ブラック フライデー 2019。 2019年日本のブラックフライデー:通販セール情報(雑貨・アパレルなど)

ブラックフライデー2019☆イオンモールはいつからいつまでやるの?

ブラック フライデー 2019

ブラックフライデーとは? ブラックフライデーとはアメリカで行われる 年に一度の大安売りセールのこと。 感謝祭 サンクスギビング の翌日、11月の第四金曜日の事を指します。 通常その後の土日を含めた3日間の週末で大規模なセールが行われる事が多く、各店舗が一斉に行うため、開店前から人が殺到し押し寄せる姿は毎年ニュースでも取り上げられるほどの盛況ぶりです。 またホリデーシーズンのスタートしてクリスマスギフトを探し始める人も多く、ブラックフライデーでお得にプレゼントやギフトをゲットしようとする人も多くいます。 ブラックフライデーの名前の由来は? 由来は諸説ありますが、たくさん商品が売れ、お店が 黒字になる事からブラックフライデーと呼ばれているという説が一般的です。 しかし元々はクリスマス商戦の始まる感謝祭翌日に、街中に人が溢れ、お店がごった返す様子を警察官が皮肉って呼んだ事が始まりだったと言われています。 始まりはネガティブなイメージが強かったブラックフライデーですが、お店側も積極的にブラックフライデーをポジティブなイメージで打ち出し、年一度の大安売りの日とイメージ付けた事で、今日では家族みんなが買い物を楽しむ一大イベントとなっています。 日本にブラックフライデーは2016年ごろ上陸! 日本でもじわじわと浸透してきているブラックフライデー。 広告やテレビのCMでもブラックフライデーという言葉を目にするようになりました。 日本でいち早くブラックフライデーをセールとして大きく打ち出したのはイオンやトイザらスです。 ブラックフライデーという言葉も2016年から一気に話題となり、注目を集めました。 イオンやトイザらスなど主婦層やファミリー、キッズ層を中心として、ブラックフライデーセールは着実に日本でも確立されつつあります。 毎年参加店舗数が増えており、内容もパワーアップしていますので、2018年は更なる盛り上がりが期待されます。 2018年のブラックフライデーの日時はいつ? 2018年のブラックフライデーは、 11月23日!! 2018年の感謝祭は11月22日の木曜日となり、ブラックフライデーセールは翌日の23日金曜日、24,25日の週末を併せて3日間で行うところが多いです。 開店時間はお店によって異なりますが、通常より早めに設定をしていたり、外で待っている人が多いと前倒しで早くオープンする場合もあります。 大型のモールからローカルの小売店まで、どこのお店も大々的なセールを行います。 大型のモールはたくさんの専門店を抱えており、家族でお店を手分けして並んだり、一度に色んなお店を回れたりと効率も良い為、ファミリーが真っ先に向かう場所です。 最近ではスモールサタデーという動きもあり、金曜日のブラックフライデー当日はモールや家電量販店など大きなお店で買い物しても、土曜日は地元の小さなお店でお買い物しようという運動もあります。 一週間前からテントを張って列が出来るのは大型家電店が多く、テレビや冷蔵庫など、値段の張るものはブラックフライデーの機会に手に入れようとする人が多いです。 アメリカのブラックフライデーでセール 安く なるものは? 基本的には何でも安くなります。 特に人気があるものはやはり電化製品で、パソコンやテレビ、タブレットなど最新のアイテムも目玉特価品として登場します。 大きいものだとアメリカでは車や住宅の購入を検討する人も多く、販売店も 最大1,000ドル 120万円 程の値引きをするところもあるようです。 その他洋服から雑貨、食料品まで、売っている全ての商品がほぼセール一色になります。 内容は事前に発表されるものから、当日発表されるものまで内容も様々です。 ブラックフライデーが近づくと、 周囲の人から今年のブラックフライデーは何を買う?と聞かれたり、これを買うつもりなんだ!と予定を聞かされたりと、皆が何を買うかという声がよく聞こえてきます。 自分が知らなかった情報やお得情報もゲットできるかもしれませんので、周囲の声にも耳をすませておきましょう。 ブラックフライデーの攻略方法6選! オンラインのブラックフライデープレセールを有効活用! ブラックフライデーセールでは、オンラインによるプレセールを実施しているところも多いです。 オンラインであれば自宅から購入が可能、運ぶ手間もかからない為、大型家具や電化製品など欲しい商品の詳細がわかっているものは先にオンラインで手に入れるのも得策です。 絶対に朝一から 勝負は朝の オープン後30分前後と思って行動すると良いです。 人気のアイテムは、オープンと同時になくなってしまう事も多く、確実に欲しい商品はオープン前から並ぶ事をお勧めします。 感謝祭の翌日でゆっくり起きてから…では欲しい商品は手に入らないかもしれません。 どうしても欲しい商品があるときは朝は頑張って列の良いポジションをゲットしましょう。 いいなと思ったら手放さない! レジでお会計をするまでは、まだ購入した事にはなりません。 迷っているから後で戻ってこようと思ったり、ちょっとラックに掛けておいたりすればあっという間に誰かに取られてしまいます。 いいなと思った商品は最後まで手放さず、しっかりお会計まで持っていき確実にゲットしましょう。 いつもより時間に余裕を見て行動する ブラックフライデーの混雑ぶりは店内だけではありません。 それだけの人が集まるという事はフィッティングルームからお会計のレジはもちろん、駐車場や道路も大渋滞を起こします。 お店に入るまでに何時間も並び、商品を選んだ後フィテッィングルームに入るのにまた30分程並び、お会計のレジでも更に30分…などとにかく並ぶ!という事を心得ておきましょう。 買い物を終えてもまだ油断は出来ません。 次の場所に向かおうと思っても、大型のモールなど多数の人手が予想される場所では駐車場も大混雑! 駐車場に入れない車で道路が完全に詰まってしまい、買い物し終わって帰宅する人もなかなか出られないという事態になってしまう事があります。 一日にいくつもお店を回る人は道路の混雑状況も考え、余裕を持った予定を立てましょう。 欲しい商品は事前に決めておく 大混雑の店内では、ゆっくりお店や商品を見て回る時間はありません。 自分の欲しいものを絞り、効率的に買い物する事が重要です。 商品が明確にわかっている場合は友達や家族と手分けして回り、それぞれが欲しいものを分担して購入するのもお勧めです。 中にはお一人様一点までなど制限があるものもありますので、しういった情報も事前に確認しましょう。 高級ブランドは最初に回る 通常はセールにならないような商品がセール対象となるブラックフライデーセール。 高級ブランドはなど普段セールを行わないお店でも、セールが行われます。 その為高級ブランド店でのセールはかなりの混雑が予想され、争奪戦となります。 午後にはセール商品は全部売り切れてしまう可能性もあるので、高級ブランドで欲しいものがある人は最初に回るのが得策です。 日本でブラックフライデーのセールをやる店舗 日本でも浸透してきたブラックフライデー、2018年はどこのお店で実施されるのでしょうか。 開催が予定されているお店をご紹介します。 イオン• GAP• トイザらス• イトーヨーカドー• ユニクロ• コストコ• ニトリ• フォーエバー21• しまむら• カルディ• H&M イオン 2016年に先駆けてブラックフライデーを始めたでは、22日から24日までの3 日間イオンモール、専門店限定でポイントが5倍となります。 また目玉商品として96(クロ)にかけた9,600円の特価商品など特別価格での商品が販売されます。 ブラックフライデーセールとしてイメージが定着しつつあり、全国的に大規模なセールで盛り上がる事間違いなしです。 トイザらス ではまだ2018年の詳細は発表されていません。 昨年はオープン直後かなりの混雑だったようなので、今年も狙うものがある場合は早めに列の確保をお勧めします。 日本でブラックフライデーのセールをする通販サイト 実店舗だけでなく、オンライン店舗でも限定のブラックフライデーセールを行っている所もありますのでご紹介します。 ホテルズドットコム• ゾゾタウン• エクスペディア• Amazon 2018年のセール内容はまだ明らかとなっていませんが、2017年は最大で楽天ポイントが10倍になるセールを行っていました。 またお買い物合計額に応じたポイントやショップごとの個別ポイントアップなどを併用すると最大でポイントが36倍に。 2018年もたくさんのポイントゲットが期待できます。 旅行の予定がある人は是非この機会を利用して、お得に宿泊施設を予約してみてください。 ブラックフライデーセールをアメリカで気軽に楽しみたいならハワイがおすすめ! 日本のブラックフライデーセールも良いけれど、せっかくだったら本場アメリカのセールに参加してみたい!という方におすすめなのが、 ハワイでのセールに参加すること。 アメリカ本土までは直行便で最低でも約13時間程と移動距離も長く、到着した後の時差ぼけも大変ですが、ハワイまでなら移動時間も約半分の7時間程と、到着時の疲労も少なくて済みます。 ハワイは大型ショッピングモールのアラモアナショッピングセンターを始め、デパートやスーパー、アウトレットモールもあるお買い物天国。 日本人スタッフが駐在しているお店や日本語でのサービスをしてくれるお店も多いので、初めての方でも安心してブラックフライデーを楽しめます。 ハワイでブラックフライデーを楽しむ事が出来るお店を紹介します。 アラモアナショッピングセンター は、ワイキキの中心地からすぐの大型ショッピングセンター。 あらゆるお店が入っている為、アラモアナに行けばほぼ全ての買い物が全て済んでしまう程たくさんのお店があります。 人気のレストランやカフェ、フードコートも充実しているので、疲れたら休憩もしながらモール内で一度にたくさんのお店を回る事が出来ます。 2017年は朝6時からオープン。 一部店舗は真夜中からスタートするところもあるみたいですので、お店ごとに事前に確認が必要です。 2017年のセールは以下の通りです。 サンローラン…一部セール対象• また専門店意外にも、ニーマンマーカスやノードストロームといったデパートのシューズコーナー、バッグコーナーも狙いめです。 高級デパートなので扱っているブランドもUGGやレベッカミンコフなど、ブランドものが多く、掘り出し物が狙えます。 専門店と違って在庫がない事が多く、出ている商品が一点ものというパターンがほとんどのため、サイズが合えばラッキーと思って探せます。 ワイケレプレミアムアウトレット ハワイを代表するアウトレットモールと言えば、! 大人気ブランドがアウトレット価格で購入できる人気アウトレットなので、ブラックフライデー時には大行列が出来ます。 前日の夜中からオープンし、ブラックフライデー当日まで通しで営業するお店が多いため、各店舗営業時間の確認が必要です。 2017年の割引率はこんな感じでした。 アウトレットモールという事で、元々アウトレット価格で安くなっている商品が更に割引になるという大特価。 ブラックフライデーにハワイに行くなら絶対に外せないスポットです。 Doorbusterと書いてあったり、シールが貼られていたら要チェック! Doorbusterとは超目玉特価商品という意味なので、もしそう書かれた商品を見つけたら、迷わずチェックしましょう。 お客さんがドアを蹴破って取りにくるほど欲しい商品という意味なので、何であれ超特価品である事は間違いないです。 見つけたらとりあえず確保して、家族やお友達に欲しい人がいないか聞いてみるのも良いかもしれません。 一年に一度のアメリカ大セール、ブラックフライデーを楽しもう お得な商品が次から次へと見つかり、国全体が盛り上がるお祭りのようなブラックフライデーですが、注意点もあります。 特にアメリカ本土では大混雑した際に、けが人が出ているという点です。 欲しいアイテムにまっしぐらな中、什器を倒して人に当たったり、誰かの足を踏んでしまったり。 欲しいものをゲットしたい気持ちはわかりますが、安全にお買い物出来る事が何よりですので、周りに気をつけてセールを楽しみましょう。 また初日に各店目玉商品が出て、売り切れてしまう事もありますが、2日目、3日目と割引率をあげてくるお店もあります。 中には初日に対象外だった商品が最終日にはセールになっていたりと最後までチャンスがありますので、セール期間中いっぱいまで諦めずに色々探すのが良いと思います。 たくさんお得な商品をゲットできるよう、下調べは入念に、安全にブラックフライデーを楽しんで下さい。

次の

2019年版!楽天ブラックフライデー、Amazonサイバーマンデーとは?セールはいつ?|Being

ブラック フライデー 2019

感謝祭とは アメリカ合衆国の感謝祭は11月の第4木曜日です。 家族が集まって、ターキー(七面鳥)を食べて祝う風習があります。 日本で言うとお盆かお正月にあたるイベントなんですね。 感謝祭は、サンクスギビング( Thanksgiving Day )とも呼ばれており、その起源はアメリカ大陸への入植者が、飢えに苦しんでいるところを、先住民に トウモロコシなどの作物の栽培方法を伝授してくれたことに感謝したというのが起源といわれています。 (諸説あります) なぜブラックフライデーと呼ばれているの? アメリカ合衆国では、感謝祭翌日の金曜日から年末セールを一斉に開催する風習があり、その時期は街中の店が大混雑します。 その 「大混雑する金曜日」を表す言葉として「 ブラックフライデー」という言葉がつかわれました。 毎年、この季節になると、この手の騒ぎが話題になるのじゃ 2019年のブラックフライデーはいつ? 2019年のブラックフライデーは11月29(金)です。 2019年11月28日(木)感謝祭(Thanksgiving Day)• 2019年11月29日(金)ブラックフライデー お得なセールのはじまり! ブラックフライデーのセールといえば楽天市場のBLACK FRIDAY(ブラックフライデー) アメリカ発祥のブラックフライデーですが、最近では日本でも「ブラックフライデー」を銘打ったセールが多く開催されるようになりました! その中でも、 ポイントが最大43倍にもなる楽天市場の大々的なブラックフライデーセールは、盛り上がりましたね。 楽天ブラックフライデーは最大44ポイントもらえるチャンスあり! 2019年の楽天ブラックフライデーセールのスケジュールは? 2019年の楽天ブラックフライデーセールのスケジュールが発表されました! セール名 開催期間 2019年11月28日 木 10:00~~2019年11月30日 土 23:59まで• 2019年11月28日(木)感謝祭(Thanksgiving Day)• 2019年11月28日(木)楽天ブラックフライデーセール開始 楽天ブラックフライデーセールは10:00開始• 2019年11月30日(土)楽天ブラックフライデーセール終了 楽天ブラックフライデーセールは23:59終了 アマゾンサイバーマンデーは2019年12月6日からスタート セール名 開催期間 2019年12月6日(金)9時00分〜12月9日 月)23時59分まで• 2019年11月28日(木)感謝祭(Thanksgiving Day)• 2019年11月29日(金)ブラックフライデー お得なセールのはじまり!• 2019年12月2日(月)サイバーマンデー(Cyber Monday) 米国でのオンラインセールのはじまり!• 2019年12月6日(金)アマゾンジャパン サイバーマンデーセール開始 セールは9時開始• 2019年12月9日(月)アマゾンジャパン サイバーマンデーセール終了 セールは23:59終了 さいごに いかがでしたでしょうか。 今回は、日本にも定着してきたブラックフライデーの起源や、楽天のブラックフライデーから、ブラックフライデー翌週のサイバーマンデーまで、ご紹介してきました。 やはり年末セールは心躍るものがありますね!ぜひお得で良い品をゲットしてください! さて、私は何を買おうかな?・・ それではまた!.

次の

Amazon Black Friday Sale (ブラックフライデーセール) 2019

ブラック フライデー 2019

ブラックフライデーとはアメリカで行われるセールイベントです。 ここではブラックフライデーはどのような日なのか、名前の由来や2019年の日程についてご紹介します。 ブラックフライデーに安くなる商品や、ブラックフライデーの期間を使ってよりお得にお買い物する方法についてもご紹介していきます。 ブラックフライデーってどんな日?名前の由来や2019年の日程 ブラックフライデーとはどんな金曜日なのか、名前の由来や2019年の日程についてご紹介します。 ブラックフライデーとは ブラックフライデーとは、アメリカで毎年11月第4金曜日から開催されるセールイベントです。 正式な休暇日ではありませんが休暇になることが多く、一年の中で買い物が最も頻繁に行われるクリスマス商戦(ホリデーシーズン)が開始される日でもあります。 アメリカのブラックフライデーを日本でたとえると、お正月商戦と同じようなものです。 お正月には福袋を買うためにデパートなどのお店の前に行列ができますよね。 お正月のセールと同じようなものがアメリカでは11月の第4金曜日から行われると思っていただけるとイメージしやすいと思います。 アメリカではブラックフライデーが古くから導入されていて、会社を休んでまでお買い物に行く人もいるようです。 参考: ブラックフライデーという名前の由来 由来は諸説ありますが、たくさん商品が売れることでお店が黒字になるということから「ブラックフライデー」と呼ばれるようになったという説が一般的です。 ですが元々は、クリスマス商戦が始まる感謝祭翌日に、街中に人が溢れてお店がごった返している様子を警察官がネガティブなイメージで「ブラックフライデー」と呼んだことが始まりだといわれています。 始まりはネガティブなイメージだったブラックフライデーですが、お店側がブラックフライデーを積極的にポジティブなイメージで打ち出して年一度の大安売りの日というイメージを強く印象付けました。 こうして現在ではブラックフライデーはみんなが買い物を楽しむというポジティブな一大イベントとなっています。 ブラックフライデーはいつから?日程は? ブラックフライデーが開催される基本的な日程は、11月の第4金曜日からの数日間です。 ですので 2019年は11月29日 金 ~12月1日 日 だと予想されています。 お店によっては、ブラックフライデーが開催されるスケジュールが異なる場合もあります。 通常よりもセールが早く始まったり、長く行われたりする場合もあるので、お買い物するお店の詳細を事前に確認しておくことをおすすめします。 ブラックフライデーでどんなジャンルのものがどのくらい安くなるのか 過去の傾向から、どんなジャンルのものがどのくらい安くなるのかご紹介します。 とくに安くなるのは電化製品で、パソコン、テレビ、タブレットなどは最新のアイテムも目玉特価品として販売されます。 電化製品の他にもファッションアイテム、雑貨、おもちゃ、食料品など幅広いジャンルでセールが行われ、膨大な量の宣伝チラシがたくさん出ます。 セールの内容は事前に発表されるものもあれば、当日発表されるものまで様々です。 アメリカでは大きいものだと住宅や車で最大1,000ドル 120万円 くらいの値引きをするところもあります。 電化製品ではブランドのヘッドホンが90ドル安く手に入ったり、通常300ドルくらいする29インチの液晶テレビが100ドル以下で手に入ったりします。 関連記事: 転送サービスでさらにお得にできる ブラックフライデーでお得にお買い物するためには、転送サービスを利用するのがおすすめです。 お宝商品を逃さないためにも今のうちに転送サービスに登録しておくことをおすすめします。 転送サービスを利用すると日本のサイトに飛ばされずに海外サイトから個人輸入できるので、お得なバーゲン価格でお買い物することができます。 ブラックフライデーではお買い得な商品を一度に大量に購入するという人も多いと思います。 そんな時に転送サービスを利用することで、送料を安く済ませることができるのでさらにお買い物をお得にすることができます。 転送サービスとは 転送サービスについてご紹介します。 転送サービスとは、海外の通販サイトから商品を購入する場合に、自分と通販サイトとの間に入って配送を代行してもらえるというサービスです。 転送サービスでお買い物をする際の流れを説明すると、まず商品を配送するのに使うアメリカの住所が発行されて、その住所を経由して日本へ配送されて商品が届けられるという流れになります。 転送サービスを利用すると海外通販サイトから商品をお得に個人輸入できたり、複数の商品をまとめて送ってもらうことで送料のコストを削減できたりとたくさんのメリットが得られます。 海外から輸入したことがなくて海外から個人輸入することに不安を感じている人も、転送サービスの業者に配送を仲介してもらえて安心なのでおすすめです。 関連記事: 転送サービスのメリット 転送サービスでは、以下のようなメリットがあります。 日本サイトでなく海外サイトからお得に輸入できる• 複数の商品をまとめて送れるので送料が安く済む• 商品が確実に届けられるので安心• 個人輸入できない商品も輸入できる それぞれのメリットについて、くわしくご紹介していきます。 日本サイトでなく海外サイトからお得に輸入できる 転送サービスを利用すると、日本のサイトに飛ばされずに海外サイトからお得に個人輸入できます。 日本から海外の通販サイトでお買い物しようとすると、自動的に日本のサイトへ飛ばされるということが多くあります。 ですが海外のサイトに比べて日本のサイトでは値段がとても高くなっている場合が多いのです。 日本のサイトへ飛ばされずに海外のサイトからバーゲン価格で商品を買うためには、配送先の住所を海外の住所にする必要があります。 転送サービスを利用すると、配送先の住所を海外の住所にして、海外サイトからバーゲン価格でお買い物することができます。 複数の商品をまとめて送れるので送料が安く済む 転送サービスではいくつかの商品を買うという場合に、複数ある商品を一度にまとめて配送することができます。 こうすると送料が1回分だけで済むので、送料を安く済ませることができます。 一度に輸入する商品の数が多ければ多いほど、その分送料はお得になります。 ブラックフライデーでお買い得なセール品を一度にたくさん購入したいというときなど、一度に大量の商品を購入するという人はその分大幅にコスト削減できるのでとくにおすすめです。 一度にまとめて配送してもらった方が、受け取るのも一度で済んで手間も省くことができます。 商品が確実に届けられるので安心 転送サービスでは、業者が自分と通販サイトとの間に入って手続きをしてくれます。 そのため「注文したのに荷物が届かない」といったアクシデントが起こるのを防いでしっかりと配送してもらえます。 もし配送に関して何かアクシデントがあった場合にも、転送サービスの業者がしっかりと対応してくれます。 転送サービスを利用すれば商品が届くまでの間「ちゃんと届くかな」と心配することもなく、安心して商品の到着を待つことができます。 転送サービスを利用することで安心して海外から輸入できるので、「海外の通販サイトで輸入するのが初めてなので不安」という人も安心してお買い物できます。 個人輸入できない商品も輸入できる 海外通販サイトで売られている商品の中には、日本からだと購入できない商品がありますが、転送サービスを利用すれば解決できます。 海外通販サイトで販売されているブランドの中には、人気ブランドをはじめ日本への発送を行っていないせいで購入できないブランドがあります。 これは「ブランドプロテクション」と言って、ブランドが購入に規制をかけているせいで購入できないのです。 ブランドプロテクションとは、特定のブランドが行っている購入の制限です。 このような制限をかけている理由は、通販サイトから購入させないようにすることで、日本にあるブランドの正規輸入代理店からから購入させるためです。 ブランドプロテクションによって個人購入できない商品も、転送サービスを利用することで輸入できるようになります。 転送サービスを利用して輸入する場合には、アメリカにいったん配送されてから、日本の自宅に商品が配送されます。 購入するときに通販サイトで入力する届け先をアメリカの住所に指定することができるので、日本へ発送してくれないブランドの商品であっても輸入できるのです。 転送サービスで商品が配送される流れ 実際に転送サービスを利用して輸入する際にはどのように配送されるのか、おおまかな流れをご紹介していきます。 会員登録をすると、商品を配送するときに利用するアメリカの住所が作られます。 これで商品がいったんアメリカの住所に配送されるようになるので、日本へ発送してくれないブランドの商品も購入できるようになります。 連絡がきたら、転送サービスのサイトの管理画面で「日本に発送してください」と発送を依頼しましょう。 発送依頼では、必要事項を入力して送料などの料金を支払えばOKです。 日本の自宅に商品が届いたら、玄関で宅配業者に関税や消費税を払って、荷物を受け取って完了です。 まとめ ここではブラックフライデーについてご紹介しました。 ブラックフライデーとはアメリカでセールイベントが始まる金曜日のことです。 ブラックフライデーでは電化製品をはじめ様々な商品がセール価格になりお得に購入できます。 ブラックフライデーでは転送サービスを利用するとさらにお得にお買い物できるのでおすすめです。 海外の商品をお得に購入したいという人は、ぜひブラックフライデーにお買い物してみてください。

次の