寺尾 聰 ルビー の 指環。 寺尾聰 ルビーの指環 LYRICS

寺尾聰のルビーの指環ヒット秘話!嫁・星野真弓と娘、元妻・范文雀の結婚・離婚をチャネる!

寺尾 聰 ルビー の 指環

昭和の作詞事情とは 現在では、アーティスト自身が作詞作曲をするのが当たり前ですが、『Reflections』がリリースされた1981年 昭和56年 頃は、一部のシンガーソングライターを除き、ほとんどの曲はプロの作詞家が作詞を担当していました。 それゆえに、日々の日常を描いた最近の歌詞とは違い、当時の歌詞は、非日常的な完璧な世界観を作り上げていたのです。 『Reflections』にも、松本隆、有川正沙子という、超一流の作詞家が揃い踏み。 『ルビーの指環』が大ヒットした理由 『Reflections』の中でも『ルビーの指環』は、人気歌番組「ザ・ベストテン」で、12週連続1位を記録する大ヒットとなり、スタジオには寺尾聰専用ソファーが設けられるほどでした。 聖子ちゃんやマッチなど、アイドル花盛りの時代に、なぜ『ルビーの指環』という、いぶし銀のような曲がここまでヒットしたのでしょう。 それは、寺尾聰が出演していた人気刑事ドラマ「西部警察」の影響です。 当時、テレビは一家に一台の時代。 当然、親子で同じ番組を見ていました。 ド派手なアクションドラマ「西部警察」は大人にも子供にも大人気。 『ルビーの指環』を歌う寺尾聰は、西部警察のリキそのもの。 クールなリキさんが歌うクールな曲に、大人も子供もシビれたのです。 ようこそ『Reflections』の世界へ それでは、いよいよ『Reflections』の歌詞で大人の男の美学を体験して頂きましょう。 まずは、HABANA EXPRESSに乗って旅のスタートです。 問いかける人もなく、心の中で独り語りをするという意味の「問わず語りの心」。 たったこれだけで主人公の孤独を表現するセンスがすごいです。 あれから、ルビーの指環を見ると、つい彼女かと期待してしまう。 大人の男には、後悔もつきものなのです。 大人の男は、やはり一人でしか生きられないのです。 夜明けと共に港から出航する船。 孤独と自由という、世の男性の究極の夢を形にして『Reflections』の世界はエンドロールを迎えます。 〜FIN〜 昭和の男の美学にノックアウト 『Reflections』は、文学的とも言える歌詞と、都会的な洗練された曲、そして寺尾聰の低音ボイスにタメを効かせた歌声が見事に調和した、昭和ならではの名作です。 令和の時代を迎えた今も、このアルバムを聴けば、誰もが昭和の男の美学にノックアウトされる事は間違いありません。 TEXT 岡倉綾子.

次の

寺尾聰 ルビーの指環 LYRICS

寺尾 聰 ルビー の 指環

昭和の作詞事情とは 現在では、アーティスト自身が作詞作曲をするのが当たり前ですが、『Reflections』がリリースされた1981年 昭和56年 頃は、一部のシンガーソングライターを除き、ほとんどの曲はプロの作詞家が作詞を担当していました。 それゆえに、日々の日常を描いた最近の歌詞とは違い、当時の歌詞は、非日常的な完璧な世界観を作り上げていたのです。 『Reflections』にも、松本隆、有川正沙子という、超一流の作詞家が揃い踏み。 『ルビーの指環』が大ヒットした理由 『Reflections』の中でも『ルビーの指環』は、人気歌番組「ザ・ベストテン」で、12週連続1位を記録する大ヒットとなり、スタジオには寺尾聰専用ソファーが設けられるほどでした。 聖子ちゃんやマッチなど、アイドル花盛りの時代に、なぜ『ルビーの指環』という、いぶし銀のような曲がここまでヒットしたのでしょう。 それは、寺尾聰が出演していた人気刑事ドラマ「西部警察」の影響です。 当時、テレビは一家に一台の時代。 当然、親子で同じ番組を見ていました。 ド派手なアクションドラマ「西部警察」は大人にも子供にも大人気。 『ルビーの指環』を歌う寺尾聰は、西部警察のリキそのもの。 クールなリキさんが歌うクールな曲に、大人も子供もシビれたのです。 ようこそ『Reflections』の世界へ それでは、いよいよ『Reflections』の歌詞で大人の男の美学を体験して頂きましょう。 まずは、HABANA EXPRESSに乗って旅のスタートです。 問いかける人もなく、心の中で独り語りをするという意味の「問わず語りの心」。 たったこれだけで主人公の孤独を表現するセンスがすごいです。 あれから、ルビーの指環を見ると、つい彼女かと期待してしまう。 大人の男には、後悔もつきものなのです。 大人の男は、やはり一人でしか生きられないのです。 夜明けと共に港から出航する船。 孤独と自由という、世の男性の究極の夢を形にして『Reflections』の世界はエンドロールを迎えます。 〜FIN〜 昭和の男の美学にノックアウト 『Reflections』は、文学的とも言える歌詞と、都会的な洗練された曲、そして寺尾聰の低音ボイスにタメを効かせた歌声が見事に調和した、昭和ならではの名作です。 令和の時代を迎えた今も、このアルバムを聴けば、誰もが昭和の男の美学にノックアウトされる事は間違いありません。 TEXT 岡倉綾子.

次の

ルビーの指環(寺尾聰) / コード譜 / ギター

寺尾 聰 ルビー の 指環

昭和の作詞事情とは 現在では、アーティスト自身が作詞作曲をするのが当たり前ですが、『Reflections』がリリースされた1981年 昭和56年 頃は、一部のシンガーソングライターを除き、ほとんどの曲はプロの作詞家が作詞を担当していました。 それゆえに、日々の日常を描いた最近の歌詞とは違い、当時の歌詞は、非日常的な完璧な世界観を作り上げていたのです。 『Reflections』にも、松本隆、有川正沙子という、超一流の作詞家が揃い踏み。 『ルビーの指環』が大ヒットした理由 『Reflections』の中でも『ルビーの指環』は、人気歌番組「ザ・ベストテン」で、12週連続1位を記録する大ヒットとなり、スタジオには寺尾聰専用ソファーが設けられるほどでした。 聖子ちゃんやマッチなど、アイドル花盛りの時代に、なぜ『ルビーの指環』という、いぶし銀のような曲がここまでヒットしたのでしょう。 それは、寺尾聰が出演していた人気刑事ドラマ「西部警察」の影響です。 当時、テレビは一家に一台の時代。 当然、親子で同じ番組を見ていました。 ド派手なアクションドラマ「西部警察」は大人にも子供にも大人気。 『ルビーの指環』を歌う寺尾聰は、西部警察のリキそのもの。 クールなリキさんが歌うクールな曲に、大人も子供もシビれたのです。 ようこそ『Reflections』の世界へ それでは、いよいよ『Reflections』の歌詞で大人の男の美学を体験して頂きましょう。 まずは、HABANA EXPRESSに乗って旅のスタートです。 問いかける人もなく、心の中で独り語りをするという意味の「問わず語りの心」。 たったこれだけで主人公の孤独を表現するセンスがすごいです。 あれから、ルビーの指環を見ると、つい彼女かと期待してしまう。 大人の男には、後悔もつきものなのです。 大人の男は、やはり一人でしか生きられないのです。 夜明けと共に港から出航する船。 孤独と自由という、世の男性の究極の夢を形にして『Reflections』の世界はエンドロールを迎えます。 〜FIN〜 昭和の男の美学にノックアウト 『Reflections』は、文学的とも言える歌詞と、都会的な洗練された曲、そして寺尾聰の低音ボイスにタメを効かせた歌声が見事に調和した、昭和ならではの名作です。 令和の時代を迎えた今も、このアルバムを聴けば、誰もが昭和の男の美学にノックアウトされる事は間違いありません。 TEXT 岡倉綾子.

次の