無一郎 戦う。 【鬼滅の刃】時透無一郎は黒死牟の子孫!?明かされた衝撃の事実!命懸けで戦う時透の結末は!?

霧柱・時透無一郎(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ (2/2)

無一郎 戦う

ちなみにこのふたりの勝負の結末がどうなったかを、ここで詳しく書くつもりはない。 かつて兄の有一郎は、命の火が消えてしまう前に無一郎にこんなことをいった。 だから無一郎は、胴体を両断されようとも、体から大量の血が流れ出ようとも、歯を食いしばって、黒死牟の腹に突き刺した刀を最後まで手放さなかった。 やがてその強い想いは握りしめた愛刀にも通じ、普段は白い無一郎の日輪刀の刀身は赤く変色して、黒死牟を体の内側からじわじわと痛めつけていく[注]。 さらには、彼の気迫は仲間たちをも奮い立たせ、鬼殺隊最強といわれる「岩柱」と「風柱」のふたりに、いつも以上の壮絶な力を出させるのだった。 そしてそのふたりの「柱」たちの武器もまた、激しくぶつかり合って赤く染まっていく……。 [注]赤く染まった日輪刀は鬼に致命傷を与えるほどの強い力を得るが、従来、刀を赤く染めることができるのは、「日の呼吸」の使い手だけだと考えられていた。 ライター、編集者。 『九龍』元編集長。 近年では小学館の『漫画家本』シリーズを企画。 著書・共著に『ワルの漫画術』『漫画家、映画を語る。 』『マンガの現在地!』などがある。 2 current.

次の

【鬼滅の刃】霞柱・時透無一郎の全プロフィールと考察【年齢・声優・刀】

無一郎 戦う

今回は 【時透無一郎】名言や性格は?愛読して分かった真相【最新情報】について検証していきたいと思います。 今回の鬼滅の刃は少し趣向を変えて時透無一郎の名言・名台詞から紐解く性格と真相心理についてネタバレ・感想をご紹介していきたいと思います。 鬼滅の刃は私たちに多くの感動を与えてくれました。 その名言についてまとめてみたいと思います。 天才剣士としてだけでなく、記憶を取り戻してからの可愛さは本当に目に入れてもという感じでした。 まだ活躍できたと思うのですが、黒死牟との子孫や対決というところで区切りをつけたかったのかもしれないですね。 この内容はジャンプ最新刊(最終話)までのネタバレを含みますので注意して下さい。 この中では私の考察などを交えて紹介したいと思います。 では今回は【時透無一郎】名言や性格は?愛読して分かった真相【最新情報】について検証していきたいと思います。 app. goo. 炭治郎との出会いや、刀鍛冶の里での戦いをきっかけに記憶を取り戻してからは、同年代の隊士とも親しく接するようになりました。 冷静沈着で同理的思考・・・記憶を取り戻した天才 無一郎の瞳の色は淡い青色なのですが、父親は炭治郎と同じ「始まりの呼吸の剣士」の子孫の証である赤い瞳をしていました。 記憶が戻る前は、いつもぼんやりとした目をしていましたが、時折ハッとしたように、光が宿る描写があります。 冷徹なまでの合理的思考の持ち主であり、危機的な状況に陥っても優先事項に基づき少年とは思えない冷静な判断を下せます。 名言・名台詞から紐解く性格と深層心理 第108話より「いやできる 僕はお館様に認められた 鬼殺隊霞柱 時透無一郎だから」 鬼に襲われた刀鍛冶の里を助けに行く途中で、襲われている子鉄を見つけた無一郎。 子供一人の命より里全体を守るほうが優先順位は高いと考えますが、以前炭治郎から言われた言葉。 「人のためにすることは巡り巡って自分のためになっている」という言葉を思い出し、子鉄を助けます。 これでは里全体を守れないのではないか、という考えがよぎりますが、この台詞で自分を鼓舞し立ち向かっていきます。 第117話より「いくつも間違えたから僕は死ぬんだよ」 玉壺との戦いで血鬼術に捕まり、水獄鉢の中で溺れ死にそうになります。 「誰も僕を助けられない みんな僕より弱いから 僕がもっとちゃんとしなきゃいけなかったのに判断を見間違えた。 自分の力を過大評価してたんだ 無意識に 柱だからって」 反省しつつ諦めそうになります。 一見諦めが早いともとれますが、冷静沈着かつ、合理的思考から導きだされた考え方とも言えます。 これをきっかけに記憶が戻った無一郎は、家族のこと、そして双子の兄・有一郎のことを思いだします。 両親亡きあと、兄弟の関係は険悪になりましたが、その時に鬼に家を襲われてしまいます。 かろうじて生きた有一郎は、うわごとのように神に祈りを捧げます。 弟だけは助けて欲しい、弟は心の優しい人間だと。 人の役に立ちたいという、無一郎の思いを否定したのは有一郎であり、罰があたるのは自分だけでいいという、有一郎の無一郎への後悔と希望のこもった言葉です。 第165話より「何百年も経ってたら お前の血も細胞も 俺の中にはひとかけらも残ってないよ」 黒死牟に自分の子孫だと告げられた時の無一郎のセリフ。 自分の祖先が鬼だという事に嫌悪感を抱き、それでも子孫だったとしても、自分が鬼狩りでいる以上は自分の手で黒死牟を殺したいという憎悪を抱きます。 第179話より「僕は幸せになる為に生れてきたんだ」 無一郎が今際の際に、兄・有一郎に語る台詞です。 記憶が戻り仲間ができて笑顔になれた無一郎。 彼にとって伊t版楽しかったのは、仲間と触れ合い始めたあの時期でしょう。 無一郎にとって生きて欲しかった兄には無駄死にと言われましたが、無一郎の人生に後悔はなく、決して不幸などではなかったのです。 記憶を取り戻してからの、感情豊かになった性格。 兄との精神の融合。 一番才能があっtかもおしれないのに、無限城にて命を落としてしまいました。 天国の世界で、家族や有一郎と幸せな生活に戻っつて、いつまでも笑顔でいて下さい! 天才霞柱!時透無一郎!可愛い笑顔と強い信念をありがとう!! 最後まで御愛読ありがとうございました!.

次の

【鬼滅の刃】霞柱・時透無一郎の全プロフィールと考察【年齢・声優・刀】

無一郎 戦う

貧しいながら平穏な日々 そんな日常が一変する。 有一郎がどこからかやってきた鬼に襲われ命を落としてしまう。 この出来事が無一郎の運命を変えたんです。 無一郎の記憶障害 あの日、兄を目の前で殺されたことがトラウマとなり、無一郎の記憶に障害が起きてしまう。 昔の記憶を鮮明に思い出せず、さらには、記憶を維持することが困難に。 ただ、それでも短期間で柱に上りつめた。 記憶障害というハンデすらも乗り越えた無一郎、努力では到達できない天性の才能があったのは言うまでもない。 鬼殺隊とお館様との出会い 鬼殺隊の存在は以前から知っていました。 というのも、お館様の妻あまねが無一郎の家まで足を運び鬼殺隊入隊を打診していたから。 出典:鬼滅の刃14 吾峠呼世晴 集英社 このとき 時透家の血筋が明らかになります。 無一郎は剣士の子孫• しかも「日の呼吸」の子孫• 剣士は鬼を滅ぼすのが任務 無一郎はあまねの話に興味をもち、鬼を倒す剣士になりたいと強く望んでいたんですが、兄がそれを許さなかった。 鬼の襲撃により兄を失った無一郎は、あまねに誘われ産屋敷邸に一時保護され、その後は鬼殺隊として頭角をあらわしていった。 兄・有一郎の本心 有一郎は弟の無一郎に対し、厳しい態度で接していましたが、これは有一郎のことを思ってのことだったようです。 鬼に「弟だけは助けてくれ」と懇願していたように、両親を失い、自分が無一郎を守らなければという想いから強い態度をとっていたようです。 無一郎が兄の本心を知ったのは、皮肉にも死ぬ間際でした。 なんとも切ないですが、記憶を取り戻した無一郎は兄の言葉を胸にさらに強くなっていった。 無一郎が記憶を取り戻したキッカケ 鬼滅隊に入りぐんぐんと実力をつけていった無一郎ですが、彼の記憶障害については一向に改善させることはありませんでした。 お館様曰く、今は混乱しているから記憶が欠けているといい、なにかキッカケさえあれば、霞が晴れていくように記憶は戻るといっていた。 このお館様のアドバイスのように、無一郎は炭次郎との出会いにより、昔の記憶を取り戻していった。 記憶を取り戻したきっかはとあるセリフ。 出典:鬼滅の刃14 吾峠呼世晴 集英社 人のためにすることは、巡り巡って自分のためになる、炭次郎のこのセリフ、実は生前父親が無一郎に言い聞かせていた言葉だったんです。 これがきっかけで無一郎の記憶障害は完全に治り、兄のこと、父親のこと、そして家族のことを思い出しさらに強くなっていきました。 無一郎の本来の性格? 記憶を取り戻したことで表情が豊かになったのは確かです。 とはいえ、毒舌キャラが相変わらずで、優しい一面と冷たい一面の二面性のあるキャラにw 記憶を取り戻すキッカケとなった炭次郎に対しては優しく接するようになったけど、ほかのも者に対しては冷たい視線を投げる場面も! 時透無一郎の強さの秘密 鬼殺隊入隊後、わずか二カ月で柱に上りつめた無一郎、それがどのくらい凄いのか、まずはその検証していきたい。 鬼殺隊の階級制度 階級 読み方 補足 癸 みずのと 入隊後の最初の階級 壬 みずのえ 辛 かのと 庚 かのえ 己 つちのと 戊 つちのえ 丁 ひのと 丙 ひのえ 乙 きのと 甲 きのえ 最強の階級、柱 鬼殺隊の階級は、癸(みずのと)からはじまり、甲(きのえ)が一番高い階級。 そして、甲の中から、さらなる精鋭が柱となる仕組み。 柱になるための条件目安• 甲であること• 十二鬼月か鬼五十体倒す とあります。 甲になっただけでは柱にはなれません。 柱になれる目安として、十二鬼月か鬼五十体を倒すことが条件としてあります。 無惨様のセリフから、蜘蛛山を縄張りにしていた下弦の伍・累(るい)が倒されたことで、十二鬼月か欠けた。 ということは、無一郎が霞柱になれたのは、鬼五十体以上を少なくとも二カ月以内に倒したことになるのか、そう考えるとやっぱスゲーな。 異例!単独で上弦の鬼撃破する 無一郎の強さを目の当たりにしたのは、上弦の伍・玉壺(ぎょっこ)戦でのこと。 このとき、無一郎は単独撃破を成し遂げてしまった! 柱といえども上弦の鬼を単独で倒すことは通常ありえない。 胡蝶しのぶは、柱三人分が上弦一体の強さといっていたほど、上弦の鬼は別格。 体が透き通って見える世界。 炭次郎が半天狗戦ではじめて見せていた。 この世界に入ることでさらなる身体的向上が見込める しかし、黒死牟からの攻撃を受けすぎたことで、無惨との最終決戦を迎える前に息絶えてしまった。 しかし、彼の有志により上弦の弌は倒せた! 無一郎の強さの源泉は父の教え 出典:鬼滅の刃14 吾峠呼世晴 集英社 類まれな剣術、痣の発現に透き通る世界、これらは無一郎が天才であるがゆえのものですが、彼が限界突破できたのは父親の言葉によるものでした。 だれかのために尽くすこと 十一歳のときの鬼に襲われたときも、兄を守るために呼吸法すら会得していない状況で、鬼に勝った無一郎少年。 その後も、玉壺戦では鉄八たちを守るために痣が発現し、黒死牟戦では仲間のために透き通る世界を体現してみせた。 無一郎はだれかために戦うことで、自分の限界を突破し無限の力を手に入れられる隊士、仲間を、市民を鬼から守るために強くなっていった。 霞の呼吸の「型」一覧 無一能が使う霞の呼吸の型は全部で七つ存在します。 その特徴は型のバリエーションのバランスがいいこと。 防御に特化した型、単体戦特化、複数戦向けと、攻防はもちろん、単複数戦向けそれぞれに型が用意されています。 無一郎の型一覧 型 技目 特徴 壱ノ型 垂天遠霞 すいてんとおがすみ 垂直の高速突き 弐ノ型 八重霞 やえかすみ 数多の斬撃攻撃 参ノ型 散雲の飛沫 うさんのしぶき 素早い回転切り 肆ノ型 移流斬り いりゅうぎり 流れる太刀筋で敵を斬る 伍ノ型 霞海の海 かうんのうみ 高速を伴う細かい連撃 陸ノ型 月の霞消 つきのかしょう 霞で包む広範囲攻撃 肆ノ型 朧 おぼろ 緩急をつけた高速移動で敵をかく乱させ攻撃 独自技「朧(おぼろ)」 出典:鬼滅の刃20 吾峠呼世晴 集英社 黒死牟(こくしぼう)戦でみせた肆ノ型「朧」は、敵をかく乱させ一撃を与える必殺技。 過去登場した霞柱たちの型は陸ノ型までしかなかった。 つまり、肆ノ型は無一郎が独自に編み出したオリジナル技。 鬼殺隊入隊してわずか二カ月で柱への昇格、さらには、独自の型まで編み出していたとは、まさに天才の一言! 時透無一郎の名言 無一郎の無は無限の無 このセリフは兄・有一郎が死ぬ間際に、弟・無一郎へ向けたセリフ。 このセリフに呼応するように、無一郎の記憶が復活! 痣の発現へとつながった。 さっきも話したけど、無一郎の強さの秘密は誰かのために無限の力を出せること。 記憶が混濁した状態でも柱になれたのは、彼の人のために役立ちたいという優しい心からくるものだったのかな。 どんな攻撃もあたらなかったら意味ないでしょ 出典:鬼滅の刃14 吾峠呼世晴 集英社 上弦の伍・玉壺(ぎょっこ)戦でみせた無一郎のニターなあくどい笑いとともに出てきたセリフ。 無一郎は二面性のあるキャラ、口の悪い性格は兄譲り、優しい性格は無一郎本来の性格、兄の性格も無一郎には混じっている、そんな印象だよね。 死ぬなら役に立ってからしね これも無一郎らしいセリフです。 仲間のために今できることをする、そのために行動し続けた無一郎。 仲間のために自分を犠牲にするのは、他柱も共通するところだけど、無一郎は他人のために無限の力を出せる男の子! そのため、黒死牟戦いでは、瀕死の状態ならがもさらなる限界突破を果たし、透き通る世界を体現するに至った! 無一郎の壮絶な最期 無一郎の最期は上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)において。 黒死牟の動きを止めるために懐に入り刀を突きさした無一郎。 どんなに攻撃を受けようと腹にささっている刀は絶対に放さない。 黒死牟の動きを止めるため、そして勝つために。 だが、黒死牟の攻撃をまともにくらい、胴体が切断されてしまう。 ただ、それでも刀を離さないかった無一郎はそのまま絶命。 しかし、この無一郎の死力により行冥、不死川により黒死牟の首をみごと切り落とし、十二鬼月最強の鬼を撃破した!.

次の