片伊勢武。 朝熊岳金剛證寺

フィギュアスケート2019

片伊勢武

フィギュアスケート2019-2020シーズンの国際大会・国内大会含めたほぼすべての試合の日程・スケジュール、出場者 出場選手 、ライスト、チケット情報などを一覧としてまとめます。 序盤の国内ローカル大会、チャレンジャーシリース CS から、ジュニアとシニアのグランプリスリーズ、さらにはブロック大会、東日本・西日本を含む国内大会、各国ナショナル、そしてISUチャンピオンシップまで含まれます。 各大会の結果は速報で更新します。 情報は都度更新していきますので、最終的にはなが~い記事になりますw とくに大きな大会、注目選手が出場する大会は、新記事をアップして詳細をお知らせしますが、その際には本記事にリンクを貼っていきます。 つまり本記事をブックマークしておけば、すべての試合の速報記事にたどり着けるということです。 Contents• 2019-2020シーズン全体の流れ 2019-2020シーズンは「大幅なルール改正」が行われた2年目になります。 運用初年度は試行錯誤だったと思いますが、今季はその経験を踏まえて本格的に対応してくると予想されます。 なお、URジャンプの基礎点微増など一部ルールがリニューアルされていますので、以下でお確かめください。 すべての大会は記載していませんので、以下でお確かめください。 37、2樋口新葉60. 57、3永井優香53. 08、2國方勇樹60. 89、3中野耀司56. 37、2吉岡詩果49. 78、3三枝知香子36. 16、1吉田陽菜82. 36 転倒でしたが、3Aチャレンジ 、3三枝知香子80. 36、2大庭雅57. 02、3新田谷凜55. 00 134. 64 、2大庭雅161. 02 104. 00 、磯辺ひな乃150. 40、2松生理乃59. 54、3浦松千聖59. 07、4横井きな結57. 12、5手嶋里佳55. 69、6吉田陽菜55. 22 124. 68 、2荒木菜那182. 36 118. 96 、3吉田陽菜170. 31 114. 80 、4浦松千聖、5手嶋里佳、6横井きな結158. 62 101. 03 132. 65 、2竹内孝太朗136. 22、2佐藤伊吹56. 90、3森下実咲52. 27、4永井優香49. 64、5樋口新葉47. 97 112. 33 、2佐藤伊吹158. 16 101. 26 、3三宅咲綺155. 17 102. 90 、4樋口新葉141. 08 93. 45、2三浦佳生63. 23 115. 78 、2三浦佳生160. 70 97. 19、2須本光希65. 17、3國方勇樹63. 88、4中野紘輔59. 50 127. 31 、2須本光希188. 14 122. 97 、3中野紘輔162. 01 102. 64 、4國方勇樹157. 68 93. 57、2猪股早哉子43. 11 99. 54 、2江川マリア133. 64、3猪股早哉子120. 29、2片山緋奈子52. 07、3岡本真綸51. 21、4吉田陽菜48. 77 110. 21 97. 80 89. 59 、4片山緋奈子135. 46 83. 55 3A決めた 、2朝賀俊太朗51. 47 94. 92 、2朝賀俊太朗136. 92 85. 51、2小林諒真59. 04、3古庄優雅55. 29 101. 25 、2鎌田英嗣156. 98 94. 47 、3小林建斗156. 93 102. 94、2船迫麗愛41. 92、3井上千尋41. 73 79. 79 、2船迫麗愛126. 11 84. 19 、3井上千尋118. 36 76. 98 ノーミス 、2青木祐奈59. 42、3川畑和愛51. 06 3Lz3Tがfall 、4田邊桜香45. 26 107. 28 、2川畑和愛161. 69 110. 63 、3三枝知香子111. 06 68. 64 ノーミス 、2佐藤駿72. 49 ノーミス 、3三浦佳生53. 41 156. 77 、2佐藤駿222. 10 149. 61 、3三浦佳生152. 30 99. 3T 3Lz! よかったら一緒に楽しみましょう。 59、2佐藤伊吹50. 77、3船迫麗愛49. 79 104. 02 、2永井優香149. 35 97. 76 、3船迫麗愛139. 21 89. 96 チャレンジャーシリーズ2019 JO含む 2019年9月以降に開催される「チャレンジャーシリーズ(CS 」を中心とした国際大会一覧です。 こちらもグランプリシリーズ出場前の調整として使われることが多いですね。 2019年のCSはネーミングが代わったり、例年と開催時期が違っていますのでご確認を。 早い回復を祈ります。 [] スケジュール、ライスト、テレビ放送などの情報は速報記事に記しています。 ただし、視聴にはメアドによる登録が必要・・・登録&視聴方法は「」さんのサイトに詳しく書いてあります。 録画配信も含めて書いています。 16、2トゥルシン69. 24、3ウンス62. 87、4ホンジー53. 85、5クリスティ52. 47、6ロデギエーロ50. 76、2サマリン84. 66、3ブレンダン78. 45、4ブレジナ74. 94、5ボーヤン70. 71、6ジュンヒョン67. 78 119. 62 、2トゥルシン186. 09 116. 85 、3ウンス184. 64 121. 77 、4クリスティ153. 20 100. 73 、5ホンジー146. 65 92. 82 、6ロデギエーロ127. 85 77. 3T 3Lo 1A<< 3Lz! 53 160. 77 、2サマリン246. 36 161. 70 、3ボーヤン232. 17 161. 46 、4ブレジナ218. 48 143. 54 、5ブレンダン207. 04 128. 59 、6ジュンヒョン189. 51 122. 23、2リャポワ58. 39、3アルゴットソン55. 46、4ハヌル53. 16 124. 93 、2ハヌル178. 82 124. 89 、3リャポワ166. 41 108. 42、2コヴァレフ74. 92、3セレフコ74. 39、4アダム66. 82 158. 40 、2コヴァレフ222. 07 147. 15 、3アダム215. 57 149. 09 、4セレフコ209. 07 138. 09、2トルガシェフ72. 91、3シヒョン71. 08 152. 99 、2トルガシェフ217. 54 144. 63 、3ライアン199. 03 127. 47 、4ビチェンコ195. 03、シヒョン191. 84、2イッゾ65. 30、3ハヌル60. 04、4クリスティ58. 34、5カイラニ52. 63 130. 79 、3ハヌル177. 92 117. 88 、2イッゾ169. 75 104. 45 、5カイラニ154. 69、4クリスティ151. 09 86.

次の

武家家伝_片山氏

片伊勢武

概要 [ ] 日本では、大都市のが郊外への路線と直通運転するものや、・から経営分離されたがJRと直通運転するものなどが代表的である。 その形態は一様でなく、事実上一体的に運行されているが運営事業者が異なるために直通運転と表現されるもの から、などの限られた列車のみが乗り入れているものまでさまざまである。 ヨーロッパやアジアにおいては複数の国にまたがってが運行されている。 一方で、日本で見られるような地下鉄と郊外鉄道との直通運転は行われていない都市も多く、あるいは地下鉄と郊外鉄道が一体的に運営されている例もある。 に対して使われることもあるが、貨物列車は通常複数の路線にまたがって広域的に運行されることから、旅客列車の場合と比較すると一般的な用法ではない。 なお、1960年代までのによる鉄道貨物輸送が主流の時代、私鉄が所有する貨車が国鉄の貨物列車に連結されて、国鉄線上を運行したケースも多く、「直通貨車」と呼ばれた。 日本においては、ほとんどの鉄道事業者が施設・車両の保有と列車の運行の両方を担っていることから、事業者間の直通運転で用いられる車両を保有する事業者の違いを区別して表現することがあり、相互の事業者の車両を用いるものを 相互乗り入れ(相互直通運転および双方向直通運転)、片方の事業者の車両が一方的に他方の事業者の路線へ乗り入れて運行するもの、自社の路線の車両は乗り入れないが、他社の車両が自社の路線に乗り入れることを 片乗り入れ(片方向直通運転および一方向直通運転)という。 効果 [ ] 例としてに開始された・の直通運転を挙げる。 この直通運転では、従前より行われていた直通運転とあわせ、・・・の各線が結ばれた。 東武東上線沿線のを訪れた観光客は630万人を超え、これは川越を舞台にしたの「」が放送されたを上回る過去最高のものである。 一方でへの観光客も増加し、横浜高速鉄道によると、2013年4月からまでのみなとみらい線内の6駅の利用者数は前年比で約9. みなとみらい線沿線のホテル宿泊者や周辺の百貨店利用者も増加した。 これに加え、沿線の私立学校の受験者の増加や、比較的割安だった東上線沿線の不動産価格の上昇も伴い、埼玉西部や神奈川で沿線の商業面にプラスの効果を生み出した。 利点と問題点 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2020年3月) 利点 [ ]• 異なる路線へ乗り換えなしで往来可能。 鉄道網の利便性向上による郊外の発展。 乗り換えが減ることによる所要時間の減少。 直通運転先路線との乗換駅の混雑緩和。 問題点 [ ]• 列車に遅延が生じると影響のない直通先の路線にも影響(ダイヤの乱れ等)を及ぼしやすい。 また運行区間が長くなり、影響の終息まで時間が掛かってしまう。 運転系統の複雑化が生じ、初めて利用する乗客がわかりにくい。 乗り入れ対応車両と非対応車両が混在する場合の運用の複雑化、制限。 連絡待ちの増加。 ダイヤ乱れが生じた場合、直通先の車両が自社線内に戻れなくなる。 万一乗り入れて来た車両が自社線内で故障した時、対応に時間がかかる。 自社車両と相手車両を区別する必要が生じる。 拾得物の保管場所をどこにするのかと言う点。 直通運転の要件 [ ] 直通運転にあたっては、単に線路を接続させるだけでなく、地上設備や車両などの規格の統一や、運転業務・営業の取り扱いにおける事業者間の取り決めが必要となる。 地上設備 [ ] 直通運転にあたっては、実施する両路線のやなどの規格を揃えるのが通常である。 しかし、現に営業している路線においてこれらを変更するには多大なコストがかかるため、車両の側で複数の方式に対応できるようにすることで、地上設備の大規模な改修を避ける例も多く見られる。 直通運転を実施する路線の軌間が異なる場合は、軌間をどちらか一方に合わせてする(京成電鉄など)か、両方の車両が走行できるように化(など)が行われる。 車両側で対応する例としては、・国境ののようにを導入したり、と・の国境のようにの交換により直通を実施するものがある。 この場合、接続部にはそのための地上設備が設けられる。 電化方式が異なる場合には、電化方式を一方に合わせて変更するか、複数の異なる電化方式でも走行できる設備を備えた車両(や)を導入して対応する。 また、非電化区間へは電車はそのままでは乗り入れられないが、電車を機関車で牽引することによって直通運転を実施する例がある。 この場合、車内照明や空調等のサービス電源をまかなうため、の搭載やの連結が行われる。 また、直通運転する区間では案内表示の交換・新設がなされるほか、直通路線間の接続駅では、線路配線や信号設備の変更、ホームの新設などが行われる。 直通運転により乗り入れてくる車両の規格に対応させるために路線全体の地上設備(直々セクションの設置など)を改修する場合もある。 運用の変更に伴いの改修・新設・移転などを実施する場合もある。 車両 [ ] 直通運転に使用される車両は、乗り入れ先路線の設備や運行形態に対応したものが必要である。 具体的には、の要請による車両の大きさや、扉の数や位置、加減速度や最高速度など車両の性能などが挙げられるほか、軌間や電化方式の違いを車両側で対応するための装置などもある。 また、当該の事業者間の取り決めにより、車両の操作方法 など、これら以外のさまざまな点についても一定の定めを設ける。 しかし、車両規格については相手の路線へ乗り入れられることが最低限の条件であって、完全な統一が必須というわけではなく、異なる車両規格で相互乗り入れを行うこともあり、日本では阪神電気鉄道と近畿日本鉄道との間、福井鉄道とえちぜん鉄道との間、他路線を介して乗り入れする例としては東京急行電鉄 東急電鉄 東横線と営団地下鉄日比谷線を介して東武鉄道伊勢崎線との間 東急東横線は当時18m級車両、東武伊勢崎線は20m級車両での運行、東横線の20m級車両は1969年の東急5000系が最初 での事例が挙げられる。 また、方式や(・等)、の通信方式などが異なる場合、すべての事業者に対応できるよう同じ機能を異なる方式で複数搭載する必要が発生する。 場合によっては、これらの設備を直通事業者間で統一した上で直通運転を行うこともある。 非常時の救援に備え、も各者で共通化することが理想ではあるが、困難な場合は異なる連結器同士をつなぐための中間連結器を車両側および地上側に常備するが、あるいは専用の牽引用車両を用意することもある。 なお、一部の車両のみを直通運転に対応させ、残りの車両は直通運転させず自社線内のみを運行させるという方法も採られている。 業務の取り扱い [ ] 直通運転においては、乗務員や駅員などの係員の業務の取り扱いも定める必要がある。 乗務員(・等)の列車への乗務は大きく2つの方法に分けられ、具体的には、それぞれの事業者の乗務員が自事業者の管轄する区間のみを乗務し境界駅で交代する方式と、それぞれの事業者の乗務員が自事業者の車両に乗務し、相手方の路線まで通して運行する方式とである。 前者の方式では、各乗務員が相手の事業者の車両の操作に習熟することと、境界駅での乗務の引き継ぎの方式を定めることとが必要となる。 後者の方式では、各乗務員が相手の事業者の区間の路線の特徴や取り扱い方式などに習熟することが必要となる。 日本においては、両方の方式が用いられてきたが、後者の方式をとった路線においておよびといった重大事故が発生したことから、多くの路線において前者の方式へ切り替えられた。 また、においては直通事業者同士で緊密な連携が必要となるほか、境界駅での駅業務の管轄、各駅での類の発売、乗り入れ先での取扱いなどについても定められる。 車両使用料・線路使用料 [ ] 「」および「」も参照 直通運転では、複数の事業者(会社)がそれぞれの区間を互いの車両によって運行するため、何らかの方法で経費の精算または相殺を行う必要がある。 日本においては、ほとんどの場合線路などの施設の保有・車両の保有と列車の運行のすべてを区間ごとに一つの事業者が担う形態で運営されていることから、各事業者が直通相手の事業者に車両を貸し出して運行するという形を取っており、この際に車両使用料を収受することになる。 実際には、双方の支払うべき車両使用料が同じになるよう調整し、支払いを相殺することがよく行われる。 このため、時として相手方の路線内だけを往復する運用や運用の持ち替えが見られる。 一方、施設を保有している会社と車両を保有し列車を運行する会社が異なる場合には、運行会社が保有会社に対して線路使用料を支払う形になる。 線路使用権 [ ] 日本国外においては、列車を運行する会社が他社の鉄道路線を走行する契約を 線路使用権(せんろしようけん)ということがある。 この契約では、前者が後者のどの区間で運行し、営業を行うかが子細に定められる。 前者は後者の路線を走行するが、貨客を問わず営業はしない契約形態もあり、それを オーバーヘッド・トラッケージ・ライト Overhead trackage rights または インシデンシャル・トラッケージ・ライト Incidental trackage rights という。 時には、後者は自社での運行を取りやめ、前者の列車のみが運行されることがある。 これは、路線の一部をリースさせているのと同義となる。 線路使用権は、必要に応じて一時的な契約であったり、長期に及ぶ場合もある。 一時的に線路使用権を設定するときの例としては、災害により自社路線が被災した場合に、被災していない平行他社路線を使用して列車を運行する、というものがある。 長期契約の例としては、他社路線を使用したほうが利益が高くなる場合や、他社路線を使用すると短絡できる場合がある。 日本における直通運転 [ ] 日本における直通運転は、大都市のが郊外への路線と直通運転するものや、・から経営分離されたがJRと直通運転するものなどが代表的である。 大都市においては、の諮問機関である(現在のの諮問機関に相当)の答申により、路線建設時には直通運転を前提として計画がなされる。 日本において特徴的な直通運転の形態としては、都心部にターミナル駅を持つ私鉄と地下鉄とが直通する際に、ターミナル駅そのものではなく、数駅郊外側の駅で地下鉄の路線と接続して直通しているというものがあり、東京や名古屋・大阪で例が見られる。 また、同一事業者内ではあるが、東京や大阪のJRでは複数の路線間で直通運転を行っており、都心部をまたいだ一体的な列車運行や、広域的な中距離列車の運行がなされている。 代表的な例としては東京のや、大阪の・などが挙げられる。 日本における直通運転の歴史 [ ] 直通運転の歴史は明治時代から遡る。 民鉄と地下鉄との相互乗り入れ黎明期は、各駅停車による直通運転を原則としていた。 地下鉄に民鉄の優等列車が定期列車で初めて乗り入れしたのはのダイヤ改正でがに通勤準急(現在廃止)を乗り入れさせたのが最初である。 なお、かつては同一会社の路線が別会社に分割されて新たに直通運転となった例や、これとは逆に、かつては別会社同士の直通運転だったものが、同一会社の路線となり直通運転でなくなった例も存在する。 この他にも、一旦は直通運転を廃止したものの、運営形態の変更により営業上および書類上は再び直通運転となった例もあり また、車両の譲渡などの理由により、それまで片乗り入れだったものが相互乗り入れに変更された例もある。 日本における直通運転の年表 [ ]• (37年):が開業。 を介して総武鉄道線(現・JR)両国橋駅(現・)まで直通運転を開始。 (明治43年):東武亀戸線 - 総武本線の直通運転を廃止。 :豊橋線(後の・)が部分開業。 を介してまで直通運転を開始。 :を介してが北方線(後の)まで直通運転を開始。 (3年):(現・西尾以北)が全線開業。 を介して愛知電気鉄道西尾線(現・名鉄西尾線西尾以南)まで相互直通運転を開始。 (昭和4年):参宮急行電鉄本線(現・)が部分開業。 を介して大阪電気軌道桜井線と直通運転を開始。 (昭和6年):(現・)が部分開業。 を介して愛知電気鉄道常滑線まで直通運転を開始。 (昭和14年):を介してとの直通運転を開始。 地下鉄間で初めての直通運転となったが、後にに統合され、営団地下鉄銀座線(現・)となる。 (昭和20年):を介して京阪線(現・) - 線(現・)と直通運転を開始。 (昭和29年):名鉄小坂井支線が廃止され飯田線豊川方面への直通運転廃止。 (昭和35年):が部分開業。 を介して・と直通運転を開始。 地下鉄と郊外の民鉄事業者による初の直通運転となる。 (昭和36年):が全線開業。 を介して国鉄伊東線(現・JR)と直通運転を開始。 (昭和37年):営団地下鉄日比谷線(現・)がまで延伸開業。 同駅を介してと直通運転を開始。 (昭和39年):営団地下鉄日比谷線が全線開業。 を介してと直通運転を開始。 (昭和41年):を介して国鉄(現・JR) - 営団地下鉄東西線(現・)と相互直通運転を開始。 (昭和43年)• が開業。 ・・と相互直通運転を開始。 が開業。 を介してと相互直通運転を開始。 :・がまで延伸開業。 同駅を介し相互直通運転を開始。 :京阪本線・宇治線 - 近鉄京都線・奈良線の相互直通運転を廃止。 (昭和44年)• :を介して国鉄総武本線 - 営団地下鉄東西線と相互直通運転を開始。 :が部分開業。 を介して・と相互直通運転を開始。 (昭和45年):が開業。 を介してと相互直通運転を開始。 (昭和46年)• :大阪府都市開発泉北高速鉄道線(現・)が部分開業。 を介してと相互直通運転を開始。 :営団地下鉄千代田線(現・)がまで部分開業。 同駅を介して国鉄常磐緩行線(現・JR)と相互直通運転を開始。 (昭和53年)• :営団地下鉄千代田線が全線開業。 を介してと相互直通運転を開始。 :営団地下鉄半蔵門線(現・)が部分開業。 を介して東急新玉川線(現・)と相互直通運転を開始。 (昭和54年)• :が部分開業。 を介してと直通運転を開始。 :名鉄豊田新線(現・)が全線開業。 を介してと相互直通運転を開始。 (昭和55年):がまで延伸開業。 同駅を介してと相互直通運転を開始。 (昭和58年)• :福岡市地下鉄1号線(現・)がまで延伸開業。 同駅を介して国鉄筑肥線(現・JR)と相互直通運転を開始。 :が部分開業。 を介して営団地下鉄有楽町線(現・)と相互直通運転を開始。 (昭和60年):が開業。 北鹿島駅(現・)を介して国鉄と直通運転を開始。 (昭和61年)• :近鉄東大阪線(現・)が部分開業。 を介してと相互直通運転を開始。 :が全線開業。 を介してと相互直通運転を開始。 (昭和62年):営団地下鉄有楽町線がまで延伸開業。 同駅を介してと相互直通運転を開始。 (昭和63年)• :が開業。 を介してと相互直通運転を開始。 :を介して - の相互直通運転を開始。 (3年):北総鉄道北総線がまで延伸開業。 同駅を介してと相互直通運転を開始。 (平成4年)• :が開業。 を介してJRと相互直通運転を開始。 :北総鉄道北総線 - 新京成電鉄新京成線との直通運転を廃止。 (平成5年):名古屋市営地下鉄鶴舞線が全線開業。 を介してと相互直通運転を開始。 (平成6年):が開業。 を介してJRと、を介してJRと相互直通運転を開始。 (平成8年):が開業。 西船橋駅を介して営団地下鉄東西線と相互直通運転を開始。 (平成9年)• 3月22日:が開業。 を介してJRと、を介してJRと相互直通運転を開始。 :が部分開業。 を介してと直通運転を開始(は京津線に乗り入れないため、事実上片乗り入れとなる)。 :を介して - ・との直通運転を片乗り入れで開始(2014年8月1日より変則的な相互乗り入れに変更)。 :テクノポート線とニュートラムテクノポート線の営業を開始。 前者はを介して大阪市営地下鉄中央線と近鉄東大阪線(現・近鉄けいはんな線)と、後者はを介してニュートラム南港ポートタウン線と直通運転を開始。 特に後者は日本では初かつ現在に至るまで唯一である新交通システムにおける異なる鉄道事業者間での相互直通運転であった。 (平成12年):営団地下鉄南北線(現・)・が全線開業。 を介してと相互直通運転を開始。 (平成13年):が開業。 を介して営団地下鉄南北線と相互直通運転を開始。 (平成14年)• :が開業。 を介してJRと相互直通運転を開始。 10月27日:が開業。 を介してと相互直通運転を開始。 :が全線開業。 を介してJRと相互直通運転を開始。 (平成15年)• :営団地下鉄半蔵門線が押上駅まで延伸開業。 同駅を介して東武伊勢崎線と相互直通運転を開始。 3月27日:が開業。 を介してと相互直通運転を開始。 (平成16年):が開業。 を介して東急東横線と相互直通運転を開始。 (平成17年)7月1日:大阪港トランスポートシステムの運営形態変更により大阪市交通局の路線に組み込まれたため、両事業者間(および近鉄東大阪線)との相互直通運転は消滅。 日本唯一の新交通システム路線での相互直通運転も終焉となった。 (平成18年)• :を介してJR - の直通運転を特急列車に限定して開始。 12月10日:を介して新京成電鉄新京成線とと通運転を開始。 (平成19年)3月18日:が開業。 を介してJRと相互直通運転を開始。 (平成21年):が開業。 を介して経由でと相互直通運転を開始。 (平成22年)• :(成田スカイアクセス)が開業。 京成高砂駅を介して相互直通運転を開始。 北総鉄道北総線は全線が同線との共用区間となるが、旅客案内上はを介して北総鉄道北総線区間と京成成田空港線との区間に分けられる。 10月1日:神戸高速鉄道の運営形態変更により阪急・阪神・神戸電鉄の路線に組み込まれ、はに改称されたため、神戸電鉄は他事業者への直通運転が消滅。 同様にはまでの本線区間がに、その支線である(阪急)(現・神戸三宮駅)までの東西線の支線はにそれぞれ改称され、で接続のを含めて神戸高速鉄道への相互直通運転が消滅。 この関係で山陽電気鉄道の(阪急)三宮駅発着列車については阪急への直通運転が片方向直通運転の形態ながらも復活した。 (平成25年)3月16日• 渋谷駅を介して東急東横線 - - 東武・西武線の相互直通運転を開始。 東急東横線 - 東京メトロ日比谷線の直通運転を終了。 地下鉄と郊外の民鉄事業者による初の相互直通運転終了となる。 (平成27年)3月14日• を介して北越急行ほくほく線 - (JR信越本線) - の直通運転を開始。 (平成28年)• 3月26日:東京メトロ千代田線を介しての小田急線への、のJR東日本常磐線への相互乗り入れを開始。 3月27日:を介して - の相互直通運転を開始。 (元年):( - )の開業と同時に、から相鉄新横浜線羽沢横浜国大駅を介してJR東日本(JR東日本の車両は一部まで)相互直通運転を開始。 詳細は「」を参照• (令和2年)3月14日:を介したからへの片乗り入れ運転廃止。 6月1日:北神急行電鉄の運営移譲により神戸市交通局の路線に組み込まれたため、両事業者間との相互直通運転は消滅。 日本における直通運転の事例 [ ] 日本において、定期列車で行われている事業者間の直通運転の実施路線を示す。 JR同士 [ ]• 下表のほかに、寝台特急「」がJR東日本(東海道本線) - JR東海(東海道本線) - JR西日本(東海道本線・山陽本線・宇野線・本四備讃線) - JR四国(本四備讃線・予讃線)の4社を、「」が上記にある東日本・東海・西日本3社の東海道・山陽本線のほかにJR西日本の伯備線・山陰本線へ直通運転を行っている。 事業者名 路線名 境界駅 事業者名 路線名 備考 JR東日本 - - JR東日本 - (中央東線) JR東海 JR東日本 篠ノ井線 JR東海 中央本線(中央西線) JR東日本 北陸新幹線 JR東海 - JR西日本 高山本線 JR東海車両による特急「」のみ JR東海 高山本線 - 東海道本線 JR西日本 ( - ) 伊勢鉄道 - JR東海 - - JR西日本 紀勢本線(きのくに線) JR東海車両による特急「」のみ JR東海 JR西日本 16両編成の「」「」のみ JR西日本 - 本四備讃線 - ・ JR西日本 8両編成(「」「」「」)• JR東日本車両のみ。 伊豆箱根鉄道への乗り入れは特急「」のみ。 JR東海車両による特急「」、JR西日本車両による特急「」のみ JRと私鉄・第三セクター [ ] 地下鉄が関係するものについては 事業者名 路線名 境界駅 事業者名 路線名 備考 定期列車では青い森鉄道車両のみ。 JR東日本 青い森鉄道 青い森鉄道線 JRの車両のみ JR東日本 青い森鉄道 - 青い森鉄道線 - JRの車両のみ JR東日本 IGRいわて銀河鉄道 いわて銀河鉄道線 JRの車両のみ。 盛岡方面の1本は東北本線まで乗り入れる。 JR東日本 IGRいわて銀河鉄道 いわて銀河鉄道線 JR東日本 東北本線 JR東日本 東北本線 JR東日本 - - - - - - JR東日本 JR東日本 - 東北本線() - 「」ほか特急列車のみ。 JR東日本 - (東北本線支線 - - 山手(貨物)線) - ( - ) - JR東日本 - 小田急車両による特急「」のみ JR東日本 - JR東海 JR東日本車両による特急「」のみ JR東日本 () JRの車両のみ JR東日本 - JR東日本 - 北越急行 - JR東日本 ほくほく線 - 信越本線 えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン JR東日本 JRの車両のみ JR東日本 信越本線 しなの鉄道 しなの鉄道の車両のみ JRの車両のみ。 休日は運転されない。 JR西日本 () - - JR西日本 JR東海 JR東海 JR西日本 - JR東海 - JR西日本 - 特急「」のみ JR西日本 東海道本線 - () JR西日本 - JR西日本 因美線 若桜鉄道の車両のみ JR西日本 井原鉄道の車両のみ JR西日本 JR四国 JR四国 土讃線 - 中村線は元JR。 特急列車のみ JR四国 予土線 ・ 肥薩おれんじ鉄道の車両のみ• 道南いさりび鉄道の車両のみ。 までの1駅だけ函館本線へ乗り入れる。 阿武隈急行線の一部区間は元国鉄。 阿武隈急行の車両のみ。 会津鉄道は元JR。 会津鉄道の車両のみ。 磐越西線・野岩鉄道・東武鉄道は快速「」のみで、特に磐越西線への乗り入れは臨時の延長運転のみ。 鹿島サッカースタジアム駅は臨時駅である。 大洗鹿島線の列車が隣駅のまで乗り入れており、事実上同線の一部となっている。 また、相鉄車の新宿駅以北の乗り入れは通常は行わない。 普通列車は伊東線 - 伊豆急行線のみで、東海道本線へ乗り入れるのは特急列車のみ。 また、JRの車両による普通列車の直通列車は運転されない。 「上越線 - 六日町駅 - ほくほく線 - 犀潟駅 - 信越本線」という形態で運行されている。 北越急行の車両のみ。 特急「」と快速列車はJRの車両のみ。 北越急行直通列車は北越急行車両のみ。 JRの車両のみ。 北陸本線とのものは「北陸本線 - IRいしかわ鉄道線 - 七尾線」という形態で、特急「」のみ。 愛知環状鉄道線の一部区間は元JRだが、直通運転は第三セクター化後に(愛・地球博)をきっかけに開始された。 JRの車両のみ• 「関西本線 - 河原田駅 - 伊勢線 - 津駅 - 紀勢本線 - 参宮線」という形態で運行されている。 普通列車は伊勢鉄道の車両のみで、関西本線まで2駅だけ乗り入れるのみである。 特急「」と快速「」はJR東海の車両のみ。 「東海道本線 - 山陽本線 - 上郡駅 - 智頭線 - 智頭駅 - 因美線 - 山陰本線」という形態で運行されている。 普通列車は智頭急行の車両のみで、因美線にのみ乗り入れる。 特急「」は智頭急行の車両、特急「」はJRの車両で運行される。 ダイヤ改正でJR西日本の車両の乗り入れ廃止。 錦川鉄道の車両のみ。 までの2駅だけ岩徳線へ乗り入れる。 朝の2往復のみ、JR四国の車両はまで、阿佐海岸鉄道の車両はまで乗り入れていた。 改正ダイヤで廃止。 ごめん・なはり線の車両乗り入れは後免駅 - 間。 高知駅 - 間の運用もある。 JRの車両のみ。 窪川駅までの1駅だけ土佐くろしお鉄道へ乗り入れる。 私鉄・第三セクター同士 [ ] 地下鉄が関係するものについては 事業者名 路線名 境界駅 事業者名 路線名 備考 - - 新京成の車両のみ - ・ 西武の車両のみ - - (近鉄) - - 阪神電気鉄道 本線 - (旧・神戸高速鉄道東西線) 阪急電鉄 (旧・神戸高速鉄道東西線支線) 阪神電気鉄道(神戸高速鉄道東西線) - 山陽電気鉄道 阪神神戸高速線 - 山陽本線• 東武鉄道 - 野岩鉄道 - 会津鉄道の3社間で相互直通運転している。 東武鉄道の車両()と同型の車両を野岩鉄道・会津鉄道も保有し、3社の車両が共通運用されている。 小田急の車両のみ。 特急が中心で、へ乗り入れる列車も運行される。 特急以外の列車はごく一部を除き直通運転していないが、小田急の車両による箱根登山鉄道線内の折り返し運行がされている。 車両規格を統一せずに行われている直通運転であり、日本では珍しいケースである。 料金不要の特急列車「」のみ。 以前は阪急電鉄の車両による片乗り入れだったが、2014年8月1日に阪急電鉄の車両()の1編成が能勢電鉄に譲渡され、変則的な相互乗り入れとなった。 ただし、能勢電鉄に譲渡された車両は阪急宝塚線の他の車両とともに運用されており、本数の少ない直通運転列車で運用されることはまれである。 近鉄の車両は、阪神との直通運転に使われない車両でも阪神のまでの1駅間のみ回送列車として乗り入れる。 近鉄・阪神なんば線は10両編成の列車が運転されるが、阪神本線は8両編成以下のみ対応のため、途中ので増解結する列車がある。 阪神車両によるごく一部の列車は、神戸高速線発で運行される。 関西での大手私鉄同士の直通運転は、した、奈良電気鉄道をに吸収した近畿日本鉄道(・奈良線)と京阪電気鉄道(・)とのの直通運転終了以来41年ぶりである。 福井鉄道 - えちぜん鉄道などと同様に、車両規格を統一せずに行われている直通運転であり、日本では珍しいケースである。 「」も参照。 なお、阪神本線・阪神神戸高速線を経由して、および近鉄線と山陽電鉄とを直通する定期運用は存在しない。 1998年2月15日に一旦廃止されたが2010年10月1日に事実上の復活。 山陽電気鉄道の車両が神戸市中心部へ神戸高速鉄道(第三種鉄道事業者。 路線の保有のみを行っており、運行主体は阪急・阪神)の路線を経由して乗り入れるもの。 阪神と山陽の境界駅は西代駅。 地下鉄とJR・私鉄 [ ] 事業者名 路線名 境界駅 事業者名 路線名 境界駅 事業者名 路線名 備考 (東京メトロ) - 東京メトロ JR東日本 - 東京メトロ JR東日本 東武鉄道 東京メトロ ・ (副都心線) (東急) - - () - - 東急電鉄 渋谷駅 東京メトロ 東武鉄道 ・日光線 東急電鉄 東京メトロ () (京急) ・・ - 東京都交通局 押上駅 - ・ - - ・・ - ・ - - () 東京都交通局 (名鉄) () 名古屋鉄道 - 名古屋市交通局 (名鉄) () (近鉄) - 京都市交通局 (Osaka Metro) 大阪市高速電気軌道 近畿日本鉄道 大阪市高速電気軌道 - (福岡市地下鉄)• 東武スカイツリーライン・東武日光線(普通列車)から東京メトロ日比谷線は一体的に運行されている。 東葉高速鉄道東葉高速線から東京メトロ東西線は一体的に運行されている。 JR東日本・東葉高速鉄道の車両は互いの路線で運行できない。 東京メトロの車両は3社いずれの路線も運行できる。 西船橋駅からの総武線乗り入れは平日朝夕のみ行われる。 常磐線(各駅停車)から東京メトロ千代田線は一体的に運行されている。 小田急の特急列車()の一部列車が東京メトロ千代田線へ乗り入れている。 千代田線ととを直通する列車も運行されている。 西武有楽町線から東京メトロ有楽町線・副都心線は一体的に運行されている。 東京メトロ副都心線から東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線も一体的に運行されている。 東急と横浜高速鉄道の境界駅は。 東武・西武の車両は互いの路線を運行できない。 東急・横浜高速鉄道の車両は原則として東京メトロ有楽町線(副都心線との共用区間を除く)へは入線しない。 東京メトロ・東急・横浜高速鉄道の保有する8両編成車両は、東武東上線の乗り入れ区間がまでとなっている。 東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線内は、通常時に10両編成が停車できない駅があり、10両編成は各停での運用ができない。 西武秩父線は休日ののみ直通運転される。 西武狭山線はでの野球・イベント開催時のみ直通運転列車が運転される。 東武スカイツリーライン・伊勢崎線・日光線(急行・準急列車)から東京メトロ半蔵門線は一体的に運行されている。 東急田園都市線と東京メトロ半蔵門線も一体的に運行されている。 東急の一部の車両(Kマークが貼り付けられている)は東武へ乗り入れできない。 東急目黒線から東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線は一体的に運行されている。 埼玉高速鉄道線から東京メトロ南北線も一体的に運行されている。 東京メトロ・埼玉高速鉄道の車両は都営地下鉄では、都営地下鉄の車両は東京メトロ・埼玉高速鉄道では、それぞれ運用されない。 東京都交通局では、相互直通運転の事業者数を勘定する場合は、公式には「社局」とは称さず「者」としており、都営地下鉄に乗り入れる、および線路を共用する鉄道事業者側も「者」を使用する事例がある。 京成と北総鉄道の境界駅はであるが、を超える列車は北総鉄道の列車扱いではなく線路を共用している京成の列車扱いとなり、乗務員も引き続き京成が管轄している。 京成と芝山鉄道の境界駅は。 京成押上線と都営浅草線はほぼ一体的に運行されている。 京成の一部車両は京急へ、京急の一部車両は都営地下鉄ほか他者へ、それぞれ乗り入れできない。 京成成田空港線(北総線共用区間を除く)は京成・京急の一部車両のみが入線できる。 京急の車両は京急線・都営線・京成押上線・成田空港線・北総線の各線および京成本線までの乗り入れで運用される。 都営地下鉄の車両は京成成田空港線などを除いた直通運転区間のほぼ全域で運用される。 京成・芝山鉄道の車両は京成線・芝山鉄道線・都営線の各線および京急線まで(京成車の一部のみ)の乗り入れで運用される。 北総鉄道および同社路線用の車両を保有するの車両は北総線・京成押上線・都営線の各線および京急線羽田空港までの乗り入れで運用される。 浅草線関連に限らず、東京都交通局では、相互直通運転の事業者数を勘定する場合は、公式には「社局」とは称さず「者」としており、都営地下鉄に乗り入れる鉄道事業者側も「者」を使用する事例がある。 京王新線は都営新宿線と一体的に運行されている。 都営地下鉄の車両はで走行キロ数の精算を兼ねた線内折り返し列車として運用されていたことがあった。 東京都交通局では、相互直通運転の事業者数を勘定する場合は、公式には「社局」とは称さず「者」としており、都営地下鉄に乗り入れる鉄道事業者側も「者」を使用する事例がある。 近鉄線内で普通列車として運用される列車は京都線までの運行。 京阪車両のみの片乗り入れ運用。 一体的に運行されており、も連番となっている。 一体的な運転系統から、中央線とけいはんな線にはという愛称が付けられている。 中央線の - 間はかつてはの管轄路線であった。 阪急線内準急となる列車およびまで乗り入れる列車は阪急の車両のみで運行される。 筑肥線を越えて運行される列車はJRの車両のみ。 筑肥線は姪浜駅発着の列車が存在せず、同駅では全列車が地下鉄空港線と直通運転する。 空港線と直通運転していると筑肥線との直通は行われていない。 アメリカ合衆国における直通運転 [ ] この節のが望まれています。 近来のの鉄道界では「直通」という用語の曖昧さを回避するために、日本での「直通運転」( 직통운전)に相当することは「直結運行」( 직결운행)または「直結運転」( 직결운전)と、「急行」のことは「急行」( 급행)または「急行運転」( 급행운전)といっている。 韓国における直通運転の事例 [ ]• - -• ソウル交通公社1号線 -• - - 香港における直通運転 [ ]• 北西部を走る路面電車では、同じくとを結び、杯渡・市中心を経由する614P系統と、良景・石排を経由する615P系統が終日にわたり直通運転を実施している。 どちらかの系統を運行する列車が終点に到着後、運行系統を変更してそのまま直通し、終点に到着すると再び変更して運行することを繰り返し、実質環状運転を実施している。 ほかに、朝ラッシュ限定ではあるが途中駅で運行系統を変更する列車も数本ながら存在する。 中国における直通運転 [ ]• 例:と 等• 実際2017年に起きたでは、で足止めされた車両が所属のであり、当該車両の台車とモーターをでへ輸送しなければならなかったことから、対応に時間を要した。 事実、多数の直通運転を実施しているやでは、の末尾に、その車両の所属を示す記号を付している。 また、乗入れ各者では車両の所属によって車両番号の千の位の数字が決められている。 一例として、の形状の統一化がある。 も参照。 細かいところでは、の乗務員室の扉のヒンジを、の車両に合わせて車端(先頭)側にした例がある(以前の名鉄の車両は、閑散線区用のを除いて、)。 また「」用の車両(・)も、()の車両に合わせて、車端(先頭)側に乗務員室の扉のヒンジがあった。 都営地下鉄1号線(現)と・との直通運転に際しては、保安装置は1号型ATS、列車無線は同規格の誘導無線に統一された。 その後に追加された直通区間(現・)も同様。 また保安装置の更新時も同一規格の車上装置を用いることが出来るC-ATSが採用された• 例: 等• 例えば、全線開業時()時点の各種契約書については、次の文献で確認できる。 (公益財団法人メトロ文化財団・メトロアーカイブアルバム). 279 - 314 2002年3月31日. 2020年7月5日閲覧。 前者は国鉄が分割民営化によって別会社となった例や、新幹線の開業によりから経営分離された・・といったの例が、後者はがに、 OTS が当時の(現在の)に編入されたり、がに、JR山田線のにそれぞれ移管により解消された例がある。 2014年8月1日より阪急6000系電車の1編成が能勢電鉄へ譲渡されたことによるものなど• ただし、日比谷線の車両の検査・分解業務がで行われているため、中目黒駅から東急東横線・目黒線・大井町線を経由し、田園都市線鷺沼駅へ回送する運用は残っている。 - 間は井原鉄道が第二種として第一種鉄道事業者であるJR西日本の線路を共用しており、直通運転とは異なる。 検測列車としてJR九州の車両が乗り入れることはある。 の・は通常、までの乗り入れである。 のは通常、までの乗り入れである。 は全区間走行。 ソウル交通公社1000系・新1000系は通常、餅店駅までの乗り入れである。 であるKORAILとソウル交通公社が・へ乗り入れ、であるソウル交通公社は、ソウル交通公社4号線内のみで運用されている。 出典 [ ]• 永井卯三郎(日本国有鉄道輸送局). 国立国会図書館 蔵書検索申込システム. 2016年9月15日閲覧。 杉山淳一 2016年3月18日. ビジネスオンライン. 2016年6月13日閲覧。 鉄道ピクトリアル 2007年3月臨時増刊号「京成電鉄」「京成の列車ダイヤに取り組んだ日々」 鉄道図書刊行会。 - 北神急行電鉄• 東日本旅客鉄道 2019年9月6日. 2019年12月1日閲覧。 松浦鉄道 2020年3月10日. 2020年3月12日時点のよりアーカイブ。 2020年3月18日閲覧。 神戸市交通局 2020-04-02. 2020年4月12日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

会員のエッセイ(片岡武壽氏)

片伊勢武

フィギュアスケート2019-2020シーズンの国際大会・国内大会含めたほぼすべての試合の日程・スケジュール、出場者 出場選手 、ライスト、チケット情報などを一覧としてまとめます。 序盤の国内ローカル大会、チャレンジャーシリース CS から、ジュニアとシニアのグランプリスリーズ、さらにはブロック大会、東日本・西日本を含む国内大会、各国ナショナル、そしてISUチャンピオンシップまで含まれます。 各大会の結果は速報で更新します。 情報は都度更新していきますので、最終的にはなが~い記事になりますw とくに大きな大会、注目選手が出場する大会は、新記事をアップして詳細をお知らせしますが、その際には本記事にリンクを貼っていきます。 つまり本記事をブックマークしておけば、すべての試合の速報記事にたどり着けるということです。 Contents• 2019-2020シーズン全体の流れ 2019-2020シーズンは「大幅なルール改正」が行われた2年目になります。 運用初年度は試行錯誤だったと思いますが、今季はその経験を踏まえて本格的に対応してくると予想されます。 なお、URジャンプの基礎点微増など一部ルールがリニューアルされていますので、以下でお確かめください。 すべての大会は記載していませんので、以下でお確かめください。 37、2樋口新葉60. 57、3永井優香53. 08、2國方勇樹60. 89、3中野耀司56. 37、2吉岡詩果49. 78、3三枝知香子36. 16、1吉田陽菜82. 36 転倒でしたが、3Aチャレンジ 、3三枝知香子80. 36、2大庭雅57. 02、3新田谷凜55. 00 134. 64 、2大庭雅161. 02 104. 00 、磯辺ひな乃150. 40、2松生理乃59. 54、3浦松千聖59. 07、4横井きな結57. 12、5手嶋里佳55. 69、6吉田陽菜55. 22 124. 68 、2荒木菜那182. 36 118. 96 、3吉田陽菜170. 31 114. 80 、4浦松千聖、5手嶋里佳、6横井きな結158. 62 101. 03 132. 65 、2竹内孝太朗136. 22、2佐藤伊吹56. 90、3森下実咲52. 27、4永井優香49. 64、5樋口新葉47. 97 112. 33 、2佐藤伊吹158. 16 101. 26 、3三宅咲綺155. 17 102. 90 、4樋口新葉141. 08 93. 45、2三浦佳生63. 23 115. 78 、2三浦佳生160. 70 97. 19、2須本光希65. 17、3國方勇樹63. 88、4中野紘輔59. 50 127. 31 、2須本光希188. 14 122. 97 、3中野紘輔162. 01 102. 64 、4國方勇樹157. 68 93. 57、2猪股早哉子43. 11 99. 54 、2江川マリア133. 64、3猪股早哉子120. 29、2片山緋奈子52. 07、3岡本真綸51. 21、4吉田陽菜48. 77 110. 21 97. 80 89. 59 、4片山緋奈子135. 46 83. 55 3A決めた 、2朝賀俊太朗51. 47 94. 92 、2朝賀俊太朗136. 92 85. 51、2小林諒真59. 04、3古庄優雅55. 29 101. 25 、2鎌田英嗣156. 98 94. 47 、3小林建斗156. 93 102. 94、2船迫麗愛41. 92、3井上千尋41. 73 79. 79 、2船迫麗愛126. 11 84. 19 、3井上千尋118. 36 76. 98 ノーミス 、2青木祐奈59. 42、3川畑和愛51. 06 3Lz3Tがfall 、4田邊桜香45. 26 107. 28 、2川畑和愛161. 69 110. 63 、3三枝知香子111. 06 68. 64 ノーミス 、2佐藤駿72. 49 ノーミス 、3三浦佳生53. 41 156. 77 、2佐藤駿222. 10 149. 61 、3三浦佳生152. 30 99. 3T 3Lz! よかったら一緒に楽しみましょう。 59、2佐藤伊吹50. 77、3船迫麗愛49. 79 104. 02 、2永井優香149. 35 97. 76 、3船迫麗愛139. 21 89. 96 チャレンジャーシリーズ2019 JO含む 2019年9月以降に開催される「チャレンジャーシリーズ(CS 」を中心とした国際大会一覧です。 こちらもグランプリシリーズ出場前の調整として使われることが多いですね。 2019年のCSはネーミングが代わったり、例年と開催時期が違っていますのでご確認を。 早い回復を祈ります。 [] スケジュール、ライスト、テレビ放送などの情報は速報記事に記しています。 ただし、視聴にはメアドによる登録が必要・・・登録&視聴方法は「」さんのサイトに詳しく書いてあります。 録画配信も含めて書いています。 16、2トゥルシン69. 24、3ウンス62. 87、4ホンジー53. 85、5クリスティ52. 47、6ロデギエーロ50. 76、2サマリン84. 66、3ブレンダン78. 45、4ブレジナ74. 94、5ボーヤン70. 71、6ジュンヒョン67. 78 119. 62 、2トゥルシン186. 09 116. 85 、3ウンス184. 64 121. 77 、4クリスティ153. 20 100. 73 、5ホンジー146. 65 92. 82 、6ロデギエーロ127. 85 77. 3T 3Lo 1A<< 3Lz! 53 160. 77 、2サマリン246. 36 161. 70 、3ボーヤン232. 17 161. 46 、4ブレジナ218. 48 143. 54 、5ブレンダン207. 04 128. 59 、6ジュンヒョン189. 51 122. 23、2リャポワ58. 39、3アルゴットソン55. 46、4ハヌル53. 16 124. 93 、2ハヌル178. 82 124. 89 、3リャポワ166. 41 108. 42、2コヴァレフ74. 92、3セレフコ74. 39、4アダム66. 82 158. 40 、2コヴァレフ222. 07 147. 15 、3アダム215. 57 149. 09 、4セレフコ209. 07 138. 09、2トルガシェフ72. 91、3シヒョン71. 08 152. 99 、2トルガシェフ217. 54 144. 63 、3ライアン199. 03 127. 47 、4ビチェンコ195. 03、シヒョン191. 84、2イッゾ65. 30、3ハヌル60. 04、4クリスティ58. 34、5カイラニ52. 63 130. 79 、3ハヌル177. 92 117. 88 、2イッゾ169. 75 104. 45 、5カイラニ154. 69、4クリスティ151. 09 86.

次の