秋元 湖 バス 釣り。 【東北地方】【福島県】で【バス】が釣れる場所(ポイント)

【東北地方】【福島県】で【バス】が釣れる場所(ポイント)

秋元 湖 バス 釣り

福島バス釣りポイント 福島県 裏磐梯 秋元湖を紹介していきます! ラージも釣れるがスモールが9割!イワナやウグイもルアーの対象魚です! 福島バス釣りポイント 秋元湖への行き方 電車 バスの場合、 JR 磐越西線 猪苗代駅から会津バス裏磐梯高原方面行きに乗 り、秋元湖入口で降車します。 停留所から釣り場 ボートショップマーベリック までは徒歩約 30 分です。 クルマの場合、磐越自動車道 猪苗代磐梯高原 IC を降り国道 115 号経由、国道 459 号で裏磐梯方面に向かいます。 国道沿いに秋元湖入口の看板が出ているので、そこを右折してください。 苗代磐梯高原 IC から約 20 分で到着します。 福島バス釣りポイント 秋元湖について リザーバーではありますが、隣にある小野川湖と同じナチュラルレイクのような様相をしている湖です。 湖には立ち木など、バスが好むポイントが多く散在しています。 裏磐梯エリアの湖では檜原湖に次いで 2 番目に大きな湖です。 観光地化されておらず、手つかずの自然がそのまま残り、ロケーションの美しいフィールドです。 ラージも釣れますがスモールが 9 割を占め、アベレージサイズも 30cm 以上が期待できます。 檜原湖に近い湖ですが、標高は秋元湖のほうが 100m ほど低く、スポーニング時期などは決して同じとはいえません。 データを収集する際は、檜原湖とは一線を引いておくようにしましょう。 湖の周りには駐車スペースはほとんどありません。 道が狭いため路上駐車トラブルの元になりますので厳禁です。 くれぐれも、マナーを守って釣りをしてください。 秋元湖では、 入漁料 1 日 700 円が必要です。 エレキ付きボートは 1,000 円 福島バス釣りポイント 秋元湖のおすすめ時期 裏磐梯の湖 秋元湖も は結氷するので、氷が解けてからバスの活性が上がる水温になるまで時間がかかります。 本格的に釣れはじめるのは、 5 月の上旬の連休が終わったころになります。 9 月後半になればターンオーバーとなります。 落ち着いてもすぐに水温は低下し、バスフィッシングのシーズンは幕を閉じます。 秋元湖のシーズンは 5 月上旬から 9 月のターンオーバー前までとなります。 過去6 月には 2 インチセンコーで、 1 日 100 本超えの釣果もありました。 近年では数だけでなくサイズもアップしてきています。 その湖底はウィードが生え、複雑なカケアガリになっているおいしいポ イントです。 ヒットするバスのアベレージサイズは中型で、シーズンを通して非常に実績のあるポイントです。 足場は多少ぬかるんでいますが、少しでも沖のウィードを狙いたい場合はウェーディングという手もあります。 おすすめのルアーはノーシンカーリグで、ウ ィードの頭をゆっくりと引いてください。 規模が狭いため、おかっぱりからでも様々なストラクチャーをダイレクトに狙えます。 その分プレッシャーが高くなっているのも事実で、すぐに見切らずに粘ってみることも大切です。 春の早い時期には、ここがスポーニングエリアになります。 足場が粘土質で悪いため移動には注意してください。

次の

秋元湖バス釣り情報

秋元 湖 バス 釣り

福島バス釣りポイント 小野川湖について 小野川湖は裏磐梯に散在する大小の湖のうちのひとつです。 規模としては檜原、秋元に次いで 3 番目の大きさになります。 周辺は美しい緑に囲まれ、気持ちのよい湖です。 この湖も スモール のヒット率が高くなっています。 ラージとの割合を比較すると 、スモール 9 でラージが 1 といった感じです。 ラージでは 50cm オーバーのヒットが年に数回報告されており、ラージの大物狙いも楽しめる湖です。 残念ながら湖岸のほとんどが立ち入り禁止であり、おかっばりポイントは少なくなっています。 小野川湖の魅力を存分に味わうのならば、ボートでの釣りをおすすめします。 湖岸の多くが私有地などになっているため、無断で立ち入らないよう注意しましょう。 小野川湖では入漁料、 岸釣り 700 円、船釣り 1,000 円が必要です。 過去には晩秋のころに水門付近で、ワームで 55cm の大物がでたことがあります。 これまでの実績で見ると、大物が釣れる時期はそれほど限られておらず、シーズンを通じて可能性はあるようです。

次の

秋元湖バス釣り情報

秋元 湖 バス 釣り

千葉の友人との秋元湖釣行二日目です。 釣行日時:2012. 17(日) 06:30~10:30 釣行場所:秋元湖東岸エリア スタイル:フローター&ルアー 天候:雨 水温:16. この日も冷たい雨が降り続いておりました。 (泣) かなり厳しそう。 (泣) スポーニングエリアになるポイントへ着いて、一応プロップを投げて反応がなくて、ヘビキャロをキャストすると、一発でバックラッシュ!!(泣) もうワンキャストするとまたしてもバックラッシュ!! DCブレーキ特有のキュイーーーン!という音がしない。 DCユニットが逝ってしまったようです。 (涙) 釣りの後、宿で水濡れを拭いて、新聞紙に広げて、乾燥させていたんですどね~。 (泣) いきなり主力タックルを失ってしまった。 かなり痛い!!(大泣) しかたなく、表層用の63SSのタックルをライトキャロにチェンジして、スローに探って行きました。 でも、朝マズメの時間帯を外したら、全くバイトが無くってしまいます。 (泣) 反応のいいエリアを探して、ちょこちょこ移動しますが、いい手応えがありません。 kumaちゃんもバイトが無いって! 水温も16. 短時間でこれだけ下がるのですから、スモールも多分対応しきれていないのでしょう。 我々も対応できませんでした。 冷たい雨が降り続くし、バイトも全く無いし、流石に集中力も切れて来ました。 (泣) kumaちゃんと共にとうとう心が折れてしまい、10:30釣り終了としました。 (涙) バイトがあったのは、朝マズメの僅か2時間くらいだったでしょうか? それでも、手元に伝わるかどうかという小さいバイトで、PEラインのライトキャロじゃなかったら、かなり厳しかったもしれません。 感触的には、私のバス釣り人生の中でも、最悪のコンディションだったと思います。 今年も相変わらず物が良く壊れる年で、年頭の車の故障に続き、保障期間が過ぎたばかりの新品のデジカメ、長年愛用魚探、そして、今回のアンタレスDCのDCユニット。 (涙) アンタレスだけにDCユニットも高そう。 (泣) かなり厳しい状況になってしまいました。 今年はあまり遠征できないかも。 (泣) まぁ、そんな事も言っていられないので、気を取り直して行きたいと思います。 裏磐梯は今月は厳しいですが、6月中に釣行して、何とか、ダメな点を修正したいですね。

次の