宇宙 刑事 ギャバン op。 宇宙刑事ギャバンBlu

「宇宙刑事ギャバン」のOP映像が一部モザイク処理されているの...

宇宙 刑事 ギャバン op

宇宙刑事ギャバンの最終話 ナレーション「ギャバンは、父ボイサーの遺骨を母と一緒の墓に埋葬した」 ミミー「折角巡り会えたのに、すぐこんなことになるなんて」 烈「いや、父さんは生きている。 母さんも生きている。 俺の胸の中でな」 ミミーは静かにうなづく 墓を後にすると野良犬が現れる ミミー「あら?かわいそうに捨て犬だわ。 よしよし」 烈「どうしたんだ?お前も一人ぼっちか。 ははは。 俺が仲間になってやるからな。 ほら、よいしょ」 その影で ホラーガール「鷹は飛び立った」 謎のトラックが動き出す ドンホラーの首 その頃アバロン乗馬クラブ 豪介「よいしょ」 しばらく歩いて 豪介「おい、月子。 烈はどうした、烈は?」 月子「あ、ちょっと出掛けてます」 豪介「いたかと思えばすぐ姿を消す。 儂はあいつがまともに1日働いたの見たことない。 クビだ。 もう」 そのトラックが乗馬クラブを襲いに来た 豪介「何だ、何だ?」 喉元に銃を突きつけ次々と身柄を押さえる 小次郎がタイミング悪くバイクで帰ってくる 小次郎「烈ちゃん、烈ちゃん。 いたか、烈ちゃん。 あーっ、やったやった。 UFOの決定的写真を撮ったんだこりゃあね、気球なんかじゃありませんよ」 当然、捕まってしまう 小次郎「ピストル!?うわーっ!」 烈が乗馬クラブに到着する 烈「さあ、着いたぞ」 人がいない事を不審に思いしばらくさがすとメッセージを見つける 烈「人質を助けたければ大岩山に来い!サンドルバ」 それに従い、大岩山に直行する すると乗馬クラブの人達が磔にされていた わかば「助けて!」 陽一「助けて!」 豪介「どうなちゃったんだ、これは?」 そこへギャバンは現れる ギャバン「サイバリアン、レーザースピード!」 攻撃を掻い潜り、人質の前に着く 小次郎「おお」 ギャバン「レーザーZビーム!」 サンドルバ「おのれ、皆殺しだ、殺れ!」 既に人質は解放済みだった ギャバン「さあ、早く!」 小次郎「ギャバン、ありがとう」 ギャバン「さあ、急いで!」 陽一「ギャバン!」 わかば「宇宙刑事よ!」 豪介「陽一! 小次郎「陽一、早く!」 豪介「もたもたするな!」 ギャバン「行くぞ!」 ギャバンとサンドルバが戦い始める 魔女キバ「おい、倅や。 無茶をしてはいかん。 お前はマクーのプリンスじゃ。 大事な体なんじゃぞ。 ゲバゲバ・・・」 サンドルバを逃がす ギャバン「はっ、しまった!」 マクーの基地 ドンホラー「おいさんをさらわれX計画も水泡に帰した。 そしてまた人質をとりながらまた逆転されおめおめと帰ってくるとは。 立ち去れ!マクー城から立ち去れ!」 サンドルバ「何ですと?」 ドンホラー「今日限り親子の縁を切る!」 サンドルバ「そんな!」 ドンホラー「早く立ち去れ!さもないと!」 サンドルバ「分かりました、出て行きます」 魔女キバ「これ、倅や。 この城を出てどこへ行くつもりじゃ?」 サンドルバ「銀河中を暴れまわってやる」 魔女キバ「みんながお前をちやほやしたのはお前がドンホラーの息子だったからじゃ。 お前が勘当されたとあっては誰も相手にしてくれまい。 それこそ、宇宙の風は冷たいぞ」 サンドルバ「どうすればいいんだ、キバ?」 魔女キバ「うーん・・・そうじゃ、一つだけ方法がある」 サンドルバ「どんな方法だ?」 魔女「ギャバンめとドンホラーを戦わせるのじゃ」 サンドルバ「ギャバンと父上と?」 魔女キバ「うまく相討ちになったら、天下はお前のもの。 その作戦はじゃな・・・」 ドンホラー「何だと、もう一度申してみよ!」 サンドルバ「富士山麓に超次元高速機ドルギランのポートがあります。 そこへマクー城を突っ込ませ一気に押し潰す。 蒸着する間も与えず」 魔女キバ「たとえギャバンが逃げたとしてもドルギランはぺしゃんこ。 つまり、未来兵器は一切使えなくなってしまう」 サンドルバ「後は魔空空間に引きずり込みとどめを刺す」 ドンホラー「ふむ」 サンドルバ「ラストチャンス、ラストチャンスをください、父上!」 魔女キバ「どうぞ」 ドンホラー「よし、やってみろ」 サンドルバ「ありがとうございます、父上」 魔女キバ「お願い」 二人は邪悪なアイコンタクトをとる ギャバンの基地で警報が鳴る ミミー「ギャバン、どうしたの?」 烈「分からん。 ん?」 マクー城が現れる マリーン「これはマクー城です。 マクーの本部だわ」 ミミー「向かってくるわ」 烈「よし!」 ドルギランを起動させる 烈「レーザーサーチ!」 マクー城で ホラーガール「ギャバンがマクー城を攻撃しています」 魔女キバ「よし今だ、逃げろ」 ドンホラー「サンドルバ、キバ!お前達の企みが読めないと思ってか!」 サンドルバ「ち、父上。 お許しください」 ドンホラー「ギャバンを討て!それ以外お前の生きる道は無い!分かったか」 サンドルバ「はい」 一方 烈「よし、後は頼むぞ」 マリーン「はい」 烈「蒸着!」 サンドルバの前に姿を現す ギャバン「宇宙刑事ギャバン!」 サンドルバ「行くぞ!」 ギャバンとサンドルバの戦いが始まる ギャバン「スパイラルキック!」 ドンホラー「ギャバンを魔空空間に引きずり込め!」 ナレーション「マクーのドンホラーは地軸を操作して魔空空間と言う一種のブラックホールを作り出すことができるのだ」 ギャバン「サイバリアン!」 サンドルバ「今度こそ決着をつけてやる」 一見追い詰めたように見えたが ギャバン「うわーっ!」 剣を取り出す サンドルバを攻撃しようとすると ギャバン「ミミー!」 攻撃の手が止まってしまう ギャバン「陽一!」 正体はキバだった ギャバン「わかば!」 ナレーション「目前のわかばや陽一が魔女キバであることは知っている。 だが、ギャバンはそれに向かうことはなぜか出来なかった」 魔女キバ「長年の恨み、殺れ、殺れ!」 完全に翻弄される 魔女キバ「今じゃサンドルバ!」 ギャバン「うわーっ!」 ギャバンの脳裏に父ボイサーのことがよぎる ボイサー「ギャバン。 元気になったら一緒に戦おうな。 マクーと」 ギャバン「負けてたまるか!」 魔女キバ「最後のとどめじゃ、行け!」 ギャバンのピンチに助けに来たのはシャリバンだった サンドルバ「誰だ!」 シャリバン「宇宙刑事シャリバン!」 ギャバン「シャリバン?」 ギャバンは反撃する ギャバン「おう!ディメンジョンオン!」 サンドルバ「うおっ!」 ギャバン「スパイラルキック!」 魔女キバ「うわーっ!」 ギャバン「ギャバンキック!」 そして形成は逆転 ギャバン「レーザーZビーム!」 サンドルバ「おのれ!戦闘円盤出撃!」 ギャバン「ギャビオン!」 ギャビオンに乗り込む ギャバン「ギャビオン、GO!」 円盤を打ち落とし、再びサンドルバとの戦いになる サンドルバ「キバ!」 魔女キバ「キバキバイレババ」 ギャバン「レーザーブレード!」 魔女キバがギャバンの動きを封じる ギャバン「うわっ!」 投げたレーザーブレードが魔女キバに当たり動けるようになり、寸前でよける サンドルバ「キバ」 ギャバン「ギャバンダイナミック!」 サンドルバと魔女キバを倒し、マクー城に乗り込む ドンホラー「ギャバン、よくぞここまで来た」 ギャバン「貴様がマクーの首領、ドンホラーか」 ドンホラー「小僧」 ギャバン「ドンホラー、行くぞ!」 ドンホラー「お前達は下がれ。 一対一で勝負だ」 ギャバン「うわっ」 ドンホラー「どうだ、小僧」 拘束を断ち切り ギャバン「レーザーZビーム!」 ドンホラーは胴体を切り離し首だけで動いた レーザーブレードが当たると動きが静まり ギャバン「とどめだ!ギャバンダイナミック!」 ドンホラーを倒しマクー城は炎上する。 そして下っ端兵は全員巻添いに ナレーション「こうして、ドンホラーと共にマクーは滅びたのである」 ミミー「ギャバン!」 烈が振り向くとミミートマリーンがいた ミミ、マリーン「ギャバン!」 そしてコム長官とギャバンが先日助けた伊賀電がいた コム長官「紹介しよう。 今度地球地区を担当することになったシャリバンだ」 ギャバンのピンチに現れたシャリバンは電だった 烈「君は」 電「シャリバンです。 いつぞやはどうも」 烈「そうか、君が宇宙刑事に」 電「感謝しています。 危ないところを助けていただいて」 烈「いやあ、でもよかった。 仲間が一人増えたんだもんな」 電「頑張ります」 烈「ああ。 しかし長官、地球地区担当刑事は俺ですよ。 ギャバンです」 コム長官「君は銀河パトロール隊の隊長に昇進した」 烈「銀河パトロール隊?」 コム長官「地球のみならず太陽系全域を見てもらうことになった」 烈「えっ?」 マリーン「おめでとう、ギャバン」 ミミー「よかったわね」 烈「ああ」 電「これからもお世話になりますよ、隊長!」 烈「隊長?」 ミミー「あなたのことよ、ギャバン」 烈「ああ、俺だ」 ミミー「そう」 烈「よろしく、シャリバン」 電「はい、隊長」 二人は握手する コム長官「見ろよ、あの美しい星を」 ナレーション「宇宙刑事ギャバンは宇宙犯罪組織マクーの熾烈な戦いは、ようやくギャバンの勝利に終わった。 しかし、マクーが滅びてもまたいかなる悪の組織がこの美しい地球を狙わないとも限らない。 これからも頼むぞ、銀河パトロール隊隊長ギャバン。 そして宇宙刑事シャリバン」 おわり.

次の

宇宙刑事ギャバンBlu

宇宙 刑事 ギャバン op

歌や必殺技の名前なんかを意外と覚えてるもんです。 嬉々として見ていたら妻に白い目で見られましたが おっさんには最高の暇つぶしエンターテイメントです。 暑苦しい容姿の主人公も3話ほど見れば慣れてきてイケメンに見えてきます。 大丈夫だから続けて見よう! この昨今見られなくなった熱血タイプの主人公はやはり見ごたえがありますし、 CGが無い代わりにミニチュア爆破やカメラワークと編集で頑張っていて 大変迫力があり、子供が見飽きないようにできてます。 最近の特撮にちょいと見習ってほしい部分も。 改めて見てみると子供のころには気付かなかった部分も見えてきて面白いです。 魔空空間を発生させる度にショートしながら半壊する魔空城の設備と、どこで何の役に立ってるのか分からないデカイ歯車。 この機器にはインバーターの設置をオススメしたいのと、シャフトとモーターの規格が合ってないようなのでドン・ホラー様ぜひ交換を。 幹部であるハンターキラーはツメが甘くちょくちょく致命的なミスをするんですが、ドン・ホラー様は皆の前で罵倒しませんし厳しく咎めません。 しかもいい報告をしたときは素直に褒めてくれたりします。 中々羨ましい上司です。 うちの課長と替えて欲しい。 色々懐かしいマシンが出てきて欲しがった当時を思い出すも今回鑑賞して現実の壁にぶち当たりました 昔憧れてて大人になったら乗ろうと決めていたサイバリアンですが GS750Eがベースの大型バイクでして残念ながら中型二輪しか持ってないので乗れません。 ただ、ギャバンが乗ってるジムニーだけは家族の反対さえ押し切れば何とか叶えれそうです。 あと欲しかったのは火を噴いたり尻尾を打ち付けたりポケモンのようによく言うことを聞いてくれる『電子星獣ドルー』 鼻の先に立って操作するんですが(中に乗ればよかろうに)、結構首をブンブン振り回すので滑落の危険が常にあり乗れそうにありません。 本物の電子星獣ドルーを手に入れる夢は若干無理があるので諦めました。 本当は将来宇宙刑事になりたかったんですが、今や年齢制限に掛かって難しそうです。 残念です。 あれ?なにこれ途中から想い出話に変わってる・・・・.

次の

海賊戦隊ゴーカイジャーvs宇宙刑事ギャバン感想

宇宙 刑事 ギャバン op

NHK番組表・トップページ 東京の番組表 トップページ このサイトはラジオとテレビの1週間先までの番組表と、過去8日分の番組表をご覧になることができます。 このページでは、お知らせ情報、おすすめ情報、番組表を見るためのナビゲーション(チャンネルの選択、ジャンルの選択、地域の選択)を提供しています。 お知らせ: このインターネット番組表は各チャンネルの1週間先までの番組表がご覧になれます。 内容が表示されてないものは、まだ詳細が決定されていない番組です。 もう少しお待ちください。 NHK番組表の使い方については[]をご覧ください。 ラジオまたはテレビを対象として、番組をジャンルで検索することができます。 総合と、Eテレで放送している番組の内容は、地域によって異なる場合があります。 このサイトで提供している機能、各ページの説明、ブックマークの付け方、以上3つについての説明が記載されています。 番組は緊急ニュースなどにより、放送時間や内容が変更になることがありますのでご注意ください。 この番組表の私的な利用以外は、NHKの許諾が必要です。

次の