吹奏楽 の ため の エール マーチ。 2020年度課題曲

吹奏楽コンクール2020課題曲演奏動画まとめ!

吹奏楽 の ため の エール マーチ

コントラバスの最高音はG線のEs(第3と第4の中間ポジション)• ポジションの音列、とくに横の関係を知る• 音の長さの分だけ音を出すのではなく、この曲の四分音符はどのくらいの長さなのかを考えてみると、良いマーチの伴奏が弾けるかなと思います。 マーチの伴奏を弾くコツは「その伴奏で歩けるか?」です。 まず、僕から質問が2つあって• G線のEsの音の場所がすぐにわかるか• 第3と第4の中間ポジションを理解しているか と問いかけてみたら、すぐに答えられる? まずはここを押さえておきたくて、すぐに答えが出る人はOK。 もし、わからなくてもこれから解説することを読めば解決の糸口が見えてくると思うから一緒に考えてみよう。 音と音の「間」を練習するのがポイント まず、3小節目の1拍目に四分休符があるよね。 例えば僕のレッスンで3小節目の跳躍が上手くいかないとしたら、四分音符=30のテンポで練習をすると思う。 四分音符だとカウントしにくいから、八分音符=60でやった方がいいね。 このテンポで、かつ3小節目の休符はもっと時間を取る。 こうして書くと、とっても細かいように思うけど大切なのはこうして要素分解していくこと。 そして、音と音の間をどう身体が移動しているかを覚えたらテンポを戻していく。 ここで15分くらい時間を使えば、あとはもう弾けちゃうはず。 だからと言って、四分音符の長さで弾いてしまうと、いわゆる「重くなる」という現象が起こるはず。 マーチを弾くコツを伝えると、その伴奏で歩けるかというところ。 どんな音形だったら歩きやすいかな?この辺りを考えてみるといいかもしれないね。 音の長さに正しい答えはないので、一緒に演奏する低音セクションで合わせていこう。 僕たちはファゴットと一緒に新たに「B」から入るから、少しだけ大きく弾いてみてもいいかもしれない。 僕だったら「コンバス入るぜ!」ってちょっと大きめに弾いちゃうかもしれないな。 付点は言葉に線を引く 33小節目には付点のリズムが出てくるね。 ここが少し厄介で(ダウン)を使い過ぎてしまうと十六分音符が弾きにくい。 いわゆる「十六分の食いつきをハッキリ!」というやつで、この場合は八分音符と十六分音符の間に小さく線を弾いてみるといい。 すると• ファーファ ドラ ファ という音形が• ファー、ファド ラファ となる。 言葉で書くとわかりにくいかもしれないけどこんな感じ。 こうした場面でポジションの理解度が重要になってくるわけだ。 C〜Hまで いつもは基本的に伴奏をしているけれど、第二マーチの主役は僕たち。 ここでも付点のリズム前後でボウイングの工夫が必要で、きっと人によって弾き方も変わってくる部分だから、僕の弾き方を解説するね。 その前後は弓順で弾いて、ここでもポジションの音の並び、とくに横の関係を知っていくと楽。 でも、これは今の時点でのボウイングだからまたレッスンやこの曲を練習していく中で「やっぱりこっちの方がよくね?」ってなることも大いにある。 だから、僕を含めてネットで手に入れられる情報はあくまで参考程度にしておくのがおすすめ。 「E」からのテーマもボウイングに関しては同じで、67小節目からはどうしようかな。 そしてちょっと一休み。 I 〜ラスト まず(アップ)でスタートして気をつけておきたいのが「I」の2小節目にあたる136のソ(G) ここを勢いよく、とくに開放弦で勢いよく弾いてしまうとその音だけ極端に大きくなってしまうからしっかりと、自分が弾いた音を耳で確かめよう。 僕の楽器は開放弦、とくにD線は鳴りやすくG線は少し固い音がする。 この特徴を覚えておくとアンサンブルコンテストとか小編成のアンサンブルでも役に立つ。 「L」の1小節前を(アップ)で入って「L」は(ダウン) タイで繋がる二分音符は途中で切らなくても大丈夫そうだね。 終わり4小節前は(アップ)で入って下行音形、最後は三連符をしっかり弾いて終止。 おまけの雑談 「エール・マーチ」をはじめて聴いたとき、裏打ちがないスタイルだなってところに気がつきました。 裏打ちのないマーチと言えばヤン・ヴァン=デル・ローストの「アルセナール」という作品があって、この曲がとてもかっこいいのでぜひ聴いてみてください。 「エール・マーチ」の伴奏を作る参考になるかもしれないね。 そして!「アルセナール」のことを書いたので、ローストの作品をもう少し紹介してみると、世界史の授業でも習うかもしれない「スパルタクスの反乱」を描いた交響詩「スパルタクス」という曲がある。 約20分くらいの曲で、中間部分の美しい場面ではコントラバスのpizzがとても良い雰囲気を作るんだ。 それから、吹奏楽のための交響曲「シンフォニア・ハンガリカ」って曲があってこれはハンガリー建国の歴史に登場する3人の人物を描いた作品。 とくにおすすめは第一楽章で「フン族の王アッティラ」をテーマとても野蛮で攻撃的で、荒々しい性格を描いた音楽なんだけど、もう最高にかっこいい。 Apple Musicにもある、ヤン・ヴァン=デル・ロースト指揮フィルハーモニック・ウインズ大阪の演奏が名演だから聴いてみて欲しい。 こうやって、課題曲だけを解説するんじゃなくて、そこから派生していろいろな吹奏楽作品を紹介しても面白いかもしれないね。 次回もどうぞお楽しみに! お知らせ 僕が主宰するオンラインコミュニティ(公式LINE) 『コントラバス研究室BASSROOM』で中高生限定オンライン雑談会を開催します。 会話に参加したい人は気軽に話しかけてください。 顔出し不要、聴き専大歓迎。 参加は公式LINE内で発信するメールマガジンで詳細を案内しています。 公式LINEメンバーから届いた声をベースに企画しました! コントラバス研究室BASSROOM 中高生限定オンライン雑談会 2020. ぜひ、遊びに来てください! できた!カフェで吹奏楽を愛するバス弾き2人がお茶をしながら吹奏楽のコントラバスやエレキベースについて喋ってるような会。 船橋市立葛飾中学校管弦楽部にてコントラバスと出会う。 千葉県立市川西高等学校を経て洗足学園音楽大学へ入学。 在学中より「吹奏楽部におけるコントラバスの現状」に着目し多くの講習会に講師として参加。 大学卒業後はフリーランスのコントラバス奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽をはじめ楽器製作ワークショップやレコーディングなど多方面での演奏活動をする傍ら、吹奏楽指導者・アマチュアオーケストラのトレーナーとしても活動しており、中でも吹奏楽におけるコントラバスの指導に力を入れている。 これまでにコントラバスを寺田和正、菅野明彦、黒木岩寿各氏に師事、指揮法を川本統脩氏に師事。 現在、昭和音楽大学合奏研究員、ブラス・エクシード・トウキョウ メンバー。 また、日本アロマ環境協会 アロマテラピーアドバイザーの資格を持つ。

次の

2020年度全日本吹奏楽コンクール課題曲「コントラバスパート」を徹底分析!吹奏楽のための「エール・マーチ」編

吹奏楽 の ため の エール マーチ

元気いっぱいの中高生の皆さんにもぴったりの明るい曲ではないでしょうか。 テンポ120から40まで下がり、その後accelをかけながら元のテンポに戻すよう指示がありますが、勢いに任せて曲の最後までaccelをし続けないことがポイントです。 曲はクラリネットパートの柔らかなメロディーに始まり、低音セクションの刻みに乗せてフルートの合いの手やトランペットのサブメロディーにつながります。 曲の中盤にあるユーフォニアムやサックスの優雅なメロディーも聴かせどころ。 全員で息を合わせる部分と各パートが歌う部分など、メリハリをつけて演奏しましょう。 どのパートにもメロディーやサブメロディー、合いの手など重要な役割があるので、曲の中で自分は何をする役なのかを考えることも大切です。 メロディーの合間に入る細かい音符や響きも大切にしながら、おもちゃ達の明るく楽しいマーチを表現してみてくださいね。 小説は、ツツジの花が一面に咲く野道をひとりの子どもが歩いているうちに、羽虫が舞う不思議な空間に辿り着く幻想的なシーンから始まります。 雅楽で活躍する篳篥(ひちりき)のように、和の響きに欠かすことのできない笛をフルートやピッコロの音色で表現しています。 1曲を通してソロが目立つピッコロをはじめ、フルートやオーボエ、アルトサックス、バリトンサックス、ホルンなどソロパートが多いのが印象的です。 また、ソロ表記はないものの、打楽器パートも曲の要所において重要な役割を果たしています。 全体を通してピアニッシモで演奏する場面が多く、吹奏楽の柔らかさやダイナミクスを活かしつつも、繊細で緊張感を保ちながら演奏するのがポイントです。 また、曲中に度々見られる休止符は単なる休みと捉えず、「余韻」など音楽の一部として表現することが求められます。 間の取り方や曲の解釈などの音楽性にも注目しながら丁寧に取り組んでいくとよいですね。 吹奏楽コンクールの課題曲には、毎年吹奏楽連盟が課題曲のために作曲してほしいと依頼してできた「委託作品」が含まれていて、音楽的・技術的に精度が高いことで知られています。 この曲を演奏する際に気を付けたいのが、曲名にもある「インベンション」です。 インベンションとは、2つの旋律がカノンのように追いかけあいながら進む音楽のことで、バッハのインベンションなどで聴いたことのある人もいるかもしれませんね。 また、宮川彬良さんがスコアに記した解説には「導音」「主音」「解決」など音楽理論の言葉も使われています。 難しい言葉ですが、音楽理論や和声の知識を身に付けておくと曲の構成を理解する時にとても役立ちます。 曲中では合計9回にわたりテンポの変化が訪れます。 テンポの変化に合わせて曲の調も変わるため、雰囲気をガラッと変えられるよう息の合った演奏が求められます。 タイトルにもあるように、この曲は「エール=応援」がテーマとなっています。 作曲者の宮下秀樹さんは現役の中学教諭でありながら吹奏楽部の顧問も務めており、日頃から生徒同士のさまざまな「エール」に触れてインスピレーションを受けて作曲したと想像します。 曲の構成はシンプルなマーチで、課題曲の中でも技術面での難易度は比較的低めですが、その分、他校と差を付けて「聴かせる」演奏として完成させるのは難しいかもしれません。 単純な音符ほど音の出し方や音色など基礎力が伝わるため、楽譜がシンプルだからと言って油断せず、日頃の基礎練習からしっかりと行うことが大切です。 曲のテンポ感を握るのはスネアドラムやシンバルなどの打楽器パート。 まとまりのある演奏を目指すためにも、打楽器パートの安定したリズム感は欠かせません。 また、木管パートには細かい動きも多く見られます。 3連符や付点音符などの細かいニュアンスの違いを出せるように丁寧なに練習していきましょう。 難易度の高い理由としては、前述したように曲中で使用されるさまざまな特殊技法にあります。 例えば、金管楽器が楽器を鳴らさずにピストンをカチャカチャと動かす音を出したり、マウスピースを逆さまに使用して息を吹き込みシューッと音を立てたり、演奏者が大きく口を開けてため息をついたりと、他の曲ではあまり見られないテクニックが使われています。 学生の皆さんには慣れない奏法かもしれませんが、幻想的な雰囲気を出すには効果的ですね。 ただ音符を追って楽譜通りに演奏するのではなく、繊細な前半部分と重厚な後半部分を対比させながら自分たちの音楽的解釈を取り入れ、表現することを意識してみてください。 吹奏楽コンクール2020 課題曲のまとめ 今回は2020年度の吹奏楽コンクール課題曲について、演奏時のポイントや参考動画をご紹介しました。 どの課題曲も聴きごたえたっぷりの名曲揃いです。 それぞれの部活の良さを最大限に活かしながら、夏のコンクールに向けて自分たちの音楽を作り上げてくださいね。

次の

2020年度課題曲

吹奏楽 の ため の エール マーチ

この記事の目次• 作曲者の宮下 秀樹さんについて 宮下 秀樹さんプロフィール 新潟大学教育学部特別教科(音楽)教員養成課程作曲専攻卒業。 東京学芸大学大学院作曲専攻修了。 第11回吹田音楽コンクール作曲部門3位(1、2位なし)。 第6回東京国際室内楽作曲コンクール入選。 2009年、新潟県文化振興財団助成事業で新作オペラを発表。 2014年より、左 手のピアニスト舘野泉氏の「舘野ファミリー&フレンズ」コンサートで作品発表、全国8か所でツアー公演。 現在、新潟市立鳥屋野中学校教諭、吹奏楽部顧問を務める。 田嶋先生は千葉県の柏中学校で顧問として「エアーズ」を演奏した年には、全国大会へ出場し銀賞を受賞したという有名なお話もありますね。 先ほど述べましたが作曲者の宮下さんは、中学校教諭ということで、普段から 運動部の応援や、友人同士の励ましなど、学校生活で色んな「エール」を目にするそうです。 この何気ない一コマにいろんなドラマがある、ということで色々インスピレーションを受けて作曲されたようです。 会報すいそうがくによると、実は、最初から吹奏楽コンクール課題曲を書こうと思って書き始めたのではないらしく、 「もとは、運動部への選手激励会の時に、選手の入退場で使うつもりだった」と語っておられます。 しかし、書いていくうちにご自身の吹奏楽部員と接しているうちに気持ちが変わったそうで、激励会用としてだけでなく、頑張っている生徒たちを見らなってコンクール課題曲に応募できるくらいに仕上げよう。 ということで精度を高め、晴れて吹奏楽コンクール課題曲として選ばれたそうです! とっても素晴らしい先生ですね。 普段から色んな所で切磋琢磨する生徒たちを見て曲を書くなんてとってもステキです。 それに、運動部の激励のために曲を作る、だなんて、私は聞いたことがありません!笑 吹奏楽のための「エール・マーチ」 特徴や編成は? マーチらしいマーチではありますが、例年のマーチに比べて木管の細かい動きが多いような印象を受けました。 またブリッジ部分では金管の速いアルペジオも出てきて、そういった技術が求められる曲でもあると思います。

次の