愛の不時着 チョ・チョルガン。 愛の不時着の1話のあらすじと最終回ラストのネタバレは?感想(シーズン2ある?)とキャスト一覧は?

Crash Landing on You

愛の不時着 チョ・チョルガン

私が戻ったからには手出しはさせない マンボクの告白 北朝鮮ではジョンヒョク肩を落としていた そんな夜、盗聴係のマンボクが現れた ずっと盗聴していたこととムヒョクが亡くなった日 自分に渡した誕生日プレゼントの財布とお祝いの紙を見せる そして過去の話をする ジョンヒョクのお兄さんムヒョクは10年前、マンボクの息子を助けた恩人であった ムヒョクはチョ・チョルガン少佐が裏で働く悪事を掴み告発の準備をしていた。 マンボクは母の命で脅されてムヒョクを盗聴するように言われていたことから 告発する前にチョルガン少佐に知られることになった。 邪魔ものになったムヒョクをチョルガン少佐が殺したのだという。 マンボクは泣いて詫びながらセリが落とした時計と音声テープを渡す。 録音されていたのはムヒョクの愛ある弟への言葉だった。 ソウル 韓国に戻ったセリ 兄の嫁ヘジから指輪を取り戻し。 どうやって家に入ったのかをきく 母がパスワードで開けたと知らされた セリズチョイスは母とサンアが取得したとも聞かされた。 セリが母にかけた言葉は「生きて戻って申し訳ない」だった。 チョ・チョルガン少佐 ジョンヒョクはチョルガンのこれまでの悪事を時計に仕込んだICチップで お父さんの元へ送信 チョ・チョルガン少佐の裁判は逮捕されることに 追われるスンジュン 立場が悪くなったスンジュンも追われる立場に 窮地を救ったのはダンだった。 スンジョンはダンに知っていることをすべて話す ジョンヒョクからセリの脱出を頼まれたこと 急遽、地帯勤務を志願したこと スンジジュンはダンに早く想いを終わらせろ、 愛ではない執着だったと告げる チョ・チョルガン少佐裁判 チョ・チョルガン少佐裁判でジョンヒョクが 出廷してこれまでの悪事を暴く 全財産と市民権没収の上、無期懲役を言い渡される ジョンヒョクには捨て台詞 「あの女はお前のせいで死ぬ」と言い残す その後、護送車は襲撃、 チョルガンは逃亡し韓国に向かう チョルガンはジョンヒョクに電話で 「今からあの女の首をとるために韓国に行く」と脅す.

次の

「愛の不時着」第15話 あらすじ・感想 ジョンヒョクとの悲しい対面

愛の不時着 チョ・チョルガン

私が戻ったからには手出しはさせない マンボクの告白 北朝鮮ではジョンヒョク肩を落としていた そんな夜、盗聴係のマンボクが現れた ずっと盗聴していたこととムヒョクが亡くなった日 自分に渡した誕生日プレゼントの財布とお祝いの紙を見せる そして過去の話をする ジョンヒョクのお兄さんムヒョクは10年前、マンボクの息子を助けた恩人であった ムヒョクはチョ・チョルガン少佐が裏で働く悪事を掴み告発の準備をしていた。 マンボクは母の命で脅されてムヒョクを盗聴するように言われていたことから 告発する前にチョルガン少佐に知られることになった。 邪魔ものになったムヒョクをチョルガン少佐が殺したのだという。 マンボクは泣いて詫びながらセリが落とした時計と音声テープを渡す。 録音されていたのはムヒョクの愛ある弟への言葉だった。 ソウル 韓国に戻ったセリ 兄の嫁ヘジから指輪を取り戻し。 どうやって家に入ったのかをきく 母がパスワードで開けたと知らされた セリズチョイスは母とサンアが取得したとも聞かされた。 セリが母にかけた言葉は「生きて戻って申し訳ない」だった。 チョ・チョルガン少佐 ジョンヒョクはチョルガンのこれまでの悪事を時計に仕込んだICチップで お父さんの元へ送信 チョ・チョルガン少佐の裁判は逮捕されることに 追われるスンジュン 立場が悪くなったスンジュンも追われる立場に 窮地を救ったのはダンだった。 スンジョンはダンに知っていることをすべて話す ジョンヒョクからセリの脱出を頼まれたこと 急遽、地帯勤務を志願したこと スンジジュンはダンに早く想いを終わらせろ、 愛ではない執着だったと告げる チョ・チョルガン少佐裁判 チョ・チョルガン少佐裁判でジョンヒョクが 出廷してこれまでの悪事を暴く 全財産と市民権没収の上、無期懲役を言い渡される ジョンヒョクには捨て台詞 「あの女はお前のせいで死ぬ」と言い残す その後、護送車は襲撃、 チョルガンは逃亡し韓国に向かう チョルガンはジョンヒョクに電話で 「今からあの女の首をとるために韓国に行く」と脅す.

次の

愛の不時着 14話 あらすじ 感想ネタバレ キム・ジョンヒョン

愛の不時着 チョ・チョルガン

チョ・チョルガン(オ・マンソク)に追われ、駐車場の管理室に逃げ込む ユン・セリ ソン・イェジン。 監視カメラで、チョルガンがこちらに向かってくるのが見えます。 その時、落としたセリの携帯が鳴り、それを拾って リ・ジョンヒョク ヒョンビン)と話し出すチョルガン。 「 俺は今ユン・セリと一緒にいる。 …電話を切らずに来い。 …余計なマネをすると女の頭に銃弾をぶち込むぞ。 」 駐車場に到着したジョンヒョクに、チョルガンの銃が狙いを定めた時、照明が落ちて辺りが暗闇に。 管理室を抜け出したセリが、分電盤を操作したのです。 「チョは嘘をついてる。 … 私は大丈夫だから逃げて。 」叫ぶセリ。 誰かが背後からセリの口を手でふさぐ。 ジョンヒョクでした。 照明が落ちたことで、警備員たちがやってきて、チョルガンは去ります。 乱闘で傷を負ったジョンヒョクのために、セリは 自宅に医師を往診にこさせ、口外しないように頼みます。 医師はセリの兄で次男の セヒョン( パク・ヒョンス)と通じていて、セリの家に男がいると報告。 訝しむ妻の サンア( ユン・ジミン)。 「なぜ病院に行かないの?」 チョルガンを捕まえてやると怒るセリに、ジョンヒョクが礼を言います。 パソコンでチョ・チョルガンの情報を引き出すジョンヒョク。 チョが南で、かつての キープ対象だった犯罪者の協力を得ていることを知ります。 「チョは賢くて執拗だった。 …諦めるとは思えない。 」 サウナで、今日の活動成果を報告し合う、 マンボク( キム・ヨンミン)と第5中隊員たち。 マンボクは、セリの会社の周囲で情報収集するも、だれかの不倫情報をゲットしただけ。 チス( ヤン・ギョンウォン)は有名鶏料理店で、配達のバイトをしてお小遣い稼ぎ。 ジュモク( ユ・スビン)はネットカフェで、韓流ドラマ三昧。 グァンボム( イ・シンヨン)は、街を歩くと芸能事務所にスカウトされまくって、仕事にならず。 みんな苦戦しているようです。 軍事部長(チャン・ナムブ) が、チョ・チョルガンからの報告を聞いています。 報告者:南朝鮮でリを目撃したとチョ少佐から報告が来ました。 ユン・セリを北につれてきてすべてを明らかにするそうです。 軍事部長:まかり間違えば私まで面倒に巻き込まれる。 総政治局長も今の状況を把握しているはずだ。 ここぞというときまで動いてはいかん。 ダン( ソ・ジヘ)がベッドで眠ろうとしたとき、 スンジュン( キム・ジョンヒョン)から電話がかかってきます。 一日中停電していて、寒くて具合が悪いと。 仕方なく食料をもって、スンジュンのところへ行くダン。 慣れない手つきでおかゆを作ります。 塩辛いおかゆを食べながら、昔を思い出したというスンジュン。 「 あなたが南で何をしてたか私が知らないとでも?」というダンに、スンジュンは自分の身の上話を始めます。 父親がある人に裏切られて会社が倒産し、家族でイギリスに移住したこと。 お金がなくて、塩を入れたおかゆだけの日もあったこと。 父が亡くなって母が再婚し、自分は寄宿舎に入ったこと。 父の会社を倒産させた、 ユン家に復讐するために詐欺を働いたこと。 セリが嫌いなダンはスンジュンに、ユン家への復讐を煽り、強い酒を飲み始めます。 スンジュンが朝目覚めると、 隣で熟睡するダンが。 ダンの寝顔を見つめるスンジュン。 ダンの外泊に気が付いた母親 ミョンウン( チャン・ヘジン)は、弟の コ局長( パク・ミョンフン)に、スンジュンのことを調べ上げるように頼みます。 セリズ・チョイスの、インテリア部門のグランドオープン。 セリは社長としてスピーチを行い、それを見守るジョンヒョク。 マンボクと第5部隊も、セリズ・チョイスの展示会場へ乗り込みます。 いたるところで代表と面談したいという彼らは、警備員や社員に怪しまれ始めます。 警備員に追いかけられると勘違いして、 展示会場を逃げ出すチスたち。 ウンドンは慌てたあまり、靴を置き忘れてしまいます。 近くの公園で、また失敗したことに落ち込む隊員達。 そこに、 ジョンヒョクが、ウンドンの靴を持って現れ、履かせてやります。 やっと会えた!ジョンヒョクに抱き着く隊員たち。 「 南に来るなんて。 危険なのに。 どういうことだ。 」 セリの長兄夫婦が、インテリア展示会場にやってきます。 「北朝鮮にいたそうだな。 セヒョンに帰国を邪魔されてたのか?」 と聞く長兄・ セジュン(チェ・デフン)。 協力してセヒョン夫婦をたたき潰そう、と持ち掛ける妻の ヘジ(ファン・ウスレ)。 情報は、ク・スンジュンに協力していた オ課長(ユン・サンフン)に聞いたと。 ジョンヒョクからの電話で、公園に車を走らせるセリ。 第5中隊員と抱き合って再会を喜ぶセリ。 彼らを自宅マンションに連れ帰ります。 指紋認証の玄関ドア、温水の出る蛇口、停電しない電気、エアコン、彼らにとっては珍しいものばかりです。 みんなで、和気あいあいと焼き肉を楽しみます。 しかし夕食後、 マンボクがジョンヒョクに北へ帰るよう、説得しているところを聞いてしまうセリ。 ジョンヒョクの父・総政治局長の頼みできたこと。 体育大会が終わるまでもう時間がないこと。 早朝に出社するセリを見つけて、話をしようとするジョンヒョク。 約束を守ったわね。 ケガが治るまでは帰らずにいてくれた。 だからもう 急にいなくなったとしても驚かない。 気を悪くしたり、待ったりもしない。 心配しないで。 じゃあね。 そう言って、仕事に出かけるセリ。 ジョンヒョクの負担になりたくない。 でも、ジョンヒョクがいなくなってしまうストレスで、 仕事が上の空のセリ。 養母の ジョンヨン( パク・ウンジン)が会社にセリを訪ねてきます。 セヒョンのことを許すわけにいかない、と言うジョンヨン。 「私のため?(ジョンヨンのことを)信じない。 」というセリ。 温かいものを買ってくると言ったまま、 幼いセリを海辺に置き去りにしたジョンヨンの思い出がよみがえります。 海辺で倒れるまでジョンヨンを待っていたセリ。 「その時から思うようになった。 私が生まれたせいでお母さんが苦しんでいる。 私なんか生まれなければよかった。 生きているのが申し訳ない。 」 ジョンヨンと実子でないセリとの間には、 長い確執がありました。 そのころ、セヒョン夫婦は、チョ・チョルガンとオ課長に会っていました。 「 あることを証明するために(セリを)北へ連れて行く…そのあとは命の保証はできない。 」と言うチョルガン。 「こんなのに会わせて僕を破滅させる気か?」席を立つセヒョン。 「ところで、 計画実行のためにはお金が要りますよね。 …(セリの)家がどこだかわかってます?」と言い出すサンア。 北に帰りたくない。 帰るのがイヤだ。 君とここにいたい。 ここで君と結婚して、君に似た子供もほしい。 みてみたい。 君に白髪が生えて、シワもできて、老いてゆく姿を。 きれいだろうな。 涙ぐむセリ。 「見たければ、ずっと私のそばにいてくれないと。 」 酔ったふりをして、 かなわない夢を語るふたり。 切ないですね。 ジョンヒョクが子供みたいに、ゲームに熱中する場面が面白かったです。 挙句にセリに、 パソコンに子供用の制限をかけられ、ゲームは禁止。 ネットは1日2時間だけ。 「ひどすぎる。 」ふくれるジョンヒョク。 腕っぷしが強く、命がけでセリを守る。 モデル並みのルックスで高級スーツを着こなす。 なのに子供みたいに純真で可愛い。 ジョンヒョク(ヒョンビン)最強ですねー。 まとめ 「愛の不時着」第12話では、チョルガンの襲撃を逃れたジョンヒョクとセリは、第5中隊のみんなと再会します。 ジョンヒョクは、帰りたくないと本音をセリに語りますが、別れの時は近付いています。

次の