ぎぼ むす キャスト。 「ぎぼむす」スペシャルドラマあらすじは?再放送も決定

「ぎぼむす」スペシャルドラマあらすじは?再放送も決定

ぎぼ むす キャスト

「ぎぼむす」こと「義母と娘のブルース」が、2020年1月2日に、スペシャルドラマ「義母と娘のブルース2020年謹賀新年スペシャル」として放送されました。 平均視聴率は16. 0%を獲得し、綾瀬はるかさん演じる主人公・亜希子が、育児放棄した父親に対し、「この方の問題は資質ではなく環境」と言ったシーンが、毎分17. 4%を記録しました。 「義母と娘のブルース」の原作は、ぶんか社から刊行されている桜沢鈴さん作の4コマ漫画です。 ドラマ「義母と娘のブルース」は、2018年7月からTBSで火曜ドラマ枠で放送され、全10話の平均が14. 2%の視聴率を獲得しています。 今回のスペシャルドラマは、連続ドラマ版から1年後の世界をドラマオリジナルストーリーで描いたものでした。 「きぼむす」のキャスト、主題歌、綾瀬はるか、きぼむすの続編についてご紹介します。 奮ってご応募下さい👶 義母と娘の物語は今日もどこかで、続いています。 ・宮本亜希子(みやもと あきこ) 綾瀬はるか ・宮本良一(みやもと りょういち) 竹ノ内豊 ・麦田章(むぎた あきら) 佐藤健 ・宮本みゆき(みやもと みゆき) ・黒田大樹(くろだ ひろき) ・宮本みゆき(みやもと みゆき)幼少期 横溝菜帆 ・山本勘九郎(やまもと かんくろう) 武田鉄矢 ・川田優 高岡蒼佑 ・亜希子のボス 橋本さとし ・桜向日葵(さくら ひまわり) ・矢野晴美(やの はるみ) 奥貫薫 ・米田 谷口翔太 ・麦田の父 宇梶剛士 ・田口朝正(たぐち ともまさ) 浅利陽介 ・笠原廣之進(かさはら ひろのしん) 浅野和之 ・下山和子(しもやま かずこ) 麻生祐未 「ぎぼむす」の主題歌 「ぎぼむす」こと「義母と娘のブルース」の主題歌は、MISIAの「アイノカタチ feat. HIDE GReeeeN 」です。 連続ドラマ編と、スペシャルドラマ編で同じ主題歌でした。 「アイノカタチ feat. HIDE GReeeeN 」は、MISIAさんの35枚目のシングルです。 作詞・作曲は、GReeeeNです。 アレンジは、音楽プロデューサーの亀田誠治さんです。 GReeeeNのメンバーのHIDEさんは、曲中でコーラスに参加しています。 楽曲提供したGReeeeNは、2019年にセルフカバーをしていて、アルバム「第九」に収録されています。 「ぎむぼす」を盛り上げてくれる名曲ですよね。 「ぎむぼす」と綾瀬はるか 「ぎむぼす」SPでは、綾瀬はるかさんが、赤ちゃんを目の前にして「腹踊り」をしました。 綾瀬はるかさん演じる亜紀子は、泣き止まない赤ちゃんに対して、ジャケットを脱ぎ、シャツをたくし上げて、お腹を動かして「ピヨピヨ、ピーヨ」とあやしました。 ネット上では、「腹踊りキター!」や、「伝家の宝刀」や、「爆笑」などの声があがりました。 綾瀬はるかさんは、コミカルな演技も思いっきりやるので、楽しいですよね。 「ぎぼむす」の続編 「ぎぼむす」SPは、とても高視聴率でした。 TBSの飯田和孝プロデューサーは、 多くの方々にご覧になっていただき感謝の気持ちでいっぱいです。 亜希子さんや娘みゆき、そして宮本家を支える人たちを愛していただけたことを本当にうれしく思います。 いつの時代も変わらない普遍的なこと、そして少しずつ変わっている関係性を観ていただいたこと、キャスト&スタッフ一同感謝しております。 ありがとうございました 引用:スポーツ報知 とコメントしています。 「ぎぼむす」SPの終盤では、ゴルディック社がファンドに買収され社長が交代することになりました。 新社長は、亡くなった旦那である宮本良一にそっくりという場面で終わりました。 このことで、続編の期待が高まりました。 キャストの魅力や、親子の絆、子育ての大変さなど、共感できるところが多い所が、高視聴率の理由でしょう。

次の

義母と娘のブルース(ぎぼむす)子役キャスト みゆきがかわいい!横溝菜帆さん

ぎぼ むす キャスト

あらすじ [ ] 岩木亜希子は32歳の若さで部長になった、仕事一筋のバリバリのキャリアウーマン。 そんな彼女は先妻を亡くした 宮本良一と結婚し、小学生の娘 みゆきの母親になることになった。 しかし仕事一筋の彼女は世間の母や主婦とはズレており、慣れない家庭生活で失敗を繰り返す。 みゆきは亜希子のそんな姿を恥ずかしく思い、しばしば反発する。 お互いの姿に戸惑いつつも、距離を縮めようとする義母と娘だったが、良一もまた病により余命僅かとなっていた。 良一との別れから数年後、みゆきは高校生に成長し、亜希子も一人前の主婦となっていた。 みゆきは同級生から告白を受け、付き合うかどうかで悩んでいたが、とある理由で疎遠となった小学校時代の友人・ヒロキの姿を見かけたことから異性や恋愛について深く考えるようになる。 一方、新たにパン屋でアルバイトを始めた亜希子は、不真面目な店長と共に店の経営を立て直すべく奔走する。 母娘の出会いから約20年、ヒロキと結婚したみゆきは家を出て、姑のいびりに耐えながらも家事と子育てに追われる日々を送っていた。 亜希子はコンサルタント会社を立ち上げ、再びキャリアウーマンとしての道を歩み始める。 そんなある日、久々に実家へ戻ったみゆきは老後の準備を進める亜希子の姿を見て、自分を育ててくれた彼女に対してできることは何か悩むようになる。 やがて、亜希子の波乱の生涯にも最期の時が訪れる。 亜希子は自分が何故良一の提案に応じ、血の繋がらない娘を引き取ったのか、その本当の理由を語る。 32歳の若さで部長。 良一とみゆきからはやに例えられるほど有能である。 また部下を育てる力に長け、取引先の接待術にも優れたまさにスーパー部長。 宮本良一と結婚し、みゆきのとなる。 結婚後は退職して。 結婚当初は家事が不得手であったが、みゆきが高校生になるころには上達している。 みゆきの高校進学を機に近所のパン屋「フランセ」にパート勤務をし、業績を改善。 この経験を活かして会社を立ち上げた。 仕事一筋過ぎて世間の常識に疎い面があり、おしゃれができなかったり、みゆきの一般常識に関する質問をビジネス用語の質問と勘違いしてそれを教えてしまったりしている。 恋愛にも疎かったが、良一に対しては結婚後に愛情が芽生え、良一だけを生涯愛し続ける。 宮本良一(みやもと りょういち) みゆきの父。 亜希子の夫でみゆきの実母(前妻)とは死別している。 余命僅かで身寄りもいないため、自分の死後にみゆきを託せる相手を求め、亜希子と再婚する。 その結果亜希子は退職したため、「(ライバル会社のスーパー部長と結婚して会社を辞めさせ、結果的に自社の仕事を増やした)救世主」と呼ばれるようになった。 入社八年目にして花見の場所取りをする、自社の入札金額をライバル会社にいた亜希子に言ってしまうなど、決して有能とは言い難いが、人柄が良く、上司に可愛がられていた。 再婚から約1年後、病気が悪化して亡くなる。 宮本みゆき(みやもと みゆき) 良一の娘。 当初は義母になる亜希子に対して反発していたが、徐々にズレてはいるものの一生懸命な亜希子を受け入れていく。 良一の葬儀の日に初めて亜希子を「おかあさん」と呼んだ。 ただしビジネス用語には非常に詳しく、告白の返事を「鋭意検討して善処します」と言ってしまうほど。 大学卒業後ヒロキと結婚し、二児の母となる。 ヒロキ みゆきの小学校のクラスメート。 実母の死後ふさぎこんだみゆきを心配してちょっかいをかけていたがのちに友人関係となる。 しかし些細なことがきっかけで絶交してしまい、高校生になるまで会話もなかった。 高校生になってからみゆきとの交友が再開し、麦田章(下記参照)の恋路をみゆきと応援する。 大学卒業後みゆきと結婚し、二児の父となる。 母は小学校時代はボスママで、結婚して間もなかった亜希子と保護者会で2時間にわたるバトルを繰り広げた因縁がある。 麦田章(むぎた あきら) 宮本家の近所のパン屋「フランセ」の店主。 腰を痛めて隠居した父から店を受け継ぐ。 元ヤンキーで、それもあって店の売り上げは悪かった。 年齢は亜希子より一回り以上年下。 亜希子がスーツでパートに面接に来た時にはかの抜き打ち検査だと勘違いし、履歴書の立派さに持て余しかけ、大企業の元エリートだと金銭感覚は普通ではないと思って一度採用を見送るが、パンの耳を欲しがったのを見て採用。 その後店の立て直しをする中で亜希子に惹かれ、退職の際に告白するが玉砕する。 下山さん(しもやまさん) 宮本家の近所の噂好きなおばさん。 情報通で、企業の会長のゴシップを話したのがきっかけで亜希子と親しくなる。 その噂好きはみゆきが結婚後里帰りしたときも変わらなかった。 希美、大樹 みゆきとヒロキの間に生まれた長女と長男。 書誌情報 [ ] 〈ぶんか社コミックス〉• 『義母と娘のブルース』:2011年2月14日発売、• 『義母と娘のブルースFinal』:2012年6月14日発売、• 『義母と娘のブルース 新装版』:2018年7月18日発売、全2巻• 上巻:• からまで系「」で放送された。 主演は。 公式な略称は『ぎぼむす』。 では、亜希子とみゆきが出会ってから、それぞれ成長し自立するまでの10年間を描く。 に放送の「2020年謹賀新年スペシャル」では、連続ドラマの1年後が描かれる。 さらに、動画配信サービスではスペシャル放送後から3夜連続でオリジナルストーリー『義母と娘の間のフェルマータ』が配信される。 結婚後、良一への愛情が深まるにつれて感情が現れるようになり、葬儀で泣いて以降は豊かな表情を見せるようになる。 トップシェアの金属会社「光友金属」で働くキャリアウーマンだったが、第2話で退職し専業主婦となる。 しかし、運動会のプログラム進行を一人で担ったり、休職した良一の代役として「桜金属工業」に出勤し競合を成功させるなど、多くの場面でキャリアウーマン時代の経験を活かすことになる。 良一の死後は、貯金とで生計を立てていたが、大学進路を選ぶみゆきに働く姿を見せるために「麦田」でパート勤務を始める。 マネージメントも行い、第8話ではリニューアルオープンを提案する。 最終話で、のの話を笠原から紹介されるが、一旦は断る。 しかし、みゆきの後押しもあって大阪行きを決める。 宮本良一〈享年46〉 演 - みゆきの父。 老舗の金属会社「桜金属工業」勤務。 周囲から「陽だまりのような人」と言われる朗らかな性格。 を患い、娘・みゆきを託すために亜希子と結婚する。 みゆきの自転車の練習に付き添っていた時に倒れ、救急搬送され入院する。 亜希子以外には闘病を隠して足の骨折で入院していることにした。 退院してから2か月後に息を引き取った。 宮本みゆき〈8 〉 演 - (幼少期:) 良一の一人娘。 亜希子と初対面時点で8歳の小学校3年生。 亜希子を「亜希子さん」と呼んでいたが、良一の通夜で亜希子が本心から良一を愛していた事を知り「おかあさん」と呼ぶようになる。 その後は一緒に暮らす中で徐々に思考や行動が亜希子とそっくりになる。 成長後は父親に似たのか、亜希子に心配される程に楽天的な言動が多くなっている。 また漫画が好きでよく絵を描いている他 、男性同士が密着する様子にときめきを感じるなど、若干の気もある。 しかし、内心では優秀すぎる上に自分の事を後回しにして育ててくれた義母に対する引け目を感じており、成績や進路について深く悩んでいた。 その悩みは、麦田のリニューアルオープンを手伝う中で経営への興味に変わり、大学にも合格する。 亜希子へのスカウトを知って自立を急ぐあまり進学を取り辞めようとするが、義母に諭されて大学で学ぶ道を選ぶ。 亜希子が安心して大阪に行くことができるように、麦田の店でのアルバイトと一人暮らしを始める。 麦田章 演 - (幼少期:) 言葉の言い間違いが非常に多く、頻繁に人名や漢字を間違える。 パン屋を引き継ぐ事に抵抗を感じ、職を転々としている。 第1話では、第2話では、第3話では、第4話では、第5話と第6話前半はとして登場する。 良一を荼毘に付す亜希子らを見て考えを改め、実家に戻った。 親孝行のために「ベーカリー麦田」の店長となったものの、求人に応募してきた亜希子を雇うまで、店の評判は悪く、賃貸料の支払いも滞る。 自分と正反対の性格の亜希子を当初は疎んじていたが、徐々に信頼を寄せるようになり、自らも真剣にパンの改良に取り組む。 リニューアルオープンに向けて準備を進める中で、亜希子へ好意を抱き、第9話で告白するが断られる。 最終話で亜希子へのスカウトを知ると、パン屋を辞めて大阪に行くように背中を押した。 主要人物の家族 [ ] 宮本愛(みやもと あい) 演 - みゆきの実母で良一の亡き妻。 物語開始時の3年前に他界した。 麦田誠(むぎた まこと) 演 - (第6話・第8話・最終話、2020年SP) 麦田章の父。 「ベーカリー麦田」を経営していたが、長年苦労した腰痛で店から離れ、近くの家に住んでいる。 亜希子にパン改良の協力を求められるが、結局は章と喧嘩別れになり、亜希子に息子への助言と「ベーカリー麦田」の再建を託す。 最終話で、見つかったレシピノートを章に送る。 光友金属 [ ] 田口朝正(たぐち ともまさ) 演 - (第1話 - 第6話・第9話 - 最終話、2020年SP) 亜希子の元部下。 彼女に想いを寄せているが、それを告げる前に彼女は良一と結婚してしまった。 良一の葬儀の時に2人の愛情が本物と知る。 最終話で別の女性と結婚式を挙げた。 亜希子が退職した後の第3話では、みゆきの運動会で警察官になりすまし、警備を担当した。 一方で第5話の競合プレゼンでは「桜金属工業」側で亜希子が提案したプランが優れていたことに落胆する。 第9話ではバーで麦田と意気投合し、「ベーカリー麦田」を訪れて亜希子とも再会し、初対面だと思っていた麦田と以前から何度も会っていたことが判明する。 前原大輔(まえはら だいすけ) 演 - () (第1話 - 第6話) 亜希子の元部下。 桜金属工業 [ ] 猪本寧々(いのもと ねね) 演 - (第1話 - 第6話・第8話) 良一の部下。 既婚者。 第8話で、「ベーカリー麦田」のリニューアルに協力するため、子どもを連れて亜希子の家を訪れる。 笠原廣之進(かさはら ひろのしん) 演 - (第1話 - 第6話・最終話、2020年SP) 良一の上司。 第6話の良一の葬儀の際、出棺間際の棺に語りかけ、亜希子が号泣するきっかけになった。 良一の入院時にピンチヒッターで出社した亜希子の優秀さを見込んで、彼の死後にスカウトしたが、母としての務めを優先したい亜希子に断られた。 最終話で、大阪の経営コンサルティングファームの話を亜希子に紹介する。 みゆきのクラスメイト [ ] 黒田大樹(くろだ ひろき) 演 - (幼少期:)(連続ドラマ、2020年SP) みゆきの小学校のクラスメイト。 みゆきを「ブス」呼ばわりしていたが、実はみゆきに好意を持っており、元気づけるために敢えて意地悪な態度で接していた。 それを知ったみゆきには挨拶代わりに「デブ」と返されるようになる。 杏奈を気遣ったみゆきに「二度と話しかけないで」と言われてから彼女に近づけなくなる。 良一の通夜でみゆきと近付く機会はあったものの、そのまま父の転勤により転校する。 9年後の再会時、病気による休学のためみゆきよりも一学年下となっている。 の仕事に就くために大学薬学部を目指していて、勉強が不得意なみゆきのために家庭教師役を買って出る。 また、データ分析の特技を活かして麦田の商品開発を手伝うなど、パン屋のリニューアルオープンにも協力する。 矢野杏奈 (やの あんな) 演 - (第1話 - 第6話) みゆきの小学校のクラスメイト。 大樹のことが好きなので、みゆきが仲良くしていることを快く思っていない。 最終話で、高校卒業後はへ行くことが明らかになった。 小杉ジュリア(こすぎ ジュリア) 演 - (第1話 - 第6話) みゆきの小学校のクラスメイト。 本谷マノン(もとや マノン) 演 - (第1話 - 第6話) みゆきの小学校のクラスメイト。 今井エレナ(いまい エレナ) 演 - (第1話 - 第6話) みゆきの小学校のクラスメイト。 ユナ 演 - (第6話 - 第9話) みゆきの高校のクラスメイト。 亜希子のことを「ギボ」と呼ぶ。 みゆきの小学校の関係者 [ ] 矢野晴美(やの はるみ) 演 - (第3話 - 第6話・第8話 - 最終話、2020年SP) 矢野杏奈の母。 3人の子持ちで、10年以上会長をしている。 第6話後半の時点で、スーパーマーケットで働いている。 第3話の運動会の一件から亜希子と親しくなり、それ以後亜希子に何かとアドバイスしたり、「ベーカリー麦田」のリニューアルにも協力する。 早乙女奈央子(さおとめ なおこ) 演 - (第3話・第9話 - 最終話) みゆきのクラスメイトの保護者。 スーパーマーケットのレジ担当。 亜希子提案のPTA廃止に署名をする。 第9話からは「ベーカリー麦田」の店員をしている。 小杉朋子(こすぎ ともこ) 演 - (第3話 - 第4話・第6話・第9話) 小杉ジュリアの母。 PTA行事委員長。 本谷律子(もとや りつこ) 演 - (第3話 - 第4話・第6話・第9話) 本谷マノンの母。 PTA会計担当。 今井園子(いまい そのこ) 演 - (第3話 - 第4話・第6話・第9話) 今井エレナの母。 PTA書記担当。 高原綾子(たかはら あやこ) 演 - (第3話) みゆきのクラスメイトの保護者。 デパートの店員。 亜希子提案のPTA廃止に署名をする。 小川芳江(おがわ よしえ) 演 - (第3話) みゆきのクラスメイトの保護者。 介護職。 亜希子提案のPTA廃止に署名をする。 西条乙女(さいじょう おとめ) 演 - (第1話 - 第2話) みゆきの通う学童保育の職員。 山口(やまぐち) 演 - (第3話 - 第4話・第6話) みゆきの小学校時代の先生。 副校長 演 - (第3話) みゆきの小学校時代の副校長。 その他 [ ] 友井智善(ともい ともよし) 演 - (連続ドラマのみ) 麦田の友人。 映像関係の会社の。 麦田からは「トモヨ」と呼ばれる。 第7話中盤で、亜希子が作成した「ベーカリー麦田」計画提案書の有意性を麦田に解説した。 第9話ではADとして、話題のパン屋「ベーカリー麦田」と題したテレビ取材を行う。 下山和子(しもやま かずこ) 演 - (連続ドラマ、2020年SP) 「下山不動産」を経営している。 「ベーカリー麦田」の家賃滞納に頭を悩ませている。 第3話の運動会で、以前晴美にマンションを貸していたことを思い出し、晴美の情報を亜希子に伝える。 良一の葬儀にて、喪主としての事務的な務めしかしない亜希子に痺れを切らし説教した。 ゲスト [ ] 第1話 取引先の社長 演 - 第2話 マンションの管理人 演 - 第4話 小松将之 演 - (第5話) 良一の主治医。 第5話 熊谷秀人 演 - 良一と同じ病院で入院していた患者。 「〜だもの」が口癖。 第6話 浩司 演 - みゆきの実母・愛の弟。 良一の通夜に参列する。 陽子 演 - 良一の実姉。 良一の通夜に参列する。 麦田ベーカリーの取引先 演 - 麦田章の言い間違いによる失言に激怒する。 第9話 謎の女 演 - リポーター 演 - 話題のパン屋「ベーカリー麦田」を取材する、番組リポーター。 米田 演 - (最終話、2020年SP) 「ベーカリー麦田」の新人パン職人。 粟根 演 - (最終話) 「ベーカリー麦田」の新人パン職人。 シホ 演 - ユナの友人。 2020年謹賀新年スペシャル [ ] 山本勘九郎(やまもと かんくろう) 演 - トレーニングジム「ゴールデンアスレティック」社長。 ボス 演 - コンサル会社「アクセルビジネスパートナーズ」社長。 桜向日葵(さくら ひまわり) 演 - みゆきの大学のサークルの先輩。 川田優也(かわた ゆうや) 演 - 突如現れた赤ちゃんの父親。 岩城良治(いわき りょうじ) 演 - 竹野内豊 「ダインキャピタルジャパン」代表。 亡くなった良一に瓜二つの容姿の人物。 ゴールデンアスレティックの秘書 演 - ゴールデンアスレティックのCMイメージキャラクター 演 - 大阪のサラリーマン 演 - 、雅 スタッフ [ ]• 原作 - 桜沢鈴『義母と娘のブルース』(刊)• 脚本 -• 音楽 - 、信澤宣明• 主題歌 - 「」()• 劇中アニメ制作 - 福地亮介、シオガマノブユキ• みゆきイラスト監修 - 桜沢鈴• 参考文献 - 『小ネタの恩返し』、『』(株式会社)• 古語指導 - 山田順子• ベーカリー指導 - 西山逸成(ル・プチメック)• 医療指導 - 岩崎善毅()• お天気 -• 調理指導 - 赤堀博美• フィギュア制作 - 3Dayプリンター• マンガ制作 - 青木伸一()、富澤勝(AMG出版)• アクションコーディネーター -• 腹踊り指導 - 水木あお• キャラ弁指導 - 日本キャラベニスト協会• プロデュース - 、中井芳彦、大形美佑葵• 演出 - 、• 製作著作 - 放送日程 [ ] 連続ドラマ [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 2018年7月10日 33才独身部長女子が突然の義母宣言!? 私は貴女に就職します!! 平川雄一朗 11. そして私は制服を脱ぐ 11. これが私の生きる道…PTAを全面廃止へ 12. 最愛の娘と夏の奇跡…夫が決めた愛の形! 中前勇児 12. 夫が入院夫婦で戦う大修羅場!! 私、再就職します!? 平川雄一朗 13. 最期に届く奇跡とは!? 私、背中で魅せます 13. 娘の反抗と私の解雇!? 再就職先は倒産寸前 中前勇児 15. 完全復活の味は親の味娘の意見承ります!? 平川雄一朗 15. 私の愛の最終選択か!? 二人で歩んだ9年間 平川雄一朗 中前勇児 17. 愛が起こす奇跡の果て私は娘を愛してます 平川雄一朗 19. 8月28日は、『』(18時30分 - 翌0時30分)放送のため休止。 10月3日からにてディレクターズカット版の配信も開始。 スペシャル [ ] 放送日 ラテ欄 演出 視聴率 2020年1月2日 新ステージ突入編!! 私が義母から祖母へ!? 最愛の娘が突然、子供を…一体誰の子なの? 母性愛爆発で編み出す子育てビジネス炸裂!! 今年も娘を愛します 平川雄一朗 16. 第13回• 作品賞• 助演男優賞(佐藤健)• 第98回• 最優秀作品賞• 脚本賞(森下佳子)• 第22回日刊スポーツ・ドラマグランプリ 主演女優賞 (綾瀬はるか)• 2019年・テレビドラマ番組部門優秀賞 系 前番組 番組名 次番組• 2019年11月16日. 2020年1月9日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年5月1日. 2018年5月16日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年6月25日. 2018年6月25日閲覧。 News. Paravi 2019年12月12日. 2019年12月12日閲覧。 みゆきと初対面時。 テレビドラマ公式の第1話あらすじより。 亜希子と初対面時点。 スポニチアネックス. 2018年6月24日. 2018年6月24日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年9月7日. 2018年9月10日閲覧。 スポニチアネックス スポーツニッポン. 2018年6月24日. 2018年6月24日閲覧。 2018年8月13日. 2018年8月14日閲覧。 第3話の連絡網より。 2018年7月15日. 2018年7月24日閲覧。 2018年8月15日閲覧。 スポニチアネックス スポーツニッポン. 2018年7月8日. 2018年8月19日閲覧。 スポニチアネックス スポーツニッポン. 2018年7月8日. 2018年8月19日閲覧。 第5話の良一のCT画像より。 今井朋彦. 2019年1月4日閲覧。 スポニチアネックス スポーツニッポン. 2018年9月9日. 2018年9月9日閲覧。 デイリースポーツ 神戸新聞社. 2020年1月7日. 2020年1月9日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年7月5日. 2018年7月6日閲覧。 スポニチアネックス. 2018年9月18日. 2018年9月20日閲覧。 2018年9月19日. 2018年9月19日閲覧。 、 2018年10月7日閲覧。 毎日新聞 テレビ欄。 スポーツ報知. 2020年1月6日. 2020年1月6日閲覧。 義母と娘のブルース お知らせ. TBS 2018年8月16日. 2018年9月14日閲覧。 作品情報. 2018年9月19日閲覧。 作品情報. TCエンタテインメント. 2018年9月19日閲覧。 コンフィデンス. oricon ME 2018年10月26日. 2018年10月30日閲覧。 ザテレビジョン. KADOKAWA. 2018年11月15日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2019年4月30日. 2019年4月30日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル Twitter まとめ 021 キャスト ロケ地 商店街 ぎぼむす あらすじ ぎぼと娘のブルース ひろき 再放送 宮本みゆき

ぎぼ むす キャスト

義母である 亜希子(綾瀬はるか)が再就職してから1年たった2019年秋。 亜希子と 娘のみゆき(上白石萌音)は東京と大阪で離れて暮らしていた。 大阪でバリバリ働く亜希子だったが、 突如クビを言い渡され帰京することになる。 久しぶりにみゆきが住むアパートに出向いた亜希子だったが、アパートで亜希子が見たものは、 ベーカリー麦の店長・麦田(佐藤健)が裸にタオル一枚でお風呂場からでてくる姿だった!! しかも 麦田の腕には赤ん坊の姿が!まさかみゆきと店長が!? 「違うんです!宮本さん!」 「お母さん違うの!」 突然の意味不明な状況に混乱する亜希子だったが….. ? 【義母と娘のブルース正月SP】 キャスト-登場人物 宮本明子(綾瀬はるか) 画像出典: 元光友金属の営業部長を務めたキャリアウーマン。 顔見知りだった良一から突然プロポーズされ「自分はそう長くない先に死ぬ。 だから娘に母親を作ってやりたい」と聞き結婚を決意する。 最愛の娘のためなら権力にも屈しない強い女性で、良一亡き後も一人でみゆきを育ててきた。 みゆきが大学に進学することを期に大阪のコンサル会社で働き始めるが…。 綾瀬はるかコメント(一部抜粋) 亜希子さんは、スタスタとヒールでまっすぐ歩く方なので、撮影初日は「思った以上に全身に力が入るな」とか、「顔に表情が出過ぎてしまったかな」と連続ドラマを思い出しながら演じていました。 亜希子さんは、ドラマのときからは知らないキャラだったんです。 台本には競歩って書いてあるので、その競歩はどういったものか、動画で見て研究したのですが、何とも言えない…「亜希子さんどうした!」という感じになっています(笑)。 出典: 宮本みゆき(上白石萌歌) 画像出典: 宮本良一(竹野内豊)の一人娘。 良一が亡くなり亜希子と二人で暮らす。 大学に通いながら「ベーカリー麦田」でアルバイトする。 宮本良一(竹野内豊) 画像出典: みゆきの父であり亜希子の夫。 余命わずかな自分の死後、娘を守ってくれそうだという理由で亜希子にプロポーズした。 しかし、亜希子と過ごすうちの家族として愛している存在だと気付く。 ドラマシーズンで天国に旅立っている。 竹野内豊コメント(一部抜粋) 「おっ。 そうか!」と思ったんですけど、自分が演じた良一さんは、連続ドラマで他界していたので、どういうかたちで参加できるのかなと思っていました。 今回のスペシャルは、原作とは離れた、新しい登場人物も出てきます。 観てくださる皆さんにどう受け入れられるか、自分自身も楽しみにしています。 出典: 麦田章(佐藤健) 画像出典: 亜希子が再就職したパン屋「ベーカリー麦田」の店長。 亜希子にプロポーズするが振られてしまう。 現在もみゆきがアルバイトとして就業中! 佐藤健コメント(一部抜粋) 連続ドラマの 打ち上げのときに、プロデューサーと「『男はつらいよ』シリーズみたいにシリーズ化出来たら面白いよね」という話はしていたのですが、「本気だったんだ…」と驚きました。 でも嬉しかったです。 子育ての影の部分や苦労する部分が、今回のスペシャルドラマの一つの大きなテーマでもあります。 皆さんが生活されている日常の延長を描いているので、近い距離感で、共感していただける作品になるのではないかと思っています。 出典: その他スタッフ みゆきの幼馴染で、受験勉強真っ最中。 1年前みゆきに想いを伝えるも「受験勉強頑張りたいから」と振られている。 みゆきの幼少時代。 トレーニングジム「ゴールデンアスレティック」社長。 生粋の大阪人で、たたき上げで起業した、情の厚い人物。 会社を買収しまくったせいで多額の負債を背負うことになる。 亜希子が務めるコンサル会社「アクセルビジネスパートナーズの」のボスで、アメリカ育ちの効率主義者。 亜希子の仕事を認めていたが…? みゆきが通う大学の企業サークルの先輩。 今どきの女子大生で何かとみゆきの力になってくれる。 良井一の亡き妻であり、みゆきの産みの母。 良一とは深夜のラーメン店で出会い結婚した。 麦田章(佐藤健)の父親。 腰痛のためベーカリー麦田をたたむことを決意したが、パン屋を継ぐことを宣言した息子に任せることに。 三友金属勤務で亜希子の元部下。 亜希子が好きだったが、その想いを伝えることなく亜希子は結婚した。 麦田とは何度か顔を合わせる度に仲良しに。 桜金属の部長で良一の上司。 何かと宮本家を気にかけてくれる優しい人物。 高校時代の後輩に亜希子を紹介した。 下山不動産の噂好きなおばちゃん。 亜希子が「貴重な情報源」と頼っている人物。 【義母と娘のブルース正月SP】 相関図 出典: 【義母と娘のブルース正月SP】 これまでのおはなし 2018年7月1日~9月18日まで放送されたドラマシーズンのあらすじです。 前回の話を忘れた人は要チェック! 1話 数年前に母親をなくし、父親の良一(竹野内豊)と父1人子一人で生きてきたみゆき(上白石萌歌)の前にキャリアウーマンが現れた。 彼女の名前は、岩木亜希子(綾瀬はるか)。 業界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を勤めるやり手の女性だ。 良一と結婚して母になると聞かされ初めて対面する初日、亜希子はみゆきに名刺を差し出しこう言う『わたくし、このような者でございます』そんな営業マン丸出しの亜希子にみゆきは『私、この人嫌い』と心を閉ざしてしまう。 しかし、キャリアウーマンの亜希子は諦めない。 あらゆるリサーチをかけてみゆきの心をつかもうと奮闘する。 2話 宮本家に引っ越ししてきた亜希子だが、なかなかみゆきに受け入れられない。 それどころか、みゆきはクラスメイトのヒロキ(大智)と亜希子を追い出す作戦を考える。 一方亜希子はみゆきに好かれようと、社内の女性社員を集めリサーチをかける。 みゆきに好かれるため、仕事をこなしながら努力を惜しまない。 みゆきの実の母親を真似てあれこれ研究する亜希子をみてみゆきの心は揺らいでいく。 3話 仕事を辞めて専業主婦になった亜希子だが、日常でも気になることがあればメーカーに直接電話をかけて値段交渉するなどキャリアウーマンの癖がなかなか抜けない生活を送っていた。 そんな亜希子をみたみゆきのクラスメイトが『面白いママだね』と声をかけてくる。 みゆきにとって家に遊びにくるような友達がいなかったため嬉しさでいっぱいだった。 そんな中亜希子はPTAの集まりに出席することとなる。 運動会の取り決めを決めていく中で、気になる事があると営業バリに質問する亜希子は反感を買っていった。 みゆきの友達が遊びに来る当日、おもてなし準備をして待っていたが友達が来ることはなかった。 落ち込むみゆきを見て亜希子は【自分がPTAで余計なことを言ったからだ】と気づくが、大人の喧嘩に子供を巻き込むのはおかしいと、運動会で奇襲攻撃をしかけようとする。 4話 体調が悪くなり会社でしゃがみこんでしまった良一(竹野内)は病院で検査結果を聞いていた。 検査帰りに亜希子にばったりと会い一緒に帰る姿はすっかり夫婦となっているのであった。 そんな中みゆきから突然『2人はギソウ結婚なの?』と質問される。 亜希子と良一は慌てて色んな言い訳をするが、『どうして付き合うことになったの?』という質問は返せず、後日ちゃんと答えると返事をするのであった。 質問の返事を必死に考える亜希子に良一は『外で一杯やりながらかんがえましょう』とデートに誘う。 みゆきへの説明を話し合うが共通点が見つからない・・ 5話 みゆきの自転車練習中に良一が突然倒れる。 亜希子は入院している良一に妻らしいことをしたい!と思うのだがなかなか役目が果たせず猛省する。 そんな亜希子を見た良一は『僕の代わりに取引先に出向いてお詫びをしてほしい』と提案し、亜希子はキャリアウーマンの力を発揮する。 良一の代わりの会社のプレゼンに出席することになった亜希子だが、その日は良一の検査結果が出る日でもあった。 誰もが奇跡が起きることを望んでいた。 果たして検査の結果はどうだったのか? 6話(2章スタート) 良一が亡くなり、亜希子と高校3年生になったみゆきは「お母さん」「みゆき」と呼び合う家族になっていた。 将来の夢はデイトレードしながら生活をする!というみゆきに、不安を抱く亜希子。 仕事の尊さを知ってもらいたいと思う亜希子は再就職を決意! その就職先は街のパン屋「ベーカリー麦田」だった。 7話 仕事の尊さを伝えるべく再就職したベーカリー麦田は想像以上の経営状態だった。 経営に無頓着な店長(佐藤健)に経営の立て直しを提案する亜希子。 そんな中、みゆきは再開した大樹(井之脇海)から告白され悩んでいた。 やりたいことも見つからない、恋愛もどうしたいの分からない。 そんな自分に劣等感を感じてしまうみゆき。 仕事も家事もバリバリこなす亜希子に対して「私は本当の娘じゃないからデキが悪いんだ!」と不満をぶつける。 8話 亜希子が考えた経営立て直しプランで1度は盛り上がった「ベーカリー麦田」だったが、上手くはいかない。 近所の人たちに聞きまわった結果「先代の味」と違うからという事が分かった。 亜希子は店長(佐藤健)の父にコンタクトを取り、先代の味を継承してもらうよう直談判するが。。 一方みゆきもだんだんと亜希子がみゆきに伝えたい「仕事の尊さ」に気付き始めていた。 9話 無事にリニューアルを果たして盛り上がる「ベーカリー麦田」 経営立て直しで接近した麦田(佐藤健)と亜希子(綾瀬)だが、そんな二人をみてみゆきは複雑な気持ちでいた。 麦田が亜希子を好きなのでは?と疑問をいただいていたからだ。 そんな中ベーカリー麦田にTV取材が入ることになり、麦田は張り切る。 その勢いで亜希子に告白するが!? 10話(最終回) 大学受験を受けたみゆきの結果は「合格」だった。 亜希子には、大阪の会社からスカウトの話が持ち上がっていた。 しかし、勤務地が大阪ということで亜希子はことわるが、話の最中 亜希子が過労で倒れてしまう。 病院のベットで眠る亜希子の姿を父良一の姿に重ねるみゆき。 亜希子の人生を自分が台無しにしているのでは?そう思ったみゆきは「大学には行かず働いて1人暮らしをする」と亜希子に言う。 しかし亜希子は「大学にお金を振り込んだ」と….。 そこで2人はお互いの気持ちをぶつけ抱き合う。 最終的に二人が選んだ道は、亜希子は大阪で就職。 みゆきは大学に行ってベーカリー麦田で営業部長としてアルバイトすることを決意する。 【義母と娘のブルース正月SP】 原作紹介.

次の