土浦 市 真鍋 小学校。 土浦市(茨城県エリア)の建売住宅一覧|茨城グランディハウス

茨城県土浦市の小学校一覧

土浦 市 真鍋 小学校

ガスコンロ• 即入居可• カウンターキッチン• ウォークインクローゼット• オール電化• 床暖房• バリアフリー• 所有権• ブロードバンド• コンロ三口以上• 低層住宅地• 南道路• 現地内覧可能• TVモニタ付インターホン• IHコンロ• 二世帯住宅向き• コンビニ 800m以内• スーパー 800m以内• 総合病院 800m以内• 小学校 800m以内• 長期優良住宅• 設計住宅性能評価書• 建設住宅性能評価書(新築時)• 低炭素住宅• 公園 400m以内• 中学校 800m以内• LIFULL HOME'S 認定物件• LIFULL HOME'S 住宅評価• オンライン相談可 画像• 図面あり• その他画像あり• 人気のテーマやランキング・フリーワードなど、様々な方法でご希望の物件を探せる一戸建て情報サイトです。 全面リフォーム・リノベーション済の物件やDINKS・ファミリー向けの物件も多く取り揃えています。 土浦市真鍋で気になる中古戸建を見つけたら、所在地・周辺環境・広さ・特徴などで比較して、簡単に資料請求が可能です(無料)。 また、中古一戸建て価格相場では、検討している地域・駅の物件平均価格が見られますので、マイホーム購入の目安となる費用の把握ができます。

次の

土浦市立真鍋小学校

土浦 市 真鍋 小学校

茨城県土浦市から絞り込み• 天川 0• 荒川沖 0• 荒川本郷 0• 有明町 0• 飯田 0• 生田町 0• 今泉 0• 大町 0• 沖新田 0• 乙戸 0• 粕毛 0• 霞ケ岡町 0• 上高津 0• 上高津新町 0• 川口 0• 神立町 0• 北神立町 0• 木田余 0• 小岩田西 0• 小岩田東 0• 国分町 0• 湖北 0• 小松 0• 小松ケ丘町 0• 小山崎 0• 桜ケ丘町 0• 桜町 0• 佐野子 0• 宍塚 0• 白鳥町 0• 城北町 0• 千束町 0• 立田町 0• 田中 0• 田中町 0• 田村町 0• 千鳥ケ丘町 0• 中央 0• 都和 0• 東崎町 0• 殿里 0• 中高津 0• 中貫 0• 中村西根 0• 永国 0• 西真鍋町 0• 蓮河原新町 0• 蓮河原町 0• 東中貫町 0• 東真鍋町 0• 文京町 0• 真鍋新町 0• 摩利山新田 0• 港町 0• 虫掛 0• 矢作 0• 大和町 0• 北荒川沖町 0• 西根南 0• 荒川沖西 0• 中荒川沖町 0• 神立中央 0• 神立東 0• 卸町 0• 西根西 0• 烏山 0• 永国台 0• 板谷 0• 東若松町 0• 木田余東台 0• 粟野町 0• 紫ケ丘 0• おおつ野 0• 滝田 0• 木田余西台 0• 東都和 0• 若松町 0• 西並木町 0• 東並木町 0• 笠師町 0• 中都町 0• 永国東町 0• 中村東 0• 大志戸 0.

次の

土浦市立宍塚小学校

土浦 市 真鍋 小学校

由来 [ ] 真鍋小学校は、1877年(明治10年)6月3日に創設された。 創設当時の名称は「真鍋学校」といい、当時西真鍋地区にあった長松院という寺院の中にあった。 1882年(明治15年)に真鍋小学校に改称し、1907年(明治40年)に現在の位置に新しい校舎が落成した。 その年の春の真鍋小学校卒業生たちは、新校舎落成記念として当時はまだ珍しかったソメイヨシノの5年生苗木を5本寄贈し、校庭の一隅に植樹した。 その5本のソメイヨシノは、植樹後100年以上を経た2012年(平成24年)の時点でも1本も欠けることなく、毎年春に美しい花を咲かせている。 園芸種であるソメイヨシノの寿命はやなどと比べて比較的短く、約80年程度といわれる。 真鍋小学校のサクラは1882年(明治15年)に青森県の弘前公園に植栽された数本に次いで古いものとされ、1956年(昭和31年)5月25日に中央の3本、2002年(平成14年)10月29日には両端の2本が「 真鍋のサクラ」の名称で茨城県の天然記念物に指定された。 最初は校庭の一隅に植えられていた5本のサクラは、町の発展に伴い、1928年(昭和3年)、1938年(昭和13年)、1940年(昭和15年)の3回にわたって行われた校庭の拡張工事により、校庭の真ん中の位置を占めるようになった。 校舎も校庭と同様に増改築を重ね、1977年(昭和52年)6月に開校100周年記念式典を行った。 1982年(昭和57年)4月、真鍋小学校の当時の校長はこのサクラを児童のに役立てようと考え、「新入生を迎えるお花見集会」を発案し、さっそく実行に移した。 集会の当日は、満開のサクラの木を全校児童が大きな輪になって囲み、新1年生の到着を待ちうける。 スピーカーから流れる音楽とともに、新1年生たちが新6年生とともに登場する。 新1年生の男の子は新6年生の男の子の背に、新1年生の女の子は新6年生の女の子の背に、それぞれ一人ずつおんぶされている。 新6年生は新1年生をおんぶしたまま、児童たちの輪の周りを一周する。 この行事の運営は子供たちの手に委ねられ、学校側はそれを見守り、手助けする立場をとっている。 このお花見集会はテレビ放送や新聞などの報道で有名になり、当日は多くのアマチュアカメラマンが撮影に訪れている。 樹高と幹回りは最大の木でそれぞれ12メートル、5. 1メートルに及ぶ。 校庭で子供たちが毎日遊んで根を踏まれているにもかかわらず、樹勢は旺盛である。 写真家の宮嶋康彦は、この5本のサクラを真鍋小学校の「もう1人の校長先生」と形容している。 交通アクセス [ ] 所在地• 茨城県土浦市真鍋四丁目3番1号(真鍋小学校校庭) 交通• (JR東日本)西口バスターミナル4番・5番のりばから発車する・・で「前」停留所下車、徒歩3分。 またはから車で約5分。 脚注 [ ]• 渡辺、103頁。 参考文献 [ ]• 牧野和春 『巨樹と日本人 異形の魅力を尋ねて』 〈〉、1998年。 渡辺典博 『巨樹・巨木 日本全国674本』 、ヤマケイ情報箱、1999年。 『古木の桜はなにを見てきたか 老いてなお華麗に生きるいのちの美を求めて』 、2003年。 宮嶋康彦 『この桜、見に行かん 日本の桜ベスト30』 、2004年。 大貫茂 『桜の話題事典』 、2010年。 外部リンク [ ]• 2012年5月19日閲覧。 茨城の名木・巨樹 2012年5月19日閲覧。 2012年5月19日閲覧。

次の