ハムスター ケージ 大きさ。 本当に良いハムスター飼育ケージの選び方!おすすめの種類はコレ!

キンクマハムスターのケージのおすすめ!選び方や大きさ、レイアウトも!

ハムスター ケージ 大きさ

Sponsored Link 小型ハムスター ジャンガリアンハムスターを始めとする ドワーフハムスター達のことです。 ロボロフスキーハムスターや チャイニーズハムスターも 小型ハムスターに入りますよ! 中型ハムスター 中型ハムスターで代表的なのは、 ゴールデンハムスターです。 キンクマハムスターや テディベア・ハムスターは、 ゴールデンハムスターの仲間なので、やはり中型になります。 大型ハムスター では大型は? あんまり思いつかないですよね! あまりペットとして飼われることはありませんが、 クロハラハムスターなどの、 主に野生で暮らす種類に大型ハムスターがいます。 関連記事: 体重が最大900gなので、ずいぶん大きいですね! ケージのサイズは体の大きさ次第 ケージを選ぶときは、 体の大きさに合わせて十分な運動ができる環境を 作ってあげます。 では、それぞれのサイズを見ていきましょう。 小型ハムスターの場合 ジャンガリアンハムスターなどの小型ハムスターの場合は、 Sponsored Link ケージが大きくても構いません! さきほどご紹介したサイズは、 ハムスターにとって十分なスペースが確保できて 飼い主さんにとってもお世話をしやすいサイズになっています。 ですが、 あれよりも大きなケージを使っても問題はありません。 飼い主さんの負担にならない適度なサイズを選んでくださいね! ケージには必ず空気穴を! 衣装ケースや収納ケースをケージとして使用するときは、 絶対にフタをぴったりと閉めて使わないでくださいね! 人間と同じように、ハムスターも 十分な空気がないと生きていけません。 ハムスターを上から掴んではいけないのも、 これが理由です。 ハムスターのサイズは 3種類ある• 大きいケージを使っても構わない(ただし掃除が大変、邪魔になるかも)• 衣装ケース・収納ケースはぴったり閉めない(もしくは 空気穴を!)• 上が開いているケージは上部を覆う(ハムスターが安心するため)•

次の

ハムスターのケージの大きさはどのくらいが良いの?おすすめは?

ハムスター ケージ 大きさ

【目次】ハムスターにとって良いケージとは?ケージ選びのポイントと各ケージのタイプメリット・デメリット ケージを選ぶ際のポイント まずはケージを選ぶときのポイントをお伝えします。 これらのポイントを押さえておけば、ハムスターにとって快適な空間の出来上がり。 ハムスターが快適に過ごせるか否かがかかっているので、より良いものを購入しましょう。 大きくて広いケージほど良い ハムスターにとって良いケージとは、大きく広いケージ。 手に乗るほど小さなその体からは想像できないほど、実は運動量が非常に多い動物なのです。 さらに、縄張り意識が強い動物でもあるので、広いケージほどハムスターにとって快適な空間と言えます。 大きさが十分でないと、ハムスターのストレスにもなりますから、可能な限り広いケージを選んであげると良いでしょう。 安全性が高いケージを選ぶ ハムスターのケージ選びで最も重要なのが、安全性です。 実は、ケージが原因で怪我をするハムスターがかなり多く、安全性の面で不安のあるケージも市販で売られています。 ハムスターにとって注意が必要なケージとは、2階・3階建てのケージ、または縦方向のトンネル・はしごが付いているケージ。 これらは、ハムスターが上下の移動ができるようになっており、危険性が高いです。 そうというのも、ハムスターはもともと地面と自分が掘った穴の中で暮らす生き物。 ハムスターの動線にはもともと上下の運動は必要ありません。 視力も弱いため、2階や3階建てのケージは危険で、時には落ちて骨折するケースもあります。 より安全なケージを選ぶために、上下移動のないシンプルな作りのものを選びましょう。 ハムスターのケージタイプ ハムスターのケージには大きく分けて4タイプあります。 ペットショップや専門店、インターネットで市販されている中から、最も最適なものを選ぶ必要があります。 ここで、それぞれの種類についてメリット・デメリットを把握しておきましょう。 金網タイプ 金属やプラスチックで金網状に張り巡らされたケージタイプ。 安くて種類が豊富、通気性が良く湿気や匂いがこもりません。 軽量なものが多いので、掃除の時など持ち運びやすいのも特徴。 給水器や回し車などが取り外ししやすいのも利点です。 デメリットは、怪我や健康を害する危険性があること。 金網タイプは金網部分をかじって、歯や口周りの健康トラブルになることがあります。 また、金網をよじ登ったり、天井でうんてい運動をするうちに落下事故が起きたりなど、怪我に繋がることが多いケージです。 金網の隙間に足が挟まって骨折する恐れもあります。 このように、金網タイプは危険やトラブルが多いケージと言えます。 あまりおすすめはできませんが、どうしても金網タイプが良い場合は網目が広いタイプを選ぶと良いでしょう。 中の様子がよく見えるため、観察しやすい、写真が撮りやすいなどの長所があります。 また、ケージをかじる心配がなく、掃除もしやすく、外の音が遮られて防音できます。 保温性もあるため寒い冬でも暖かく安心。 デメリットは、天井の素材によっては通気性が悪く、湿気や匂い、夏は熱がこもってしまう点です。 給水器や回し車の着脱がしにくい、お世話のときにケージの上部から手を入れなければいけないため、ハムスターが怖がってしまうこともあります。 水槽タイプのケージにするなら、ハムスターにとっても安全ですが、こまめな掃除が必要です。 プラスチック<アクリル<ガラスとお値段が高くなっていきます。 写真がお好きな飼い主さんにおすすめのケージです。 ジェックス ハビんぐ グラスハーモニー ジェックス ハビんぐ グラスハーモニーの商品情報 参考価格:3,180円(税込) メーカー名:ジェックス サイズ(幅X奥行X高さ):36. 2cm 重量:2. 5㎏ 生産国:インドネシア プラスチックタイプ 市販品で増えてきたタイプのケージ。 特徴的な形をしているものが多く、カラフルでトンネルやドームなど、楽しそうなものが多いのが特徴です。 プラスチックタイプは安くて種類が豊富で、持ち運びやすい軽さがメリット。 音が遮られるので、ハムスターは静かに過ごすことができます。 保温性があるため、冬でも暖かく、床材や壁材によっては通気性も良いものもあります。 デメリットは、サイズが小さいものが多いため、ハムスターにとって十分な運動量を補えないこと、パーツを分解して掃除する必要があること、2階部分やトンネルから落下する危険性があること。 金網タイプと水槽タイプのどちらの要素も兼ね備えることが可能なプラスチックタイプですが、市販のものの中には、大前提となる広さと安全性がクリアできないものがあります。 SANKO ルーミィベーシック SANKO ルーミィベーシックの商品情報 参考価格:3,252円(税込) メーカー名:SANKO サイズ(幅X奥行X高さ):17. 0cm 重量:1. 3㎏ 生産国:中国 衣装ケース 最近、衣装ケースでオリジナルケージを作る人も増えてきました。 衣装ケースなら、大きいサイズでもお手頃価格で手に入りますね。 軽量で持ち運びやすく、掃除も楽なのが特徴。 自分の思い通りに作れるのが何よりものメリットです。 ハムスターにとっても、外の音が遮られるため、静かに過ごす環境が整います。 保温性があるため冬も安心です。 デメリットは、通気性が悪いこと、半透明で中の様子が確認しずらいこと。 さらに、内側の凹凸部分や、手作りした穴などをかじる可能性があることです。 しかし、自分で1から作るので、問題部分もカスタムによっては解決できます。 例えば、通気性のために天井だけ金網にする、中の様子を見やすいようにアクリル板の覗き窓を作るなど、DIYが好きな方におすすめです。 アイリスオーヤマ 衣装ケース アイリスオーヤマ 衣装ケースの商品情報 参考価格:2,465円(税込) メーカー名:アイリスオーヤマ サイズ(幅X奥行X高さ):57. 5cm ハムスター別の最適なケージの大きさとは 前項まで、ハムスターのケージはできるだけ大きなものが理想的だとお伝えしました。 それでは、少なくともどれぐらいのサイズのものを用意しておげば良いのでしょうか。 それは、ハムスターの大きさによって異なります。 体が大きいだけでなく、力も強いので高さもある程度必要です。 これらの種類のハムスターは、縄張り意識が特に強い種類なので、1ケージ1匹が原則。 ケンカなどのトラブルを避けるために、別々のケージで飼育してください。 ゴールデンハムスターなどに比べて体が小さく、スペースも高さも比較的小さくても問題ありません。 つがいや兄弟など、複数のハムスターを1つのケージで飼育することもできます。 その場合は目安サイズよりよりも1. 5倍程度広いスペースを確保しましょう。 つがいで飼う場合、繁殖力が強いことに注意してください。 衣装ケースでDIY!手作りのハムスターケージ 衣装ケースでハムスターのケージを作るなら、回し車や給水器を設置する必要があります。 また、観察窓や天井に金網を取り付けるなど、飼い主次第でハムスターにとっても飼い主にとってもより良い環境を作ることができます。 工具と100円ショップに売られている道具を用意しておきましょう。 回し車の設置 ケースに穴を開け、回し車を設置できるようにしておきます。 夏と冬で床材の量を変える必要があるため、位置を上下に動かせるように2つ穴を開けておくのがベストです。 給水器の設置 回し車と同じく、穴を開けて給水器が通るようにします。 床材の厚みを考えて高さを調整しましょう。 観察窓を作る 衣装ケースは半透明のため、ハムスターの様子が見にくいもの。 観察窓を作っておくと安心です。 まず、100円ショップなどでアクリル板を用意します。 このアクリル板の上下左右の大きさより2cmほど小さく衣装ケース正面をカッターで切り取ります。 次に、ケースとアクリル板の同じ位置に、電動ドリルで穴を空けましょう。 そして、ネジの頭が内側になるようにアクリル板と衣装ケースをネジで止めて完成です。 簡単に観察窓を取り付けることができます。 通気孔を空ける ケースは熱がこもりやすくなるため、直径5mmほどの穴を空けていきましょう。 かじられないように、ハムスターが届かない位置にたくさん作ります。 出入り口 常に上からお世話をすると、ハムスターが怖がってしまうため、飼い主がお世話をする窓、ハムスターの出入り口を設置すると良いでしょう。 このとき、観察窓を作るときに切り取った衣装ケースのプラスチックを扉として使うことができます。 まず、ハムスターが出やすい位置を適当に切り取り、観察窓を作るときに切り出したプラスチックのサイズを合わせます。 プラスチックを切り出した入り口に当て、ネジで固定して完成です。 ネジを締めすぎると扉の開け閉めがしにくいため、間に紙を挟んで調整しましょう。 ただし、緩すぎるとハムスターが自分で開けて脱走してしまうので注意してください。 夏用に天井の通気性を良くする 衣装ケースで飼育すると、熱がこもり、夏の暑さでハムスターが体調を崩してしまいます。 また、匂いがこもりやすくなるので飼い主にとっても、ただ板を乗せるよりは、天井に工夫する方が良いでしょう。 天井をカスタムするなら、特に夏場は通気性の良い金網がおすすめ。 衣装ケースと網を結束バンドなどで止めるだけで完成です。 ハムスターの飼育において、ケージ選びは非常に重要です。 ケージの環境によって、ハムスターの暮らしが大きく変わりますから、より良いものを選んであげたいですね。 適切な大きさかどうか、ハムスターにとって安全かどうかを考慮した上ご検討ください。 あなたのハムスターケージ選びに本記事が役立てば幸いです。

次の

ハムスターのケージゴールデンハムスターには、どれくらいの...

ハムスター ケージ 大きさ

通販で買えるゴールデンハムスターのケージのおすすめTOP10! ゴールデンハムスターのケージを 飼いたいけれど、 どんなものを選べばいいのか わからないという人は とても多いでしょう。 ゴールデンハムスターの ケージは、 大きめで脱走がしにくい ものを選ばなければいけません。 ここでは、おすすめのゴールデン ハムスターのケージを 10個ご紹介していきます。 どれも、 ハムスターに優しい設計に なっているので安心して 使うことができます。 第1位:ゴールデンハムスター飼育セット 出典: 第1位は ゴールデン ハムスター飼育セットです。 ケージだけではなく、 さまざまな飼育用品がセットで ついているので初心者でも 安心できます。 ガラス水槽なので、 脱走を防ぐことができて、 「脱走したらどうしよう!」と 不安になっている人にも おすすめですね! 風通しがよく、湿気がこもらないところが好印象でした。 HOEI ハムスターケージは、 ハムスターが快適に過ごすことが できるように工夫されています。 広さもあり、湿気を逃がして くれるので、 夏でも冬でも ハムスターの負担になりにくい でしょう。 巣箱が2階部分から落っこちた! というトラブルの心配を しなくてもいいというのは うれしいですね。 第5位:ハムスター飼育水槽 ぴったりふたセット 出典: 第5位は ハムスター飼育水槽 ぴったりふたセットです。 水槽ケージにぴったりハマるフタが ついているので、ハムスターが 脱走する心配がありません! 水槽なので、噛んだりうんていをしたりしないので安心してハムスターを飼うことができます。 水槽にぴったりのフタにすることで 怪我を防ぐことができます。 好奇心旺盛な ゴールデンハムスターに特に おすすめです。 掃除にあまり時間をかけたくない という人や、清潔を保つために 水でジャブジャブ洗いたい という人にも人気です。 第6位:【WARE MANUFACTURING】 出典: 第6位は WARE MANUFACTURINGです。 こちらは、アメリカで人気の ハムスターケージになります。 デザインがカッコいいと話題で、 おしゃれなケージで飼育したい という人におすすめです。 安くて丈夫で脱走もしにくいので気に入っています。 床以外は金網なので、風とおしが良く ハムスターが苦手である湿気を 溜めません。 ゴールデンハムスターにぴったりのケージの選び方で大切なポイント ここまでは、ゴールデン ハムスター用のケージを ご紹介してきました。 ですが、 「やっぱり自分で 探してみようかな?」と思った 人もいるでしょう。 そんな人のために、 ゴールデンハムスター用の ケージを選ぶときに大切な ポイントを3つご紹介していきます ゴールデンハムスターの体の大きさ まず1つ目のポイントは ゴールデンハムスターの 体の大きさを確認しておく ということです。 ゴールデンハムスターは、 ジャンガリアンなどとは違い、 体が大きく成長します。 そのため、ドワーフハムスター用の ケージを購入してしまうと、 狭苦しく、ハムスターにとって ストレスになってしまうことが あるのです。 ゴールデンハムスターを 飼うときには、大人になっても ゆったりと使うことが できるように、大きめの ケージを選びましょう。 ハムスター用のケージの中には、 デザインに凝っていたり、 たくさんの凹凸やトンネルが ついているものもあります。 かわいいデザインのケージを ハムスターのお家にしたいな!と 考えている人もいるかも 知れませんが、 ちょっと待ってください! そのケージは手入れが しやすいものでしょうか。 掃除をするのに面倒な構造だったり 汚れが溜まりやすく、不潔に なってしまわないかを 確認してみましょう。 ケージの掃除は、 毎日のことですから、 できるだけ手間のかからない ケージにしたいですね。 ゴールデンハムスターにとって安全なもの 3つ目のポイントは、 ゴールデンハムスターにとって 安全なケージかどうか ということです。 もちろん、販売されているケージは ハムスターを飼うのに適した 構造になっていることが 大前提のはずです。 ですが、 中には安全性に少し 疑問が残るようなケージも あります。 手足を挟んでしまいそうだったり、 トンネルの大きさが ゴールデンハムスターに あわなかったり・・・・・・ そのようなケージを購入 しないようにするためにも、 ゴールデンハムスターにとって 安全かどうかをしっかりと 確認しましょう。 まとめ ここでは、ゴールデンハムスターに おすすめのケージを10個 紹介していきました。 ゴールデンハムスターは他の 種類と比べて大きいので、 ケージも大きめでゆったりとした ものを選ぶ必要があります。 また、手入れのしやすさも重要で、 毎日掃除をするのに面倒に ならないような構造のものが おすすめです。 安全で、手入れがしやすく、 ハムスターがリラックスできる ケージを選ぶことができると いいですね。

次の