魔女 宅 ウルスラ。 魔女の宅急便の絵描きの女の子の名前はウルスラ!年齢と性格やキキに与えた影響についても

魔女の宅急便のウルスラはキキと声優が同じ?セリフの深い意味・名言を考察

魔女 宅 ウルスラ

魔女の宅急便の魔女の血で飛ぶの台詞の意味 タンクトップ増えたから魔女の宅急便のウルスラできるよねぇ。 よくよくみたら、この前追加された木のパーティション使ってるなあ、この家。 誰か再現しないかな? — さいさー SizeriaA このセリフは、主人公のキキがウルスラと会話している中で出てくるものです。 キキは魔女の母親から生まれ、13歳になったときに魔女の掟にしたがい、とある港町でひとりだちの修行をすることになります。 魔女といっても空を飛ぶことしかできないキキは、空を飛んでお届け物をする「魔女の宅急便」を仕事として始め、その中で絵描きの少女、ウルスラと出会うのです。 ウルスラは森の中でひとりで絵を描いている、ちょっと変わり者の19歳。 少し年の離れたお姉さんといった存在で、しっかり者のところもあり、キキにとっては大切な友達となります。 キキは物語の途中で魔法の力をうしない、空を飛べなくなってしまいます。 そんなキキをウルスラは励まし、いろいろなアドバイスをくれるのです。 (ここのシーンは、ウルスラのアトリエでいっしょに泊まり、才能のことや将来について女の子同士で語り合うという、ちょっと良い場面です) ウルスラ「魔法ってさ、呪文を唱えるんじゃないんだね」 キキ「うん。 血で飛ぶんだって」 ウルスラ「魔女の血か・・・。 いいね。 私、そういうの好きよ。 魔女の血、絵描きの血、パン職人の血。 神様か誰かがくれた力なんだよね。 おかげで苦労もするけどさ」 ウルスラの独特の感性を感じるセリフですが、とても印象的ですよね。 この「魔女の宅急便」では、魔女は特別な存在ではなく、職業のひとつのようなもので、魔法も誰もが持つ才能のひとつという位置づけになっています。 ウルスラのセリフでは「魔女」「絵描き」「パン職人」の「血」と表現されていますが、それも「神様か誰かがくれたもの」=「才能」と呼べる力なのかもしれません。 キキには魔女の「血」=「才能」があるように、誰にも平等に「神様か誰かがくれた力」=「才能」があるということ、そしてそのために苦労することもあるけれど、あきらめることはないよというメッセージのような気がします。 魔女の宅急便ウルスラの名言 ウルスラの名言:描いて、描いて、描きまくる ウルスラはほかにも、飛べなくなったキキに「ジタバタするしかない」というアドバイスもくれます。 絵が描けなくなるスランプも経験したことのあるウルスラならではの台詞です。 そういう時はジタバタするしかないよ。 描いて、描いて、描きまくる。 ウルスラの名言:そのうちに急に描きたくなるんだよ それでもダメだったら?と問いかけるキキに、 描くのをやめる。 散歩したり景色を見たり、昼寝したり何もしない。 そのうちに急に描きたくなるんだよ ジタバタしたあと、それでも飛べないままだったら・・・と不安がるキキですが、この言葉で少し安心できたかもしれませんね。 自分の中の力=「魔女の血」を信じて、キキは飛ぶ練習をするのをやめ、お休み期間に入ります。 そしてウルスラの言ったとおり、仲良しの男の子トンボのピンチ(飛行船のロープに捕まったまま空へ!)にキキはふたたび魔法の力を取り戻し、無事トンボを助けることができたのです。 このシーンは、「神様か誰かがくれたもの」=「魔女の血」が大好きな友達の危機を救うという、とても感動的な場面となっています。 子供の頃は「血で飛ぶ」という言葉に少しうらやましさもあったのですが、今見てみると、「空を飛ぶ血」は持っていなくても、誰にでも「神様か誰かがくれたもの」があるんだよ、というあたたかいメッセージを感じることができますね。 まとめ 「魔女は血で飛ぶ」という印象的な台詞の意味は、魔女の血=神様か誰かがくれた才能のようなもの。 ウルスラのセリフでは「魔女」「絵描き」「パン職人」の「血」と表現されている。 ウルスラは他にも飛べなくなったキキに「そういう時はジタバタするしかないよ。 描いて、描いて、描きまくる。 」「描くのをやめる。 散歩したり景色を見たり、昼寝したり何もしない。 そのうちに急に描きたくなるんだよ」とアドバイスをする。 ウルスラの言葉のおかげで、キキは一時お休み期間に入り、ラストはまた飛ぶことができるようになる。

次の

魔女の宅急便「魔女の血で飛ぶ」台詞の意味とは?ウルスラの名言についても

魔女 宅 ウルスラ

Contents• ジブリアニメ冒頭の部分で、キキの母・コキリのところへ薬をもらいに来ている老婦人。 実はこの婦人が別の作品に出ているある人物と同一ではないかという噂があるのだが・・・。 老婦人にあいあさつするキキの言葉に注目 最初はコキリと老婦人が魔女のことについて話している。 キキは草むらでラジオを聞きながら空を眺めている。 ラジオの天気予報を聞いたキキは、母の元へ駆け込んで旅立ちの日を今夜にすると突然言い始める。 この時、明るくて礼儀正しいキキはそこにいた老婦人に対してきちんとあいさつをする。 「ドーラさん、こんにちは」 ジブリファンでこれに気がついた視聴者は間違いなく巻き戻してもう一度聞くだろう。 そう、この老婦人の名前は「ドーラ」なのだ。 もちろん、ドーラとは同じくジブリアニメの名作「天空の城ラピュタ」に登場する空賊の女ボスと同じ名前である。 二人のドーラは同一人物なのか? 「天空の城ラピュタ」が公開されたのはは1986年、そして「魔女の宅急便」が公開されたのは1989年であり、この二つの作品の間は三年間でわりと近い時期に作られた作品。 同じ事務所からの作品で、それも近い時期に作られたものの中で同一の名前のキャラクターが登場するというのは非常に珍しい。 しかも、なかなか気が付きにくい裏設定が多く隠されているジブリ作品ともなると、これには何か意味があるのではないかと勘ぐる視聴者も少なくはないだろう。 それも、同一の名前で性別が同じともなると、何か繋がりがあるのではないか?それどころかこの二人は同一の人物という設定なのではないか?という見方がされやすい。 二人のドーラを比較 「魔女の宅急便」のドーラ 容姿 背中は曲がり、身長は低め。 キキやコキリに対していつも優しい言葉をかけてくれる。 年齢 70代?(推定) メガネをかけて、つえを持って座っているため、それなりに高齢のお方だと思われる。 性格 いつも笑顔で、コキリやキキに対し優しい言葉をかけてくれる。 「天空の城ラピュタ」のドーラ 容姿 ギョロ目で鼻が高く、シワが多い。 女性のわりに体格がよく、身長も低くはない。 年齢 50代?(推定) 背筋も伸びて体はよく動き、ドーラ一家の中で一番の瞬足。 性格 やることは男顔負けなほど豪快で、目的のために突っ走るタイプ。 盗みを働く空賊だが、人情に厚く、仲間たちの面倒見はいい。 見かけによらず女心を忘れてはいない。 二人の比較のポイントはざっとこんなものだろう。 年齢は二人とも作中で明かされることはないので、あくまで推定ではありますが、これくらいの年齢差があるのではないかと思われます。 年齢差と作品の時系列はぴったり? 「天空の城ラピュタ」と「魔女の宅急便」それぞれの世界を見てみると、「天空の城ラピュタ」よりも「魔女の宅急便」の世界のほうがはるかに文明が発達していることがわかる。 ということは、「魔女の宅急便」に登場する老婦人・ドーラが「天空の城ラピュタ」の空賊・ドーラと同一でも時系列的には間違ってはいない。 さらに、その文明の進み具合から見ても、20年もあればそれくらい発達していてもおかしくはなく、むしろちょうどいいくらいかもしれない。 また、これには別の見方もあり、老婦人・ドーラは空賊・ドーラの子孫ではないかとも噂されている。 だが、はっきり言ってこの説は無理があるだろう。 「天空の城ラピュタ」と「魔女の宅急便」の二つの世界の文化を比較すると、ある程度は発展はしていても、そこまで何十年もの差があるようには思えない。 発展の具合から見て、子孫というほど時間が経過しているわけではなく、ちょうど10年、20年くらい経過したくらいかなといった感じなので、「ドーラの子孫説」は「ドーラ同一人物説」よりも信憑性の劣る話になってしまう。 二人の容姿は似ているのか? 空賊・ドーラは鼻が高くて体格がいい。 そして、老婦人・ドーラは、高齢という表現で小さく見えるように描かれているかもしれないが、わりと小柄に見える。 この二人のキャラクターの容姿は、見え方に個人差があるとしても、あまり似ているとは思えない。 故に、同一の人物だという見方には少々無理があると言える。 ドーラの性格の違い 次は二人のドーラの性格を比較してみよう。 老婦人・ドーラは、登場シーンが少ないが、序盤と終盤に同じようなシチュエーションで登場する。 キキの母・コキリのところへ訪れ、薬ができるまで座ってニコニコしながら笑顔で話している。 一方で、空賊・ドーラは登場シーンも多く、非常にインパクトの強いキャラクターなのでわかりやすい。 誰よりも強欲で、男顔負けなほど何をやっても豪快。 実際にこのような女性には会いたくはないものだが、ここまでやることが豪快だと逆に気持ちいいくらい。 それでいながら、人情に厚く女心も理解してくれるいわゆるカッコイイ大人だ。 この空賊・ドーラが同じ街の少女を「キキちゃん」などと呼ぶような高貴な老婦人になるのだろうか? 確かに、人間は年をとれば性格は丸くなり、人に対して優しくなっていくもの。 体にもあちこちガタが来て、容姿も変わっていく。 にしてもだ、さすがにあのドーラがこの老婦人と同一の人物だとは考えにくい。 それに、あの性格だからこそ、憎めないドーラ。 ちょっと怖い気もするけど嫌いになれない個性的キャラクターであるドーラが、年をとって老婦人のようになるのは少々残念な気持ちになる。 そうであってはほしくない、空賊ドーラはあの性格だからこそドーラなわけであって、いくつになっても自分のスタイルを貫く人だと信じている。 少々希望的意見ではあるが、この二人のドーラは同じ名前、同じ性別であっても別人であってほしい。 まとめ 今回は、「魔女の宅急便」「天空の城ラピュタ」の二つの作品に登場する同じ名前のキャラクター、ドーラとドーラについて考察してみました。 作品に対する主観は人それぞれであり、特にジブリの作品というのは多くを語らずに沢山のことを伝えるような表現が多いです。 確かに、同じ名前のキャラクターが登場することで、誰しも想像することは何かの関連性ですが、この件については同一人物という設定ではないように思う。 , ,.

次の

「魔女の宅急便」にドーラが出ている?空賊と同一人物!?

魔女 宅 ウルスラ

この項目では、児童書および関連作品について説明しています。 アニメ映画については「」をご覧ください。 『 魔女の宅急便』(まじょのたっきゅうびん)とはによる児童書()である。 監督によってに同名でアニメ映画化された。 また2014年、監督により実写映画化された(主演・、)。 シリーズ1作目『魔女の宅急便』は、主人公の キキが親元を離れ、知らない町でとして一人立ちする姿を描く。 オリジナルはからにかけて『』に連載された。 その後シリーズ化されており、から刊行されている。 表紙画、挿画は第1巻が、第2巻が、第3 - 6巻はがそれぞれ手がけた。 、、、版も出版されている。 2009年10月、最終巻『魔女の宅急便その6 それぞれの旅立ち』が刊行され、24年に亘って描かれた同シリーズは完結した。 その後『魔女の宅急便特別編』として2冊が刊行されている。 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2016年6月)() 13歳で旅立ちをするという魔女の掟があり、魔女であるキキは旅立つ事になった。 そして満月の夜、キキは旅立っていった。 最初は余裕でいたキキだったが街の人の態度にびっくり。 キキはこの街でうまくやれるのだろうか…!? 登場人物 [ ] キキ 本作の主人公。 魔女と普通の人間の間に生まれた少女。 10歳を過ぎた頃に魔女として生きることを決意したため、しきたりに則って13歳の春の満月の夜、魔女の住んでいない町で独り立ちすべく相棒の黒猫ジジと共に旅立った。 最初に着いたコリコの町で人々のキキに対する反応が冷たいことに戸惑うが、ふとしたきっかけから定住を決める。 その後グーチョキパン屋というパン屋に居候し、粉置き場を改装して「魔女の宅急便」を開業。 様々な出来事を経験しながら魔女として、1人の少女として成長していく。 生まれ。 15歳までは飛ぶことしかできなかったが、母コキリに習ってくしゃみの薬も作れるようになる。 ジジ キキの相棒の。 キキと同じ時期に生まれた。 キキの魔法で会話しているが、キキ以外の人間とは会話できない。 キキの魔法力が弱まると会話ができなくなる。 オキノ キキの父親。 普通の人間で、民俗学者。 妖精や魔女の伝説や民話について研究している。 コキリ キキの母親。 古い血筋の魔女。 ほうきに乗って空を飛ぶことの他に「くしゃみの薬」 を作る魔法を受け継いでいる。 おソノ グーチョキパン屋のおかみさん。 コリコの町に着いたばかりで泊まる所もなく、1人途方に暮れていたキキをパン屋に居候させる。 キキが来た直後にノノちゃんという女の赤ちゃんを出産する。 おソノさんのだんなさん パン職人。 フクオという名前だが、名前は4巻まで出てこない。 トンボ 飛行クラブに所属するメガネの少年。 キキより1歳年上で、「トンボさん」と呼ばれている。 飛行クラブはじゅうたんや箒など非科学的な物で飛ぶ方法を研究していたが、これらの研究が失敗に終わったため 、15歳の夏に科学的な飛行を行ったのを最後に、からに転向し、17歳の秋から21歳の春までの3年半、コリコの西のナルナの技術学校 でを専攻し、卒業後はコリコに戻り中学校の生物教師となる。 5巻と6巻の間でキキと結婚し、ニニとトトという双子が生まれる。 ニニとトト 生まれ。 キキととんぼの子供。 6巻の主人公。 ニニの相棒の猫はブブ、トトの相棒の猫はベベ。 書誌情報 [ ]• 魔女の宅急便• 福音館文庫版 初版発行。 版 初版発行。 魔女の宅急便その2 キキと新しい魔法• 初版発行。。 福音館文庫版 初版発行。 角川文庫版 2013年初版発行。 魔女の宅急便その3 キキともうひとりの魔女• 初版発行。。 福音館文庫版 初版発行。 角川文庫版 2013年初版発行。 魔女の宅急便その4 キキの恋• 初版発行。。 福音館文庫版 初版発行。 角川文庫版 2013年初版発行。 魔女の宅急便その5 魔法の止まり木• 初版発行。。 福音館文庫版 2013年初版発行。 角川文庫版 2013年初版発行。 魔女の宅急便その6 それぞれの旅立ち• 初版発行。。 福音館文庫版 2013年初版発行。 角川文庫版 2013年初版発行。 魔女の宅急便特別編 キキに出会った人びと• 初版発行。。 魔女の宅急便特別編その2 キキとジジ• 初版発行。。 アニメ映画 [ ] 詳細は「」を参照 本作の第1巻の前半部分を原作として制作された、1989年のアニメ映画。 童話ならではのファンタジー性が濃い作風である原作から一転し、主人公キキの持つ魔女由来の飛行能力をあくまで「人が持つ特技の一種」として位置づけ、少女が特技を活かして独り立ちをしていくという現実的な視点に立った作風に描いている。 スタジオジブリとして4作目にあたる映画であり、観客動員数はの77万人、/の80万人から、魔女の宅急便は264万人となり、スタジオジブリの知名度と人気を一挙に押し上げた作品である。 角野はアニメ映画化に際し、当初は唯一の注文として「キキが旅立つ時にキキの故郷の木に付けられていたを鳴らすこと」のみを求めていた。 その後制作が進むに連れ内容が大きく変わることに否定的になったが、宮崎と角野が数回対談し解決した。 舞台 [ ] 1993年 - 1996年版 [ ] 脚本、演出、音楽によるミュージカル作品が上演された。 1993年:キキ役は、トンボ役は。 トンボ役はで年内続演された。 :キキ役を、、トンボ役は、のダブルキャストで再演。 :キキ役は、トンボ役は坂本昌行、、で再々演がなされている。 2016年版 [ ] 2016年に劇場アニメ『』の舞台化作品が、ので12月8日から2017年1月8日まで上演。 監督は、脚色は。 2017年 - 2018年版 [ ] 、の脚本・演出による新たなミュージカル版を上演。 キキ役は、トンボ役は()。 期間:2017年6月1日 - 6月4日(東京公演)、8月31日 - 9月3日(大阪公演)• 会場:・中劇場、シアター・ドラマシティ• 主催:アークスインターナショナル、(東京公演のみ)、(大阪公演のみ) には、キキ役は、トンボ役は()で再演される。 期間:2018年6月15日 - 6月24日(東京公演)、7月4日 - 7月5日(大阪公演)• 会場:新国立劇場・中劇場、大阪(ホテルメルパルク大阪) 実写映画 [ ] 魔女の宅急便 監督 脚本 清水崇 原作 角野栄子 製作 梅川治男 製作総指揮 森重晃 修健 ナレーター 出演者 音楽 主題歌 「」 撮影 編集 高橋歩 製作会社 「魔女の宅急便」フィルムパートナーズ 配給 Edko Films Golden Village Pictures Sky Films Aurum Producciones Njutafilms Another World Entertainment Arthaus Liberation Films 公開 2014年 2014年 2014年 2014年 2015年 2015年 2015年 上映時間 108分 製作国 言語 日本語 興行収入 5. 3億円 公開の実写版。 アニメ版のリメイクではなく、原作の第1巻・第2巻を基とした実写化であり 、全編を通して原作者のがナレーションを担当、もしている。 キャスト [ ]• とんぼ -• おソノ -• フクオ -• すみれ -• ナヅル -• 園長 -• モリオ -• アッチ -• ジジ(声) -• タカミ・カラ -• ナツメ -• マル -• ミズミ -• サキ -• タカ -• トン -• ミル -• サリ - 戸部日菜子(乳児期:藤塚菫)• イズ -• モーラ - 原扶貴子• シギ -• ユーリ -• カジカ -• ミア -• タスケ - 松下太亮• ゴジ - 大田康太郎• ワラビ - 藤井俊輔• ノノ - 高本華瑠• ラジオDJ -• コリコの町の子供たち - 小野田翔空• イシ先生 -• オキノ -• コキリ - 製作 [ ] 正式な制作発表に先立ち、2013年4月11日、スタジオジブリのアニメ作品を元とした実写リメイク映画が企画されていると一部で報道されたが、スタジオジブリ側はこれを否定し、実写作品の製作には関わっていないことを表明している。 その後、同年4月24日にアニメではなく大元の小説を原作とする実写映画版が『』などを手がけた清水崇の監督で制作されることと、主演が制作当時16歳の小芝風花であることが発表された。 小芝にとっては初主演作品となる。 プロデューサーの森重晃は、清水起用の理由を、他の数名の監督候補と比較して、作品に対するの高さと、ホラー映画での使用のセンスなどを評価したためとしている。 制作にあたり、監督の清水は、世界的に評価されているアニメ版により、大衆のイメージが固まっている中で実写版に挑戦することは「無謀」であるとしながらも「だからこそ挑戦したい」といい、映画オリジナルの世界観を時間をかけて見出したと語っている。 小芝は500人以上が参加したによって選ばれている。 キャスティングに対してはインターネットを中心に議論が起き、一部の者が小芝のブログに批判を書きこんだこともあった。 小芝の演じるキキのビジュアルは、清水のアイデアにより「野生児」っぽさをイメージして、切りっぱなしに見える髪型を採用している。 撮影は同年5月23日からで開始され 、キキの実家などをスタジオ撮影しているほか 、5月30日よりのにて、の雰囲気を持つ場所にオープンセットを設置してのが行われている。 6月7日に行われたロケ現場のマスコミ公開には原作者の角野も訪れ、実写化については自らも望んでいたことであるといって、アニメやミュージカル化などを含めて「いろいろなキキがあっていいと思います」とコメントし、実写化ならではのドラマティックな解釈に期待を寄せた。 小芝のキキについても「イメージ通り」「今まで生身のキキを見たいとずっと思っていました」という感想を述べている。 なお、本作制作の数年前には原作を基としたによる実写映画化の企画があったが、実現しなかったことが明らかになっている。 スタッフ [ ]• 原作 - 角野栄子『魔女の宅急便』(角川文庫刊・福音館書店刊)• 監督 -• 脚本 - 、清水崇• 音楽 -• 企画 - 小川富子• エグゼクティブプロデューサー - 森重晃、修健• プロデューサー - 梅川治男• ラインプロデューサー - 梶川信幸• 撮影 -• 美術 - 岩城南海子、• VFXスーパーバイザー -• 照明 - 金子康博• 録音 - 深田晃• 編集 - 高橋歩• 音響効果 -• 配給 -• 企画 - スペースポンド• 製作プロダクション - ステューディオスリー• - 「魔女の宅急便」フィルムパートナーズ(ステューディオスリー、東映、北京泰楽国際文化発展、、、、、、、、こだま印刷、、MY Promotion、) 備考 [ ]• スタジオジブリによるアニメーション版の世界観は「第二次世界大戦を経験しなかったヨーロッパの何処かの国」という設定であったが、本作では「魔女の存在が信じられている東洋の何処かの国」という設定になっている。 作中では漢字・ひらがな・カタカナで表記された日本語が多く登場するほか、クリーニング屋の「すみれ」など、日本人風の名前を持つ登場人物が多々存在し、出演している俳優陣も全て日本人で占められているため「日本のような国」ということになっているが、劇中設定ではあくまでも日本ではないとしている。 原作者の角野栄子が自ら本作のナレーションを担当している。 封切り [ ] 日本公開では全国281スクリーンで封切られ、2014年3月1日・2日の初週2日間の成績は動員11万6,857人、興収1億2,766万300円で全国映画動員ランキング(調べ)3位を記録。 ファミリー層をはじめとする幅広い観客を集め、大人6に対し子供4、男女比は4対6で、子供層では特に女児に訴求した結果となった。 日本以外では、2014年4月17日に、同年6月に、同年10月にで公開されるほか、、、、でも公開が予定されている。 評価 [ ] 受賞 [ ] 2014年度• 新人賞 -• 新人女優賞(小森和子賞) - 小芝風花 関連商品 [ ]• 書籍 - 2014年2月7日発売。 「魔女の宅急便 魔女レシピ〜キキになれるかな〜」というタイトルで、小芝風花のフォトブックとなっている。 DVD - 2014年9月19日発売。 Blu-ray版およびDVD版の2種類。 セル版の特典映像にはメイキング映像や映画公開前後のプロモーション風景、タカミ・カラが劇中で歌う「VOICE」のMVが納められている。 アニメCM [ ] の「」のテレビCMシリーズ『HUNGRY DAYS』第1弾として、本作品を翻案する形で作成された。 「もしキキがこの現代で17歳の女子高校生になって高校生活を送っていたら?」というコンセプトの元、に住む高校生のキキとトンボの恋愛模様を描いており、キャラクターデザインをが担当、CMソングとしてがオリジナル楽曲「記念撮影」を提供している。 ストーリー(アニメCM) [ ] 横浜で黒猫のジジと一緒に住む17歳の女子高生、キキ。 ある日、淡い恋心を抱く幼なじみのトンボが後輩の女子に告白されるのを見かけてしまう。 心がざわつき、トンボと過ごした日々がフラッシュバックした刹那、キキは意を決する。 声の出演(アニメCM) [ ]• キキ -• トンボ - スタッフ(アニメCM) [ ]• 原作 - 「魔女の宅急便」角野栄子• キャラクターデザイン - 窪之内英策• 音楽 - 「記念撮影」• ECD - 木下一郎・斎藤和典• クリエーティブディレクター・企画・コピー - 佐藤雄介• アートディレクター・企画 - 瀬尾大• コピーライター - 佐藤舞葉• 監督 -• 原画・作画監督 - 高橋裕一• 演出 - 曽我準• 美術監督 - 竹田悠介• 色彩設計 - 永井留美子• 撮影監督 - 山田和弘• 撮影監督補佐 - 田中直子• 3DCG - 鈴木知美• 動画検査 - 金子由紀江• プロデューサー - 大松裕• 制作 - 松永まり恵• 制作協力 - モギシンゴ• アニメーション制作 -• TVCM制作• プロデューサー - 早坂匡裕• プロダクションマネージャー - 森下大• VFX Artist - 佐々木賢一• ミキサー - 綾城重理人• 音響効果 - 中村佳央• グラフィック制作• グラフィックデザイナー - 吉田順一 商標 [ ] まず、書籍の題号は、登録としては扱っていないため対象外である。 そして、では「魔女の宅急便」と「」を異なる言葉として扱っていて、「宅急便」の方はヤマトホールディングス株式会社が1979年4月27日 に登録して、「魔女の宅急便」の方は株式会社スタジオジブリが1992年10月30日 に登録している。 タイトルが「の権に触れて問題になった」と一部で話題になった。 原作者の角野栄子が第1作刊行時に宅急便はヤマト運輸の登録商標である事を知らなかったためである。 [ ]アニメ映画化に至って、このアニメをそのままヤマト運輸のにした物も作られている。 脚注 [ ] []• 2013年4月24日. 2013年5月9日閲覧。 第1巻10 - 11頁参照。 なおキキの誕生日はであることが第5巻249頁で明らかになっている。 第5巻第6-8章で実際に発生している。 化学的に考えると、くしゃみを誘発する、などのいわゆる「くしゃみガス」の解毒剤と考えてもよい。 第1巻114頁でキキがとんぼさんにこれら研究が絶対に成功しないことを裏付けるセリフを残している。 第3巻313頁に進学先が、第4巻25・183頁に都市名とコリコからの方角が記載されている。 『宮崎駿全書』フィルムアート社、2006年• com. 2016年8月29日. 2016年8月30日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年2月10日. 2017年2月10日閲覧。 ステージナタリー ナターシャ. 2018年3月31日. 2018年3月31日閲覧。 (リュミエール・データベース). 2020年6月3日閲覧。 (Company Credits). 2020年6月3日閲覧。 (Release Info). 2020年6月3日閲覧。 『』2015年3月下旬 映画業界決算特別号、92頁。 シネマトゥデイ. 2013年6月10日閲覧。 2013年6月10日. 2013年6月10日閲覧。 シネマトゥデイ 2014年1月16日. 2014年10月29日閲覧。 シネマトゥデイ. 2013年6月10日閲覧。 シネマトゥデイ. 2013年6月10日閲覧。 シネマトゥデイ. 2013年6月10日閲覧。 シネマトゥデイ. 2013年6月10日閲覧。 この段落の出典。 壬生智裕 2014年3月4日. シネマトゥデイ. 2014年3月4日閲覧。 2014年3月1日. 2014年3月1日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年1月23日. 2015年1月23日閲覧。 モデルプレス 2015年5月28日. 2016年3月20日閲覧。 ,ORICON NEWS,2017年6月19日• 外部リンク [ ]• majotakumovie -• - (英語)• ミュージカル• 2017年版.

次の