モンスター マップ。 「モンスターマップ」に関するQ&A

モンスターマップが破産者情報を勝手に掲載?問題点と対処方法とは

モンスター マップ

"hasandb. com"のURLで「 自己破産・特別清算・再生データベース」なるサイトがあります。 「復活した破産者マップ」と呼ばれているMonster Map(モンスターマップ)よりも情報が明確で危険であり、こちらの方が問題は深刻だと思います。 破産者マップ・モンスターマップと同じ「自己破産・特別清算・再生データベース」 「 自己破産・特別清算・再生データベース」も、 破産者マップ・モンスターマップと同じく、官報に掲載された破産者の情報を記述しています。 モンスターマップと違うのは「破産・清算」のデータベースと明言していることです。 ドメインは2019年の9月19日に取得されているようであり、モンスターマップよりも後発ということになります(真実の運営元の異同は不明)。 運営者の明示もありません。 削除依頼をしてはいけない 破産者マップと同じ手口 サイト内には「 削除依頼」というフォームがありますが、 個人情報を搾取するための騙しの手口なので決して依頼してはいけません。 破産者マップの運営者は個人情報は廃棄したと言いますが、それを信じられるでしょうか?また、当時は運営者と異なる第三者が悪用して金銭を要求していたケースもありました。 Yahoo地図と紐づけているようだが削除か提供前か 「自己破産・特別清算・再生データベース」はGoogle MapではなくYahoo! 地図と紐づけているようです(紐づけようとしている)。 現在はリンクから辿った先では「指定された情報はすでに削除されているか、まだ提供を開始していません。 」となり、地図情報を閲覧することはできません。 目的は政治的か 現時点で収益化措置はとっておらず モンスターマップもそうですが、広告をつけていないので収益化目的ではないと思われます。 (モンスターマップはDDos対策だとしてマイニングプログラムを導入と明言。 ウィルスバスターも検知)• 愉快犯• 不快に思う無関係の方からの個人情報詐取• 合法的に破産者情報を取り扱っている事業者の利益の毀損• 何らかの政治的意図 大別すると、これらのいずれか又はいくつかの複合目的による行動と思われます。 法的問題点:破産者マップ、モンスターマップと同様に名誉毀損、プライバシー侵害 破産者マップ、モンスターマップの両方について法的問題を指摘したことが同様に「自己破産・特別清算・再生データベース」にも当てはまります。 「自己破産・特別清算・再生データベース」では破産情報であるということが明示されているので、名誉毀損になる可能性がより高いでしょう。 「既にネット上で公開された情報だから」は通用しません。 少なくとも破産者の住所を公開したことがプライバシー侵害 プライバシー侵害になるかは公開の利益が公開されない利益を上回るかで決まります。 他方、破産法の官報公告の趣旨は 条解破産法・弘文堂2010年、破産手続の関係者に対する裁判の告知や書面の送付を速やかにかつ経済的に実施するためのものであるとされています。 よって、そのような実態と形式を備えていない公開行為は、公開する利益が公開されない利益を上回ることは無いと言えます。 「自己破産・特別清算・再生データベース」はネット上の地図情報サービスとリンクさせようとしているところ(現在は機能しておらず)、仮に実現できたとすれば「現在の情報」として閲覧者は認識します。 すると、 既に引っ越しで住居人が変わった場合や破産手続が終了した者であっても、今現在も破産者であると誤解させるつくりになっているため、そのような方々に対する名誉毀損にもなりうるものです。 直近の情報を載せているだけ? 「自己破産・特別清算・再生データベース」が破産者マップやモンスターマップと異なる点は、2019年8月1日以降の情報しか無いことです。 ドメイン取得が9月なのに8月からの情報を載せているということは、 おそらく「直近3か月」程度の情報を掲載する方針と思われます(今後の推移を見守る)。 これに対してインターネット官報は「 直近30日分」が公開されています。 少なくともこれから外れた期間の情報を載せるのは上述の通りアウトですが、たとえ「直近30日分」の情報に限って掲載したとしても(インターネット官報で見れるので無意味な行為だが)、個人情報保護法のオプトアウト規定に違反しています。 個人情報保護法のオプトアウト規定違反 実は、民間で破産者チェックプログラムを販売している事業者も居ます。 しかし、これは 個人情報保護法のオプトアウト規定に則って事前に 個人情報保護委員会に届出をしている事業者であり、法律上、取り扱いが認められているのです。 破産者マップやモンスターマップ、自己破産・特別清算・再生データベースはそのような許可を得ていないのでアウトです。 この場合、個人情報保護委員会は「個人の重大な権利利益を害する事実があるため緊急に措置をとる必要があると認めるときは、当該個人情報取扱事業者等に対し、当該違反行為の中止その他違反を是正するために必要な措置をとるべきことを勧告・或いは命ずることができる」(個人情報保護法42条参照)とされています。 有効な対抗措置・対応手段はアクセス負荷?マイニングプログラムに注意 破産者マップはアクセス過多でサーバーダウンし、使い物にならなくなりました。 サーバーの維持管理費用が、このようなサイトを公開することで得られる利益よりも高くつくのであれば、サイトは存続できなくなります。 ですから、サイトの存在を周知して晒すことが有効な対抗手段になりえますが、モンスターマップはDDos攻撃などを受けたためマイニングプログラムを導入したとしており、今後は逆にアクセスがサイトの利益になってしまうおそれがあります。 個人情報保護委員会への通報 委員会は把握済み 個人情報保護委員会に電話で通報した際、既にこれらのサイトの存在は把握して対応を検討中とのことでした。 上記リンクからフォームで通報可能と聞きました。 サイトは随時アップデートされていくと思われるので、新しい情報があれば連絡すると良いでしょう。 いたちごっこは続くようです。 以上 Nathannate.

次の

破産者の実名や住所をまとめたサイト「モンスターマップ」に法的問題はないのか? 規約には「スイスの法律に従っている」と記載 (1/2ページ)

モンスター マップ

破産者マップが一時とても有名になりましたね。 私も自分の家の近くとか、調べたりしたことがあります。 以前公開されていた破産者マップは地図の形式でしたが、新たに出現したモンスターマップは、地図の形式ではないようですね。 での反応 新しい破産者マップと言われるモンスターマップ 検索機能はないが、でこんな感じで検索すれば、住所、名前で検索できてヤバイな site: 東京都港区六本木 site: Monster Map — Ryouchi ryouchi モンスターマップってご存知ですか?あの破産者マップと中身は同じだそうです、怖… — V3 v313334 このHP上では名前と住所のみ記載ですが、住所表示は Mapへのリンクが貼ってあります。 結局は破産者マップと同じく現在の情報と同じであると誤認させるもので違法だと思います。 リスクをとらなければリターンもありませんから、怖がっていては何もはじまりませんが、物事を始める前にはしっかりと事前にリサーチ、テストをしておきたいですね。 破産の理由もたくさんあるとは思いますが…。 破産者マップの時と同様、もしも今後モンスターマップが閉鎖されてもまた新しいサイトとして復活してしまうのでしょうね。 目的は様々ですが、反響はとても大きいようです。 モンスターマップのリンクはこちら あるいは、グーグルの検索窓に、 「site:monstermap. org」と入力。 その後ろに、検索したい人の名前や住所を入力して検索すると表示されます。 例)グーグルの検索窓に site:monstermap. なお、モンスターマップはいつ閉鎖されるかはわかりませんが、今のところ検索できるようです。 bluetrollbible58.

次の

モンスターマップが破産者情報を勝手に掲載?問題点と対処方法とは

モンスター マップ

しかしモンスターマップでは個人名での検索にヒットしてしまうため個人情報が簡単にばれてしまう厄介なサイトです。 モンスターマップに関するツイート モンスターマップについてTwitterに投稿されている情報をまとめました。 【今週の注目ニュース】 破産者の実名や住所をまとめたサイト「モンスターマップ」に法的問題はないのか? 規約には「スイスの法律に従っている」と記載 — zakzak zakdesk モンスターマップの破産者情報の削除方法をわかる限りでまとめています。 効果は不明。 他に情報があれば是非! 日本国の法律に則って考えれば違法であることは火を見るよりも明らかでしょう。 モンスターマップ制作者には厳罰をのぞみます! — Suck silver00112233 詳しく解説している動画 YouTubeにモンスターマップについて詳しく解説されているおすすめの動画をまとめました。 上記の記事は公開してからかなりアクセス数が増えたので、モンスターマップについて今回詳しく調査することにしました。 借金返済が苦しいなら 類似サイトがある!「破産者マップ」 モンスターマップの前身とも言われるサイトが昔あった事をご存知でしょうか。 その名も 「破産者マップ」というサイトで、2018年12月頃に開設され当時かなり話題になりました。 Twitter情報 「破産者マップ」の運営者のツイッターアカウントは先ほど、マップを閉鎖することを発表しました。 「この度は、多くの方にご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした」と謝罪しています。 — 弁護士ドットコムニュース bengo4topics 破産者マップの事件を詳しく知りたい方はこちら 自己破産している人から知られたくない個人情報が可視化されているということで問題となっていました。 最後には弁護団まで結成され国の個人情報保護委員会より行政指導を受けた後にサイト運営者が 2019年3月19日にサイトを閉鎖しています。 破産者マップが閉鎖して半年程度で類似するモンスターマップが立ち上がったことから同じ運営者ではないかと憶測されています。 破産者マップの運営者は違うと主張しているようです。 破産者マップの弁護団による調査は未だに続いていると言われています。 モンスターマップと破産者マップの違い 破産者マップの類似サイトであるモンスターマップで 類似する点と類似しない部分もあるようです。 類似している点• 破産者マップは一時的に削除依頼に対応しましたがモンスターマップは「掲載している個人や組織は実在している個人や組織と関係ない」と主張しており削除対応に応じておりません。 破産者マップはマップ上から調べていく形でしたがモンスターマップは特定の手法を使うことでYahooやGoogleの検索で個人名がヒットさせることができるようになっており、より自己破産した情報を調べられる可能性が高まっています。 破産者マップ同様に法的な問題の指摘や行政指導が入った可能性もあり一度サイトは閉鎖していました。 しかし閉鎖後に hasandb. is のドメインで新たに立ち上がっています。 同じ UI だったので運営者は同じだと推測されています。 アセットマンも一度試してみましたがバッチリと破産している情報が検索にヒットしてきました。 アセットマン モンスターマップへのアクセスは注意!! モンスターマップのお知らせに「サーバーに対し引き続きDos、DDoS、F5アタックが継続しているため、対策としてウェブマイニングプログラムを導入いたしました」として「ウェブマイニングプログラム」を導入したとの報告が記載されています。 ウェブマイニングプログラムとは? 簡単に説明すると、閲覧者の端末のCPU等を利用して仮想通貨をマイニング=計算処理をさせるプログラムで、アクセスしたら閲覧者のPCやスマホが処理のために稼働するので熱を帯びることがあり、動作も遅くなるためブラウザを閉じても対処出来ない場合にはシャットダウンなどして対応する必要があります。 不用意にモンスターマップのサイトへアクセスはしないようにしましょう。 ツイート情報も参考にしてください。 破産者情報を一般公開しているWebサイト「」において、閲覧者の許諾を得ずに仮想通貨マイニングを実施している事が判明。 モバイル端末では読込がクラッシュする筈です。 但し、当垢担当者は破産者情報公開に関する法的事項について一切関与しません。 モンスターマップはどうでしょうか。 色々なサイトやSNSの情報を調査しましたがモンスターマップは削除依頼に応じないようです。 その理由は「掲載している個人や組織は実在している個人や組織と関係ない」と主張しており削除対応に応じていないようです。 そもそも運営者に対してどこからも連絡を取る方法がなく削除依頼することも出来ません。 借金返済が苦しいなら Yahoo・Google検索からの削除方法 モンスターマップのページからの削除依頼はできませんが、YahooやGoogleで検索した時の検索結果画面からは削除できる可能性があります。 以下GoogleとYahooの削除依頼手順です。 炎上した結果色々なメディアで取り上げられてその存在が広く認知されてしまい興味本位でサイトにアクセスする人も多かったため知り合いに破産した人がいないか調べられてバレてしまうということもあったようです。 モンスターマップの場合は立ち上げ時はプチ炎上しましたがメディアで大々的に取り上げられてはいないためそこまで認知はされてはいないようです。 破産した人たちは気になるのでニュースサイトなどで知る機会があれば詳しく見ると思いますが一般の人はおそらく興味はそこまでないと思われます。 実際にアセットマンも破産者マップ開設からモンスターマップがある今も全く周りにバレることもなく過ごしています。 モンスターマップの事を認知しても簡単には調べられないようになっているため相当に調べる理由がないと調べないと思います。 モンスターマップは年月から調べていく形となっており調べる人がいつ自己破産したのかを知らないとまずたどり着かないでしょう。 サイトにGoogle等での検索方法は記載してありますが、そこまでする人は少ないのではないでしょうか。 不動産オーナーさんとかで、入居者のことを調べたく調査する目的や会社社員のことを調べたりする可能性はあります。 通常はインターネット版(官報)を見ますので、モンスターマップがあってもなくても調べられたらバレる可能性はあると言うことです。 モンスターマップの今後 破産者マップは弁護団によるサイト閉鎖の活動により運営者がサイト閉鎖しましたがモンスターマップの場合はどうなるか気になりますよね。 現時点では、破産者マップとは違い閉鎖に追い込まれる可能性が低いようです。 理由としては、「モンスターマップ」というサイト名が破産者であることを特定していないため名誉毀損に当たりづらいと調査して分かりました。 また運営者の特定ができていないことも今後閉鎖してもらえない可能性が高い理由です。 破産者マップの運営者はモンスターマップとは関係がないと主張しているようですが本当のところは現在闇に包まれています。 どちらにしても破産という人に知られたくない情報を誰もが見れるネットに公開するという行為は許しがたいことではあるので早く閉鎖してもらいたいと願います。 ただし、破産していることは インターネット版(官報)には掲載され続けるためモンスターマップが仮に閉鎖になったとしてもバレる可能性が無くなるわけではありませんので、注意はしておきましょう。 自己破産している人が「モンスターマップ」とはどんなサイトなのか?バレたりしないだろか? 色々気になり不安になっていることを少しでも無くすために記事にしています。 決してモンスターマップを広めるための行為ではありません。 そもそもこの記事にたどりつく人はモンスターマップの事を認知している方向けとなっているため知らない人に知らせる記事ではないのでご理解下さい。 借金問題に多くの人が利用する借金減額診断 借金返済に苦しんで自己破産という選択を検討する前に多くの方がで 借金減額のシュミレーションをされる方が増えています。 私も借金問題を解決するためにを行い借金問題を解決することができました。 アセットマン 匿名で使える無料の借金減額シュミレーションは地域や借金状況に応じてあなたに あった最適な借金問題の解決方法や減額できる可能性などを詳しく教えてもらえます。 実際に借金減額シュミレーションを利用された方は声を揃えて、 「こんなに簡単に問題解決するな らもっと早くしておけばよかったと」と言われています。

次の