年賀状 最後 挨拶。 年賀状の上手な辞退の仕方−高齢の方、高齢の親御さんの代筆をされている方に

年賀状は今年で最後という恩師へ負担にならない挨拶は?

年賀状 最後 挨拶

毎年、年賀状の時期になると管理人が思うこと。 「 面倒だなー。 もう辞めにしたいな」 こんな感情は誰しもが思うことではないでしょうか。 年齢を重ねると人付き合いも、年々 スリムになっていきますからね。 「 今年こそは会いましょう」というメッセージを添えて ポストに投函。 これはもう 毎年 お決まりのことになってしまって、なんとも思わなくなってはきてたものの、改めて考えるととっても 虚しい。 絶対今年も会わないって分かっているのに。 最近は 年賀状を最後にしようという人が増えているようです。 年賀状を今年最後にするための「 年賀状じまい」をしようというのです! 今回は、管理人も知りたいこの「 年賀状じまい」の書き方と例文をまとめてみました! 今年を 「 ラスト年賀状 」 にするため のための例文です。 ぜひ参考になれば幸いです!• 本年をもちまして どなた様にも年始のご挨拶を控えさせて頂く事に致しました。 非礼を深くお詫びいたします。 皆様への毎年の年賀状も今年限りで失礼させていただきたいと思います。 今年をもちまして どなた様にも新年のご挨拶状を最後とさせていただきます。 こうすることで、「 あぁ、この人はもう年賀状自体を書かないんだな」とお相手も 納得するのではないでしょうか。 最後に 嫌な印象を残さないようにしたいですよね。 失礼にならないように、ポイントは抑えておきましょう! ラスト年賀状は手間をかけずに綺麗に作成しよう 最後の年賀状ということを決められて、今度は最後の年賀状作成に取り掛かるかと思います。 最後の年賀状も、もちろん心のこもったメッセージで締めくくると好印象ですが、年賀状の集大成として 綺麗な仕上がりで年賀状を送りましょう。 やはり、自宅で印刷をするのと、プロに印刷やデザインを頼むのでは、出来栄えや印象が全く違います。 管理人は、かなりのめんどくさがりやなので、いつもデザインも宛名印刷もプロにおまかせしていました。 最後の年賀状も、もちろん綺麗なお便りにしたいですので、最後まで利用させて頂きました。 年賀状印刷もたくさんの会社がサービス提供されているので、ご自分の好みに合った会社を選ばれると良いと思いますよ! 早めがお得です! もし、定型文はそのままで「今年年賀状を最後にする」というメッセージを伝えたいのであれば、余白の大きいデザインを選び、手書きで丁寧に書くのも良いかも知れませんね! いずれにしても、誠意をもってきちんと素敵な年賀状にメッセージを添えることで、お相手の方もすんなりと受け入れてくれるのではないでしょうか。 今年で最後?失礼にならない年賀状じまいの例文5選!まとめ いかがでしたか? 今の日本人にとって 年賀状を出す習慣は、ごく 当たり前のようにあって、私達は産まれてからずっとその習慣に従ってきましたよね。 しかし、時代も変わりつつあります。 スマートフォンが普及し、 SNSで友人とのコニュニケーションもすぐ取れる現代。 そういった時代の流れが 年賀状に煩わしさを感じてしまう原因なのかもしれません。 手書きや 心のこもった年賀状の良さもまた 無限大にありますので、年賀状自体を否定するつもりは全くありませんが、きっと重要なのは 年賀状を辞めても続く関係なのだと管理人は思います。 最後の年賀状を書く前に、一度立ち止まって考えてみるというのも良いかもしれませんね。

次の

年賀状をやめるタイミングや失礼にならない挨拶文と文例をご紹介

年賀状 最後 挨拶

目 次• 年賀状をやめる際のマナーは? 年賀状の本来の意義は? もともと年賀状は年賀のあいさつに行きたいけれど、 遠くていけない人に挨拶をする目的で始まったもの、つまりは礼儀です。 でも、現代の年賀状には礼儀以外にも多くの意義が含まれています。 まずは自分の近況や現住所などの連絡です。 普段はなかなか連絡を取らないけれど、年賀状を出すことで自分が今どうしていて、 どこに住んでいるということを相手に知らせることが出来ます。 もう1つは昨年お世話になったことへのお礼です。 学生ならまだしも社会人ともなれば、マナーの一環として年賀状を書く方は多いようです。 特に年配の方にはメールなどよりも書面の年賀状の方が喜ばれるでしょう。 年賀状を出さないのはマナー違反? ですから、 年賀状の本来の意義からすれば、 出すことが礼儀、とか伝統とか言う考えはそもそも意味の履き違え、 その人の独りよがりですね。 そもそも 毎日顔を合わせるような会社の人間や、 しょっちゅう会ったり遊んだりする親しい間柄の人間に出すものではないんですね。 なので年賀状を送らなかったから失礼だとか、 返さなかったから マナー違反だなどと言われる筋合いは最初からありません! 新年初出社、新年会で「明けましておめでとう!今年もよろしく!」と直に会って挨拶をするほうが、 年賀状を出すよりもずっと丁寧な新年の挨拶になるんですね。 年賀状を廃止したい理由は? ある新聞社による「年賀状を廃止したい理由」のアンケート結果によると以下のとおりです。 社内慣行であり、 虚礼廃止の精神からです。 取引先には必要に応じて出すのが原則であり、特に大事な顧客には出すことでいいと考えています。 また、職業上の理由から、利害関係者への挨拶はおこなっていない(30代男性) 2. 年賀状に掛かるコストや手間の削減 年賀はがき代以外にプリンターのインク代など印刷費用は枚数が多いと馬鹿になりません。 また、元旦に着くように何かと急がしい年末時に書き上げるのはめんどうで憂鬱です。 企業をリタイアした方にとっては、「年賀状だけの付き合いにウンザリした」という方が多いようです。 デジタル系(電子メール等)への挨拶手段の移行 近年、パソコンやスマフォ等の普及により、年賀はがきによる年賀状は減少傾向です。 これであれば年賀はがきを購入するコストも要りませんし、メールアドレスのリストさえあれば一括で送信できて手間がぜんぜん掛かりません! またメーラーの機能で送信時間を指定しておけば元旦の朝8:00に送信したりできますし、 元旦の朝にメールを作っても十分に間に合うくらいです。 年賀状を廃止する際の文例は? 年賀状の出すのを今度のお正月が最後にしたい場合、どのような文で書けばいいのでしょうか。 年賀状を止めるという挨拶文は、ストレートの書くと受け取る側には、 あまりにさびしい文面になってしまいますね。 年賀状をやめるという挨拶文の例文 あえて書くなら失礼のないように以下のように丁寧に書きましょう。

次の

年賀状をやめるタイミングや失礼にならない挨拶文と文例をご紹介

年賀状 最後 挨拶

終活の流行に伴い「 終活年賀状」が急増しています。 終活年賀状とは、来年から「年賀状を辞退する」旨を伝える「 最後の年賀状」。 すなわち、「年賀状をやめる宣言」をするための「断りのハガキ」です。 相手に失礼のないよう、文面には注意しなくてはなりません。 いちいち文面を考えるのは面倒… という方は、いくつかの例文を組み合わせて書けばOKです。 今回は「 断りのハガキ」に使用できる例文(テンプレート)を50種類ご紹介。 年齢別に使いやすい例文&文面をまとめました。 もちろん無料。 コピーしてご自由にお使いください。 終活年賀状の基本的な書き方は「3つの文面」だけ 断りのハガキは、シンプルな内容でOK。 一定の作法は必要ですが、例文を組み合わせるだけで完成します。 年賀状じまいの文面は3ステップ。 普通の年賀 + 年賀状じまいの理由 + 代替案の提示 以上の構成です。 それでは年代別に例文を見ていきましょう。 ハガキの年賀状そのものに馴染みのない人も多いです。 ただし、会社の同僚、上司、取引先など、儀礼的に「年賀状を書かざるを得ない」相手も。 年賀状じまいをするなら、最低限「 目上の人」には断りのハガキを出すべきです。 とはいえ「終活」という言葉を用いるには、まだ早すぎる年齢。 20代~30代の方にとっては「目上の相手」が多いです。 丁寧な文面を意識しましょう。 例文A(全文のテンプレート) あけましておめでとうございます。 昨年中は格別のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。 本年も昨年同様よろしくお願い申し上げます。 誠に勝手ではございますが、元号が改まった本年を機に、皆さまへの年賀状を控えさせて頂くこととなりました。 今後は皆さまとLINEにて より一層のご交誼を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 アドレス ID は下記の通りです。 末尾は「 となりました」とまとめる書き方がおすすめです。 年賀状を「 辞退しやすいタイミング」と言えるでしょう。 年賀状の代替案についての例文5種類 年賀状の代替案については、 今後はFacebookにて皆さまへ近況報告などして参りますので、お手すきの際にでもご照覧ください 来年からどなた様もメールによる年始のご挨拶に代えさせて頂きます 電話番号、メールアドレス、QRコードを添えておりますので、お手数ですが皆様ご登録頂けますと幸いです 来年からはみんなとLINEでより積極的に交流していきたいです! (同僚や友人に宣言する場合。 必ずしも丁寧な文面は必要ありません) 来年より、ご登録頂いているLINE、メールアドレスにて各々様にご挨拶させて頂きます 以上のような文面もおすすめ。 (基本的に年配の方はネット上であなたにアクセスしようとはしませんのでご安心を) 「 プライベートな情報を知られたくない!」 という方は、年賀用のアカウントやアドレスを個別に取得しておくと無難です。 例文5種類 現在流通している年賀状の文面は、9割以上が印刷で書かれたもの。 「直筆のみ」の年賀状はわずか数パーセントしか出されていません。 ただし、目上の相手に対しては失礼のないよう、せめて「 ひとこと」直筆で書き加えましょう。 来年も変わらぬご指導をお願い致します (上司などに対しては、最後に抱負を語る書き方がポピュラーな文面です) まだまだ未熟者ではございますが、少しでもお役に立てるよう~ 至らぬ点も多々あるものと存じますが、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します (謙遜の表現。 年配の方に好印象の文例) 以上のような趣旨で文面を締めくくる内容がおすすめです。 受け取る側の印象としては「 直筆 + 長文の方が丁寧」となります。 内容そのものは「コピペ」で構いませんから、直筆の占める割合を少し多めに意識しましょう。 感謝の言葉 + 抱負 + 謙遜、全ての文面を組み合わせてもOKです。 「 早く始めるほど得をする」のが終活の特徴です。 参考: ただ、「 年賀状じまい」をするにはやや難しい年齢かもしれません。 例文B(全文のテンプレート) 新年おめでとうございます。 皆様幸多き新春を迎えられたこととお喜び申し上げます。 旧年中は大変お世話になりました。 本年も昨年同様、ご指導の程よろしくお願い致します。 私事ではございますが、本年より年賀のご挨拶を一部メールに移行しており、来年からはどなた様も葉書による挨拶状をご遠慮させて頂きます。 今後も変わらぬお付き合いの程、よろしくお願い致します。 (末尾にメールアドレスや電話番号) 年賀状じまいの理由についての例文6種類 夫婦ともども来年より年賀状を辞退させて頂く運びとなりました (個人の判断ではなく、家庭の方針である旨を強調します) 孫の誕生を機に~ おかげ様で子も成人を迎える年齢となりました。 この節目を機に~ (上記2つは年賀状に家族写真を載せる方におすすめ) 息子の勧めもあって、私も来年よりメールによる年始のご挨拶に代えさせて頂きます (辞退の理由と代替案を並列すると、自然な文面にまとめられます) 恥ずかしながら私も不惑を迎え、ちょっと早めの終活を始めたところです。 つきましては~ (不惑は40歳の意。 論語より。 目上の相手でなければ自己都合として終活に言及してもOK) 「五十にして天命を知る」との言葉もありますが、そろそろ終活を意識する年齢と相成りました。 つきましては、甚だ不得手ではございますが、新しい試みに挑戦すべく来年よりはメールにて~ (親類におすすめの例文。 続いてネット上の代替案を提示します。 かえって交流が深まるメリットも) 40代~50代は関係の「自然消滅」狙うのもおすすめ 40代以上の方は、親類や仕事上の付き合いなど、「年賀状だけの関係」も少なくありません。 ですから、あえて断りのハガキを書かず、そのまま関係の「 自然消滅」に任せるのもおすすめ。 「何年も顔を合わせていない」 「今後も会う予定がない」 「相手方から年賀状が届いていない」 以上のような例であれば、特に失礼には当たりません。 断りのハガキを書くなら「代替案を書かない」のもあり。 目上の方でなければ、年賀のやり取りが減って「 相手もかえって助かる」くらいに考えて差し支えないでしょう。 60代~70代の書き方 60代~70代にかけては、終活年賀状を送るタイミングが何度も訪れます。 例えば一般に「祝い年」と呼ばれる年齢。 ・ 還暦 60歳 ・ 古希 70歳 ・ 喜寿 77歳 または定年退職を迎える「60~65歳」も大きな節目となります。 本年もよろしくお願い申し上げます。 さて、私も齢重ねて七十となりました。 時代の移り変わりもあり、年賀状によるご挨拶は、本年限りとさせて頂きたく存じます。 ご無礼をどうぞお許しください。 今後も普段のお付き合いは電話、メールなど頂戴できましたら幸いです。 皆様のご健康とご多幸をお祈りいたしております。 (代替案の有無は相手に応じて使い分けましょう) 年賀状じまいの理由についての例文6種類 私もそろそろ「終活」を意識する年齢に差しかかり~ 還暦を迎えた本年を最後に、新年のご挨拶を失礼させて頂きます 気づけば齢も古希に至り、従来のお付き合いも難しくなって参りました 喜寿を過ぎた頃から手足の衰えも感じられるようになり、皆様にご挨拶状をお送りするのも難しく~ 私事ではございますが、本年をもって長年勤めた職場を定年退職する運びとなしましたので~ 私も寄る年波には勝てず、筆を執るのが難しくなって参りました。 つきましては本年限りで~ (70代以降は「高齢」を理由にしても自然な文面となります) 仕事上の人間関係はバッサリ「断捨離」してOK 多くの方が職の一線から退く60代~70代。 仕事上の人間関係を整理する好機でもあります。 「年賀状だけ」に終始している関係など、思い切って清算してしまうのも良いかもしれません。 特に男性は「人間関係の9割が仕事上の付き合い」という人も珍しくありません。 人間関係を「 断捨離」するつもりで、まずは年賀状から、老後の新たな交友範囲を見定めましょう。 とは言え100人単位で終活年賀状を書くには、覚悟も手間も必要。 何となく寂しさも手伝って、当面の間は年賀状のやり取りを継続したくなる方も多いようです。 しかし退職後しばらくすれば、「二度と会わない」もしくは「自然と疎遠になる」知人が大量にいると気づくはず。 そこから数年かけて「 徐々に年賀状を減らす」方法もおすすめです。 80代以降の書き方 終活も仕上げに差しかかる80代。 年賀状じまいに最適なタイミングとしては、 ・ 80歳 傘寿(さんじゅ) ・ 81歳 半寿(はんじゅ) ・ 88歳 米寿(べいじゅ) ・ 90歳 卒寿(そつじゅ) ・ 99歳 白寿(はくじゅ) ・ 100歳 百寿(ひゃくじゅ・ももじゅ)、 紀寿(きじゅ) 以上のような 祝い年が挙げられます。 祝い年が年賀状の文面にあるだけで、断りのハガキとして理由付けは十分。 ご高齢の方から年賀状じまいを宣言されても失礼には当たりませんし、むしろ終活の嗜みとして評価する声も多く聞かれます。 例文D(全文のテンプレート) 謹んで新年のお祝いを申し上げます。 旧年中は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございました。 おかげ様で家族共々、元気に過ごしております。 しかしながら、私も齢八十となり毎年の年賀状をしたためるのも難しくなって参りました。 つきましては、新年のご挨拶状は本年限りで最後とさせて頂きたく存じます。 体調に特段の支障があるわけではございませんので、近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。 今後も変わらぬお付き合いのほどよろしくお願い申しげます。 年賀状じまいの理由についての例文6種類 齢八十の傘寿となった本年をもちまして、どなた様とも年始のご挨拶は最後とさせて頂きたく~ 私も米寿を目前に控え、従来通りの挨拶も難しくなって参りましたため~ そろそろ年齢による衰えも実感される頃となりました。 よって誠に恐縮ではございますが~ 恥ずかしながら自身で筆を執ることも難しく、家族に迷惑をかけております。 今後のご挨拶は~ おかげさまで健康に過ごしております。 しかしながら高齢のため、毎年の年賀状をしたためるのも~ 世にいう「終活」を始めた本年を機に、年賀状でのご挨拶は失礼させて頂きます 家族の代筆という形をとる場合の例文6種類 ご高齢の方の年賀状は、家族が代筆している例も多いです。 その場合は当人に代わって、断りのハガキもご家族の方が送付して問題ありません。 ただし、ご家族で代筆すると健康状態に対する懸念を持たれやすいので、 当人が健在である旨は念のため強調しておくと無難です。 その際の文面としては、 当人はまだまだ健在でございますが、齢も八十を迎えました。 つきましては今年限りで~ 母は至って健康で悠々自適の毎日を送っております。 しかしながら高齢のため筆をとることは難しく~ おかげ様で父は足腰も達者で、毎日の散歩も欠かすことなく健やかに暮らしておりますが~ (暮らしぶりを具体的に書くと、より丁寧な近況報告となります) 以上のような一言を書き添えると、無用の憶測を招かずに済みます。 つきましては~ 持病のせいもあって、自身でのご挨拶が難しくなってまいりましたため、今後のご挨拶については~ 上記のような文面を書き添えましょう。 ただ、このままだと必要以上に心配をかけてしまう恐れもあるので、 「しかしながら容態は安定しており」 「日頃の暮らしに特段の支障はなく」 という風な一言を末尾に添えておくと良いでしょう。 失礼のない文面&書き方のコツ 文字数は150~200文字。 可能であれば長文で 年賀状の文面は、古くからの定型文が基本。 ごくシンプルな内容で問題ありません。 「オリジナリティ」「個性」は不要です。 ただし、あまりに短文なものは「手抜き」と受け取られる可能性も。 終活年賀状は、来年から挨拶を失礼する「 断りのハガキ」です。 例年の年賀状より多くの言葉を尽くして、丁寧にその旨を伝えましょう。 一般的な年賀状の文字数は80~100文字前後。 目上の方には少なくとも「ひとこと」は手書きで。 例文6種類 終活年賀状に限らず、年賀状のテキストは印刷が主流となっています。 疎遠な相手については「印刷したテキストのみ」で送付する方も珍しくありません。 しかし目上の方に対しては、失礼のないよう直筆で「 ひとこと」だけ書き添えた方が無難。 必ずしも長文を書く必要はないので、 「8~9割は印刷」「1~2割は手書き」 くらいの配分でまとめると良いでしょう。 「 最も伝えいたいこと」を1~2行程度でまとめましょう。 断りの文面はテキストのサイズを小さくするのもおすすめ 年賀状をやめるという宣言は、文面を「 目立たないようにする」書き方もおすすめです。 例年の挨拶に加えて、末尾に「小さなテキストで書き添える」形でも問題ありません。 終活や年賀状じまいは、あくまで「私事」。 目立たないようにするのが作法に則った形式でもあります。 代替案として提示するメールアドレス、ID、電話番号なども小さな文字でOK。 年賀状は「挨拶」が主たる目的であり、その他の文面は「備考」です。 テキストの大小も主旨に合わせて調節しましょう。 句読点を省くべき?厳密に注意する必要はない 年賀状は「句読点をつけない」書き方が本来のマナー。 古くからの慣習です。 実際にご高齢の方の中には、 「年賀状の文面に句読点をつけるのは正しくない」 「終わりを意味する句読点は縁起が悪い」 という風に捉える方もいます。 とはいえ、ネット上では「特に気にしない」との意見が大勢を占めています。 最近では専門業者の発行する年賀状にも、句読点を含む文面が少なくありません。 「句読点があると失礼」というほど厳密なマナーではないので、特に気にする必要はないでしょう。 直筆で「ひとこと」は必須 40代~50代は「家族」「節目」などを理由に。 「自然消滅」もおすすめ 60代~70代は「祝い年」「退職」「終活」などを断りの理由に 80代以降は「祝い年」「高齢」「終活」「健康状態」などを理由に。 「家族の代筆」もOK できるだけ長文を。 150~200文字あれば無難 目上の人には1~2割くらい手書きで「ひとこと」を添える 断りの文面は、目立たないようテキストを小さくするのもおすすめ 「句読点を書くと失礼」という作法は廃れつつある。

次の