ホルモン 感受性 リパーゼ。 リパーゼ|健康食品・サプリメントの泉

Hormone

ホルモン 感受性 リパーゼ

成長ホルモンとは? 気力、体力、容姿を回復させることを目的に診療現場で盛んに用いられるようになったのが、 成長ホルモンです。 1990年代後半に、遺伝子工学の技術を用いて成長ホルモンを人工合成できるようになり、一気に普及したのです。 成長ホルモンが開発された初期から診療現場で 容姿、体力、意欲の回復、低身長治療、疲労回復、うつ状態治療、肌のハリの回復などの目的で処方してきた医師が、成長ホルモンの効果と効用をまとめてくれました。 容姿の回復・・・肌のハリの回復、髪と爪の回復• 体力の向上、疲労回復力の向上、筋力の向上・・・筋肉の持続力、瞬発力が高まる• うつ状態、心理的な落ち込みからの回復• 閉じこもり状態からの回復、外出意欲の向上• 良質睡眠の確保• ダイエット、内臓脂肪を減らす治療• 女性のバストアップ、不妊症治療• 男性の精力の回復• 子供の背を伸ばす治療 成長ホルモンは、もともとは子供の「成長ホルモン分泌不全性低身長症」の治療に用いられていましたが、 成人に投与すると、容姿、体力、意欲の回復効果を得ることができるのです。 成長ホルモンは、脳下垂体から血液中に分泌されるホルモンで、子供のころに背を伸ばす効果を有します。 10歳代に体内分泌量が最大になり、20歳を超えると低下します。 40歳を超えると、10歳代時の5分の1から7分の1にまで減ってしまいます。 成長ホルモンは、睡眠中、あるいは、日中に血液中に分泌され、スパイク状の血中濃度上昇が認められます。 背が伸び盛りの頃は1日に10回以上のスパイク状の分泌がありますが、60歳を超えると、1日に1~3回の血中濃度上昇にしかなりません。 成長ホルモン剤はで投与することもありますが、舌下から吸収されますので、そのことを利用する投与方法もあります。 舌下から瞬時に吸収されて血中濃度のスパイクを作りますので、そのほうが人体の自然現象には近いといえます。 ただし、ボディビルダーのような筋肉を作る場合は、血中に持続高濃度を作る注射による投与が必要です。 異常な大量投与をすると、末端肥大症の心配がありますが、実際の診療現場では、そのような異常大量投与することはありません。 成長ホルモン応用編 20歳代以後、成長ホルモンの体内量が低下することにより、身体に起こる大きな変化が4つあります。 その4つの作用を活かすために、成長ホルモンを利用します。 体力に関して・・・成長ホルモンが低下することにより、20歳代以後、瞬発力、持続力が低下します。 成長ホルモンを投与すると、これらが回復します。 ゴルフでは飛距離が伸びますし、野球では、「低めの球を打ったときの打球の伸びが違う」といいます。 長距離走や水泳のタイムはよくなります。 したがって、成長ホルモンは、ドーピング薬物に指定されています。 意欲、気力に関して・・・繁華街で若者が集まって、ハイになって盛り上がっている姿を見かけます。 年をとるとあのような姿はなくなります。 どのような心に満たされて、盛り上がっているのでしょうか? それは、「何かいいことありそうな予感がして、ウキウキしている」という心なのです。 これが成長ホルモンの脳への作用です。 年とともに成長ホルモンが低下し、その心を失います。 「いいことなんてあるわけない」とネガティブな気持ちが増えてきます。 成長ホルモンを投与すると、ポジティブになって活発に活動したくなりますが、成長ホルモンの脳内作用により、「何かいいことありそうな予感がして、ウキウキする」という状態になるからです。 何か行動を起こしたいという気分になります。 内臓脂肪に関して・・・20歳のころは、太ってもおなかは出てきません。 しかし、30歳、40歳を超えて太るとお腹が出てきます。 なぜでしょうか? これには、腸の周囲にたくさん存在するホルモン感受性リパーゼが関係しています。 「リパーゼ」というのは、「脂肪分解酵素」の意味です。 成長ホルモンやアドレナリンに反応して、脂肪分解作用を発揮するのです。 この酵素の活性が高ければ、内臓脂肪はつきません。 この酵素の活性が低下すると、内臓脂肪がつくのです。 成長ホルモンが低下すると、内臓脂肪がつくのです。 肌のハリに関して・・・加齢に伴い肌のハリが低下します。 皮下組織のヒアルロン酸が減るからです。 ヒアルロン酸を合成する繊維芽細胞は、成長ホルモンにより活性化されます。 つまり、体内の成長ホルモン総量が低下すると肌のハリが低下するのです。 成長ホルモンを投与すると、皮下組織のヒアルロン酸量を増加させることが可能です。 成長ホルモン投与の方法 成長ホルモンを投与する方法には、との二種類があります。 皮下注射は、成長ホルモンが変換されたあとのIGF-1(ソマトメジン)の持続的な高濃度を作り出し、舌下投与は、成長ホルモンそのものの瞬間的なスパイク状の血中高濃度を作り出します。 皮下注射はインスリンと同じで、自分で注射することができます。 一方、舌下投与に関しては、成長ホルモンがアミノ酸191個の大分子のペプチドホルモンですので、舌下からの吸収の可否に関して疑う医師もいますが、初めて投与したときに、投与直後に「クラッとする」という副作用が出現しやすいこと、乳腺が強く張るという副作用が認められる場合があることなどから、吸収されるのは確実で、しかも、舌下投与後5~30秒で血中濃度はさっと高まります。 経験的に、皮下注射と舌下投与では作用がやや異なっているように思われます。 皮下注射は成長ホルモンが変換されたIGF-1による作用が強くみられ、舌下投与は成長ホルモンそのものの作用が強くみられるようです。 研究課題として興味深い分野です。 ホルモンとは、内分泌器官から分泌されて、血液中を巡って、標的器官に作用する微量物質のことです。 成長ホルモン以外に、甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモン、女性ホルモン(エストラジオールなど)、男性ホルモン(テストステロンなど)、アドレナリンなどが、有名です。 成長ホルモンは、脳下垂体から血液中に分泌され、骨端線の細胞群、筋肉細胞、脂肪細胞、線維芽細胞などに作用します。 手の甲を指でつまんでみてください。 昔は張っていたのに、つまんだシワが残りませんか? これは 成長ホルモン(growth hormone)と大きな関係があります。 成長ホルモンは皮下組織の繊維芽細胞に働きかけて、コラーゲンやヒアルロン酸を生合成し、皮下組織に水分を集めて、弾力と膨らみを持たせる役割を持っています。 20歳の女性は肌がピンと張っていますが、25歳がお肌の曲がり角と言われます。 成長ホルモンは13~17歳をピークに急速に低下し、30歳以降は10歳ごとに25%ずつ低下します。 これに伴い、肌に弾力性がなくなりシワが目立ち始めるのです。 このような効果は、成長ホルモンが持つもともとの化学作用が身体に与える効果というものです。 その「もともとの化学作用」を下記に列挙します。 タンパク質の合成 成長ホルモンは筋肉へのアミノ酸の輸送を増加させタンパク質の合成を盛んにし、それらの結果、筋肉が発達• 糖質代謝 血糖値を高め、組織でのエネルギー消費を高める• 脂肪代謝 脂肪細胞中に蓄えられていた中性脂肪を分解し、血液中に遊離脂肪酸を放出させ、その遊離脂肪酸は肝臓内で分解され体脂肪が減少• ミネラル代謝 カルシウム、リン、マグネシウムの代謝に影響し骨形成を促進。 小児においては長骨を伸ばす作用を持つ• プロラクチン様作用 成長ホルモンは、「ラクトゲン受容体」に結合するため、乳腺の発育や乳汁生成にも関係 成長ホルモンに関する概説 成長ホルモンは、脳の下垂体から血液中に分泌されるホルモンで、アミノ酸が191個つながったペプチドホルモンの構造をとっています。 10歳から14歳の頃に血中分泌量のピークを迎え、未成年の子供に対しては、背を伸ばす役割を持っています。 14歳以後は、徐々に血中分泌量は少なくなり、50歳を超えると、ピーク時の5分の1から7分の1の量に減ってしまいますが、高齢になっても体内では重要な役割を担っています。 子供に対しては、成長ホルモンは長幹骨 大腿骨など)の骨端線に働きかけ、軟骨細胞の分裂増殖、分裂した軟骨細胞の肥大化、血流中の胚細胞の骨端線軟骨細胞への分化誘導などの役割を通じて、子供の背を伸ばしていると推測されています。 したがって、子供の成長ホルモンが十分に分泌されなければ、背が十分に伸びず低身長状態が続いてしまいます 成長ホルモン分泌不全性低身長症)。 成人に対しては、筋肉に対する蛋白合成作用、心筋収縮力増強作用、線維芽細胞のコラーゲン・ヒアルロン酸合成能力の向上、腸周囲のホルモン感受性リパーゼを活性化させることによる内臓脂肪の減量作用、脳に対する何らかの作用を有しています。 作用の詳細 背を伸ばす 子供の背が伸びるのには、成長ホルモンが大きく関与しています。 成長ホルモン分泌不全症の子供の場合、身長が十分に伸びません。 成長ホルモンは、骨端線に働きかけて、軟骨細胞の分裂増殖、そして、一つ一つの軟骨細胞の肥大化、骨化において、重要な役割を演じているのです。 なお、低身長の治療に関して詳細に知りたい人は、 をご覧ください。 筋肉や心筋収縮力に対する作用、疲労回復効果 成長ホルモンの筋肉や心筋収縮力に対する作用は強く、長距離走や水泳のタイムが飛躍的に向上します。 また、瞬発力も高まり、野球では低めの球を打ったときの打球が伸びる、ゴルフでは単純に飛距離が伸びる、などを実感することができます。 もちろん、成長ホルモン投与はスポーツ競技においてはドーピングに相当し、禁止されています。 といっても、検査で検出することもできません 自己の成長ホルモンと外来投与の成長ホルモンを区別できない)ので、どれほど普及しているかは不明です。 そして、疲労回復の効果は劇的です。 心臓の収縮力を高めることから、持久力が高まりますが、同時に、強力な疲労回復効果をもたらします。 筋肉系の疲れに対してはダイレクトな効果を発揮し、脳疲労に対しても、下記の「脳に対する効果」で示すように、意欲、気力の高まりと同時に、「脳の疲れが吹っ飛んでしまう」という効果をもたらします。 肌との関係 生まれたての赤ちゃんの皮下組織の水分含有率は88%です。 20歳でも68%あります。 この頃の肌には弾力があり、ハリがあります。 以後、皮下組織の水分含有率は年々低下し、60歳を超えると60%以下になります。 皮下組織に水分をため込んで弾力を作るのは、皮下組織のヒアルロン酸です。 だから、美容外科では、肌のハリを回復させるために、ヒアルロン酸注入を行うことがあります。 ところで、このヒアルロン酸は、皮下組織にある繊維芽細胞によって合成されています。 線維芽細胞は全身の皮下組織に多く存在し、コラーゲン、ヒアルロン酸を合成します。 彼に伴いこの合成能力が衰えるので、肌のハリが失われていくのです。 成長ホルモンはその線維芽細胞を活性化させ、皮下のヒアルロン酸量を増やしますので、皮下の水分保持量が高まります。 その結果、肌のハリが高まる、という効果を出します。 結局、成長ホルモンを使用すると、全身の繊維芽細胞が活性化して、皮下組織のボリュームが高まり、肌に弾力とハリをもたらすのです。 不妊治療 不妊治療に取り組んだけれどダメで、もう妊娠をあきらめていた、という女性でも、成長ホルモンを利用することによって自然妊娠することがあります。 不妊治療中は、成長ホルモン投与で卵子のグレードが上がることが確認されていますので、治療中でなくても、良質の卵子が排卵されるのは間違いありません。 基本的な体力向上、容姿、意欲の回復効果も大きいようです。 また、男性の精子量を増やすことができますので、男性不妊の場合にも利用価値が大きいと思います。 成長ホルモンを利用すると性行為回数が増えますのでそれも関与しているのかもしれません。 バストアップ 成長ホルモンは、乳腺のラクトゲン受容体に作用して、バストアップの効果を有します。 一定の条件を満たしている女性に対して、この効果は強く現れます。 アップしたバストは成長ホルモンの投与を中止しても小さくならないので、チャレンジする価値は十分にあります。 この効果は、ラクトゲン受容体の発現と関係していますので、10歳代、20歳代、30歳代で効果の出方が異なります。 バストのハリ 30歳代後半から50歳代前半の女性が利用すると、バストのハリが回復すると同時に、ウエストのくびれが目立ってきます。 肌のハリも高まりますので、急に容姿が回復したようにみられます。 この目的で成長ホルモンを利用している人は年々増えていますので、身近な人で急に容姿が回復したように見える人は、こっそりと成長ホルモンを使っていると思って差し支えありません。 内臓脂肪との関係(加齢に伴う体型の変化とダイエットとの関係で注目!!) 若い頃は太っても、お腹は出てきません。 しかし、30歳を超えるとちょっと太ったときにお腹が出てきます。 お腹の中の腸の周囲には、脂肪を分解するホルモン感受性リパーゼという酵素がたくさんあります。 若い時は、この酵素の活性が高く、腸の周囲に脂肪がつかないように見張られているのです。 だから、若い時は多少太ってもお腹は出てきません。 しかし、このホルモン感受性リパーゼの活性は、加齢に伴い低下します。 それに伴い、ちょっと食べすぎるとお腹が出てくるのです。 ところで、もともと、このホルモン感受性リパーゼは、成長ホルモンにより活性化されます。 つまり、加齢に伴い体内の成長ホルモンが減ってしまうので、ホルモン感受性リパーゼの活性が低下し、内臓脂肪がついて、お腹が出てきてしまうのです。 だから、逆に、成長ホルモンを投与しながらダイエットに取り組むと、内臓脂肪が優先的に落ちていきますので、ウェストのくびれが目立ち、メリハリのある体型になります。 成長ホルモンの作用で、女はバストのハリが回復し、男は筋肉が発達しますので、体型は際立つ美しさになります。 脳に対しての作用、うつ病・うつ状態の治療効果 成長ホルモンは脳に対しても作用を有しています。 まだ研究未開拓の分野ですが、高齢者や中年者に投与すると、意欲が高まり、外出意欲も高まり、やる気が出てくる、朝から元気になる、と実感しますので、脳に対する作用が存在することは容易に推測されます。 繁華街などで若者達が集まって、盛り上がっているシーンをよく見かけますが、あれは脳内に「何かいいことがありそうな予感がしてウキウキする」という気持ちを持っているからです。 加齢に伴い、その気持ちがなくなり、「落ち着いた」といわれますが、あの「何かいいことがありそうな予感がしてウキウキする」というのが、まさに成長ホルモンの脳内作用と推定されます。 今後の研究成果を待ちたいと思います。 成長ホルモンが、この分野で威力を発揮するのは、うつ状態の回復です。 そして、うつ病の薬物治療からの離脱です。 「朝から元気が出ない。 やる気がしない」という場合は、ほぼ確実に回復します。 回復するまで、2~3週間です。 回復したら、意欲あふれる生活に戻っています。 疲労回復効果も強いですので、一挙両得です。 そして、うつ病に対して薬物療法を行っている時は、成長ホルモンを併用してみてください。 少しずつ元の薬物を減らしていくことができます。 この場合の治療は、もともと体内に存在する成長ホルモンを利用していますので、極めて自然です。 また、うつ病の薬物治療においては、体重が増えていくのが特徴ですが、成長ホルモンを併用すると体重が減り始めます。 脱毛、抜け毛の防止、発毛、育毛、増毛 成長ホルモンを利用すると、抜け毛防止、増毛の効果が見られます。 成長ホルモンには、体内でたんぱく質を作り出す反応を高める作用(蛋白同化)がありますが、髪の毛はまさにタンパク質ですから、そうなるのは当然です。 男の30歳代、40歳代の抜け毛防止には効果があります。 男の脱毛、抜け毛には遺伝的な要素が関係していますが、発症するのは体内の成長ホルモンが激減する時期に相当します。 遺伝を発現させる因子と、体内の成長ホルモン減少が、強く関与しているのであろうと示唆されます。 健康保険大国の日本においては、「病気を治療する」のが医師の役割ですから、 成長ホルモンの健康管理分野での利用に関して、否定的な見解を述べる医師も多いようです。 日本の医療制度は、憲法で保障された「健康で文化的な最低限度の云々」を実現するために、政府が事業母体となって、病気になった人の治療に関して、各医療機関にその手足としての最低限度の診療行為を外注しているのが、基本システムです。 つまり、健康保険を行っている医療機関は最低限度を委託された外注請負機関に過ぎません。 そして、その最低限度の外注を請け負う医療機関に対して、「こうでなければいけない。 こういうことをやってはいけない」という規制システムを作っています。 その規制は、製薬業界の調整やコスト問題、学会医師のメンツなどを内含した規制であり、患者のことを純粋に考えた規制ではありません。 日本の医師は、その規制の中で、純朴に育成された医師ばかりであると思ってかまいません。 その医師達は、病気でない人が健康を求める心などまったく理解できていない、と言っても過言ではありません。 その医師達の意見をどうとらえるかは、各個人の問題に帰すことになります。 余談ですが、日本の診療現場で患者が抱く諸疑問、諸問題は、その最低限度の外注を請け負った機関で育成された医師ばかりであることから発生しています。 成長ホルモンの安全性と副作用.

次の

リポたんぱく質リパーゼとホルモン感受性リパーゼの違いと28回食後代謝の解説

ホルモン 感受性 リパーゼ

スポンサード リンク リパーゼは脂肪の代謝に関わる酵素であり、2種類に分けられる。 ひとつは「 リポタンパク・リパーゼ」といい、毛細血管の内皮細胞の表面(脂肪細胞の外)に存在する。 そうすることによって、脂肪細胞内に取り込ませやすくする働きがある。 リポタンパクとは、「アポタンパクと呼ばれるたんぱく質」と結びついた粒子状の物質。 血液は、いってみれば水分なので、脂肪分は馴染めない。 そこでアポタンパクと結合することによって、血液中に存在することが可能になる。 そのほかリポタンパクには、カイロミクロンやHDLコレステロール(高比重リポタンパク)、LDLコレステロール(低比重リポタンパク=いわゆる悪玉コレステロール)などがある。 ちなみに、取り込まれた脂肪酸とグリセロールは、中性脂肪に再合成されて脂肪細胞へと貯蔵される。 これが皮下脂肪や内臓脂肪。 つまり血液中に流れている中性脂肪を、そのまま脂肪細胞に蓄えるのではなく、いったん分解してから再び合成するということ。 「一見、手間の掛かる手順」を踏むことになる。 リポタンパク・リパーゼの働きを阻害できれば、中性脂肪が脂肪細胞に蓄積しづらくなる。 には、このような作用があるため、脂肪の蓄積が抑制される。 どちらも同じ意味。 もうひとつは「 ホルモン感受性リパーゼ」といい、こちらがダイエットで痩せるために必要な酵素。 その名のとおり、ホルモンからの働きかけがあって、はじめて活性化するタイプになる。 リポタンパクリパーゼとは違って、脂肪細胞内に存在する。 そして視床下部からの指令があったときに、 中性脂肪を遊離脂肪酸とグリセリンに分解して、血液中に送り出す。 ホルモン感受性リパーゼが活性化する経路としては、大きく分けて空腹時と運動時がある。 さらに運動時には、筋トレ直後、有酸素運動開始から約20分後の2通りがある。 (以下、リパーゼに略) 空腹時(低血糖時)は膵臓からグルカゴンが分泌されて、リパーゼに働きかけ、脂肪の分解を促す。 ちなみにグルカゴンには、血糖値を下がり過ぎないようにする働きもある。 すなわち血糖値維持のため、肝臓に貯蔵されているを、ぶどう糖に分解して血液中に放出する。 つまりグルカゴンは、グリコーゲンとリパーゼの両方に働きかけるということ。 脂肪は、おもに骨格筋などの、平静時のエネルギー源となる。 空腹の時間帯は、有酸素運動を行うゴールデンタイム。 朝起きた直後は、たいていは空腹時にあたる。 すでにグルカゴンがリパーゼを活性化して、脂肪酸が血液中に多く流れている時間帯。 そのときにウォーキングをすれば、通常は20分程度かかるところを、運動開始直後から脂肪を燃焼できる。 もちろん夕食前の空腹時でも、同様の効果が得られる。 ただし空腹時の運動は、ウォーキングなどの「軽い運動」にすべき。 ただでさえ低血糖である空腹時に、激しい筋トレをすると、さらに深刻な低血糖状態を招いてしまう。 そうなると貧血を招いたり、運動中に倒れてしまう危険がある。 これは、ゆるやかな運動ほど脂肪酸がエネルギー源となり、激しい運動になるほど、糖質がエネルギー源になるため。 この点だけは注意を要する。 食べた直後から食後2時間以内は、グルカゴンが抑制され、(脂肪にため込むホルモン)が分泌されている。 このときは、リパーゼが働きにくい時間帯。 そのため、 脂肪の分解が目的の有酸素運動は、インスリンが分泌されている時間帯を避ける必要がある。 筋トレの直後は、が優位になり、アドレナリンとノルアドレナリンが分泌される。 これらのホルモンがリパーゼに働きかけることによって、脂肪酸とグリセリンに分解され、血液中に放出される。 ただし 筋トレによって分解された脂肪酸は、有酸素運動などによって燃焼しないと、元の脂肪細胞に逆戻りしてしまう。 を摂取しても、同様にアドレナリン経由でリパーゼが活性化し、脂肪酸に分解される。 この場合も、そのあと燃焼しないと、元に戻ってしまう。 ただし空腹時や平静時は、 (脱共役たんぱく質)が働くので、運動しなくても脂肪の燃焼が可能になる。 前述した共役リノール酸を摂取した場合も、運動なしで脂肪を燃焼させることができる。 ワンポイントアドバイス リパーゼの働きを活性化させるのは、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルです。 ミネラルが不足すると、リパーゼの働きが鈍って、脂肪を減らせなくなるため要注意。 つまり、いくら有酸素運動をしても、そもそも脂肪を効率よく分解できないので、燃焼しようがないわけですね。

次の

32

ホルモン 感受性 リパーゼ

違いはその働く場所です。 ホルモン感受性リパーゼは脂肪細胞内に在中していて、 脂肪細胞内の中性脂肪を分解します。 ホルモン感受性リパーゼによって分解されたグリセロールと遊離脂肪酸は、血液によって身体中を旅して、エネルギーが不足している細胞に取り込まれます。 その取り込まれた細胞内のミトコンドリアが遊離脂肪酸を使ってエネルギーを作り出します。 これが脂肪燃焼の一連の流れなのです。 なお、 ホルモン感受性リパーゼが活性化するタイミングは空腹時や有酸素運動開始から一定時間後 20分程度 です。 運動は20分以上続けましょう、とよく言われるのはこのためなのです。 運動前にあることをすると運動開始から脂肪燃焼できる しかし、運動を始めて20分って言ってもそんなに運動し続けるのもなかなか難しいですよね。 できることなら運動に使うエネルギーは脂肪を燃焼させて作り出したい。 ダイエットしたい人であればそう考えるのが普通です。 そんな時は を試してみましょう。 の方法は簡単にいうと、運動前にあるアミノ酸を摂取してホルモン感受性リパーゼを活性化させてから運動するという方法です。 グリセロールは糖新生によって糖質に作る変えられることになります。 つまり、余すことなくエネルギーとされるということですね。 とはいえ、 脂肪酸のエネルギー量は糖質の倍以上! なので人間の主なエネルギー源はやはり脂肪分です。 ダイエットのための努力は確実に結果に繋がる! 昔は今ほど食生活が豊かではなかったため、太っている女性がモテたのだとか。 昔はお金は見た目を超越してたんですねぇ… 今も人によってはそうかもしれませんが 今の日本は飽食社会。 太っていることはお金持ちとは繋がらないだけでなく、ほとんどの場合マイナス要因にしかなりません。 ダイエットは努力が確実に結果に繋がります。

次の