言われていた。 夜中になり何度もナースに「おしっこは出ましたか」と聞かれるが、全然出でない。 何度目かの「おしっこは出ましたか」の後に尿瓶で出なかったらを挿入されると言われる。 尿瓶でおしっこをしないと、自分でトイレに行ってはいけないのだ。 ぜんぜんおしっこが出る気配はないが、挿入されるのは勘弁願いたい。 尿瓶のやり方もよくわかんなかったので、ベッドの上で正座した状態から尿瓶に挿入しておしっこを無理やりした。 一度出てしまえばジャンジャン出た。 後にググったらオレが下やり方でも正しいらしい。 寝ている状態でする方法もあるようだが体が動くなら上述のほうがやりやすかろう。 手術当日は朝方まで全然寝られなかった。 熱が出て唾を飲み込むのがものすごく辛い。 ちょうど腺が腫れて熱を出して一番辛い時に似ている。 逆にいえばそれ以上辛くはないので、腺を腫らすタイプの人には想像できる辛さだろう。 風邪を引いていない状態から一転して喉が腫れて熱が出た状態になり、おまけにベッドから出られなく不自由で、手術したことを後悔したが後の祭りである。 もう後は順調に回復するのを待つしか無いのだ。 3日目4日目 3日から食事が支給される、という普通のお粥よりゆるいが出てきた。 以外のおかずは普通の食事と一緒で特別柔らかいとわけでもないため、3日目は以外のおかず殆ど食べられなかった。 ぐらいしか食うものがないので「」を買ってきてもらって耐えしのいでいた。 このとき熱は37〜38度台、まだ喉がかなり腫れていてつばを飲み込むのも辛い状態だった。 術後から3日目までは活字も全然頭に入ってこないので、のセールでをセットで買って読んでいた。 オレが北海道出身なのもあるし、去年函館にある北方民族資料館をみたりのことを知っていたのもありかなり面白かった。 よく入院している人が点滴をぶら下がっているキャスター付きの支柱を引き回してトイレに行っていてた。 4日目あたりはだいぶ調子が良くなったと思っていた。 けれどもトイレで自分の姿を鏡で見るとまだ顔色が悪くて唇が紫色だった。 5日目6日目 食事のお粥が普通のお粥 全粥 になった。 腕に固定されていた点滴が外れて、錠剤の薬を飲む様になる。 これでだいぶ自由度が上がった。 まだ微熱が有って、活字は読めるが、ちょっとしたプログラム以外はほとんど書けなかった。 このときの電源を抜くと盗難防止用のプログラムが発動する様にしてみたりした。 7日目8日目 食事が白米になった。 まだお粥じゃないと飲み込むとき辛かった。 生活が長かったのでご飯がすごく硬く感じた。 7日目にしてやっとシャワーが使えるように許可が降りた。 ほぼ平熱か37度程度に落ち着いてきて、顔色もだいぶ良くなった。 少しプログラムが書けるようになった。 オレより後に入院してきた同室のおっさんが慣れてきたのがカジュアルにでかい屁をするようになってきた。 7日目辺りでもう退院してもいいんじゃねぇのと思っていた。 おっさんの屁もデカイことだし。 9日目 退院。 朝ごはんだけ食べて退院の手続き。 退院後の生活について指示を受けた。 次の診察までは唐揚げ、揚げ物など固くて喉の傷を痛めるもの禁止。 また水分が必要で喉に張り付く食パンなども禁止。 辛いものと酒も禁止。 基本的にベッドにずっと寝ているので、持病の腰痛が悪化してしまった。 病院のベッドの上で整体を予約して退院後すぐに整体に行った。 現在もに通いつめている。 退院から数日 退院直前になると元気いっぱいだと思っていたが外を歩くとまだ調子が悪く、退院後2日ほど仕事を休んだ。 なので合計11日間休んで9営業日仕事を休んでいることになる。 なかなかの痛手だ。 有給休暇のある正社員様を羨ましく思った。 退院から10日後 退院後の検査を受けた。 検査の結果は良好で、禁止されていた食べ物と酒が解禁された。 解禁されたのですぐにアホほど辛いでおなじみの中本でを食べてきた。 頭の悪い食べ物だなぁと思いがらも食べてしまう不思議なラーメン。 1日のタイムスケジュール• 朝6時起床の放送• 7時頃検温• 8時頃朝食• 午前中 体を拭く温かいタオルの支給、またはシャワーの許可が降りたらシャワー• 午前中の検診• 12時頃昼食• 13時頃検温• 18時頃夕食• 19時頃検温• 21時就寝 基本的に自室のベッドに居なければならないので暇。 かと言って元気いっぱいというワケでもないのでなかなか辛い。 眠れないときはをもらっていた。 これはもらえることがわかってからほぼ毎日受け取っていた。 6人部屋の病室でずっとベッドに居る場合は全然寝られなかった。 旅行の際は2段ベッドの安宿なんかで平気で寝られるから平気かと思ったけど、 それは旅行で歩き回って疲れているから寝られているのであって、一日中ベッドに居る状況では全然寝られなかった。 今回の費用• 事前の検査最初と、入院直前の検査2回: それぞれ5000円ぐらい• 入院時の費用: 8万円代後半 合わせて10万円に届かない程度だった。 これで腺から熱を出して風邪を引かないと思えば安い投資だ。 もっと早く受けていればよかった。 入院後の状態• せっかく習慣化していた筋トレと英語の多読が止まってしまった。 やっと年末に再開している• 食べないと痩せる。 筋トレしても痩せないけど入院したら痩せた• 退院して酒を飲んだら痩せた分が戻った• 腺を取った話をすると、子供の頃に取ったという人にけっこう会った 入院していると周りは病人ばっかりなのを見ると健康はとても大事で優先度高。 どんな急ぎの仕事よりも最優先。 太っている人は気をつけたほうが良いよほんとに、入院するの辛いよ。 不摂生がたたって入院している人は本当にダメ人間感があった。 腺を取って良かったかどうか 術後1ヶ月経った今のところ腺が腫れて熱を出すということは起こっていない。 季節の変わり目に忙しかったり飲み会が続いたりして、いつも風邪を引くような状況にしても風邪を引かなければ腺を取った価値があったことを証明できるのだろうか。 あえて自分を不健康な方向に持っていって風邪を引かないかどうか試してみるのは嫌だし、これで風邪を引いてしまったらこの入院生活は一体何だったのだとなってしまう。 ひとまず季節の変わり目に風邪を引かないように心配しながら生活しなくて良くなったのは大変嬉しい。 冬から春、春から夏にかけてどうなるか経過観察していきたい。 季節の変わり目に風邪をひいて調子を悪くして全快になるまで3日間として、年間12日体調が悪い状態になっていたものが、これからは年間0日になる はず ので費用対効果は高い。 【追記】術後半年たってどうだったか みんなも気になるその後腺を腫らして風邪を引いたかどうかだろう。 冬から春、春から夏にかけての季節の変わり目は腺を腫らせてしまっていたが今回は乗り切った。 これと言って喉に気をつけるなどしなくても腺を腫らすことがなかった。 それでも一回風を引いた それでもやっぱり喉から風邪を引くことはあった。 1度だけ喉から風邪を引いてしまった。 しかしいつも痛くなる腺ではなくてもう少し奥のほうが痛くなり、「ああ、これが一般的に言う喉から風邪をひくというので痛くなるところなのだな」という感想を持った。 腺が腫れて辛いということがなくなっただけで普通の風邪は引く。 一般人の風邪の引きやすさのレベルになっただけなんだけど、普通の人はこんなにも風邪を引かないのか感動すら覚える。 感覚的にはかなりの健康体になった感じがする。 入院生活で持って来といてよかったものリスト ヘッドホン 相部屋で入院する場合は、人の音が気になる。 普段気にしない人でもずっといるとうんざりしてくるよ。 個室だとしても病院の廊下は色んな人が通るので結構うるさい。 そこでヘッドホンの登場だ オレが使っていたのはこののQC35。 細かい設定がなくて楽で良い。 ワイヤレスだから寝ながらでも使えるし、最近のワイヤレスは音質も全然良い これの最新バージョンはこちら.

次の