内田百間。 内田百間が、夏目漱石は鼻毛を取る癖があり、内田百間がその鼻...

楽天ブックス: 小川洋子と読む 内田百間アンソロジー

内田百間

【内容情報】(出版社より) 汽車に揺られ、小鳥を愛し、土手をぼんやりと歩く……どこか遠くの現実とすぐそこの幻を行き来するような、百間先生の作品を小川洋子が編む夢の一冊 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 現実と幻、笑いと恐怖、彼岸と此岸、あらゆる境界をするりと越えて、不思議な光を放つその作品を、百〓をこよなく愛する作家・小川洋子と一緒に楽しもう。 「冥途」「梅雨韻」「旅順入城式」「サラサーテの盤」…珠玉の24篇を集めて贈る、新しい内田百〓の世界。 【目次】(「BOOK」データベースより) 旅愁/冥途/件/尽頭子/蜥蜴/梟林記/旅順入城式/鶴/桃葉/柳〓〓の小閑/雲の脚/サラサーテの盤/とおぼえ/布哇の弗/他生の縁/黄牛/長春香/梅雨韻/琥珀/爆撃調査団/桃太郎/雀の塒/消えた旋律/残夢三昧 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 内田百〓(ウチダヒャッケン) 1889-1971年、小説家、随筆家。 岡山の造り酒屋の一人息子として生まれる。 東京帝国大学独文科在学中に夏目漱石門下となる。 陸軍士官学校、海軍機関学校、法政大学などで教鞭を執る。 1967年、芸術院会員推薦を辞退。 本名、内田栄造。 別号、百鬼園 小川洋子(オガワヨウコ) 岡山市生まれ。 1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞受賞。 『博士の愛した数式』(読売文学賞・本屋大賞)、『ミーナの行進』(谷崎潤一郎賞)、『ことり』(芸術選奨文部科学大臣賞)などを発表。 内田百〓文学賞の審査員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の

楽天ブックス: 第一阿房列車

内田百間

【内容情報】(出版社より) 汽車に揺られ、小鳥を愛し、土手をぼんやりと歩く……どこか遠くの現実とすぐそこの幻を行き来するような、百間先生の作品を小川洋子が編む夢の一冊 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 現実と幻、笑いと恐怖、彼岸と此岸、あらゆる境界をするりと越えて、不思議な光を放つその作品を、百〓をこよなく愛する作家・小川洋子と一緒に楽しもう。 「冥途」「梅雨韻」「旅順入城式」「サラサーテの盤」…珠玉の24篇を集めて贈る、新しい内田百〓の世界。 【目次】(「BOOK」データベースより) 旅愁/冥途/件/尽頭子/蜥蜴/梟林記/旅順入城式/鶴/桃葉/柳〓〓の小閑/雲の脚/サラサーテの盤/とおぼえ/布哇の弗/他生の縁/黄牛/長春香/梅雨韻/琥珀/爆撃調査団/桃太郎/雀の塒/消えた旋律/残夢三昧 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 内田百〓(ウチダヒャッケン) 1889-1971年、小説家、随筆家。 岡山の造り酒屋の一人息子として生まれる。 東京帝国大学独文科在学中に夏目漱石門下となる。 陸軍士官学校、海軍機関学校、法政大学などで教鞭を執る。 1967年、芸術院会員推薦を辞退。 本名、内田栄造。 別号、百鬼園 小川洋子(オガワヨウコ) 岡山市生まれ。 1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞受賞。 『博士の愛した数式』(読売文学賞・本屋大賞)、『ミーナの行進』(谷崎潤一郎賞)、『ことり』(芸術選奨文部科学大臣賞)などを発表。 内田百〓文学賞の審査員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の

内田百間が、夏目漱石は鼻毛を取る癖があり、内田百間がその鼻...

内田百間

『ノラや』中央公論新社 内田百閒/著 内田百閒は天下無双の偏屈ジジイである。 坊ちゃん育ちで、わがままし放題で、道楽者で、癇が強くて、いやしんぼで、好き嫌いが激しくて、およそ我慢というものを知らない。 貧乏は平和なんだと言いながら借りた金で贅沢して、自分の収入は月給と借金で成立してるなんて平気でうそぶく。 借金を重ねるだけ重ねた挙句に仕事も家族も放り出して自分だけ逃げだしてしゃあしゃあと別の女性と暮らし始める。 好きな饅頭をしまいこんでチビチビ食べてるうちにカビが生えて嘆いたりする。 バナナが食べたいと思ったら頭の中からバナナが離れない。 人と会うのが面倒くさくて玄関に「面会謝絶」と貼り紙してトイレの汲み取り業者に文句言われたりする。 かなり厄介なジジイである。 そんなジジイが飼ってる猫がいなくなったからといって西へ東へオロオロし、帰ってこないと言ってメソメソし、周囲を巻き込んで大騒ぎして探しまくっても見つからなくて号泣し…という顛末を描いたものが本書『ノラや』だ。 もともと猫が好きだったわけではない。 小鳥をたくさん飼っていたから猫は天敵くらいに考えていた。 たまたま迷いこんできたから世話するようになっただけなのに、その猫がいなくなっただけで、あんなにムスッとしたクソジジイが身も世もないほど嘆きまくる。 実は、百閒という人はよく泣いた。 師匠である夏目漱石が亡くなったときは、葬儀場の隅っこで空を仰いでわんわん泣いた。 大好きだった東京駅が空襲で焼けたときは、設計者辰野金吾の息子の家まで遠路はるばる歩いて行って玄関でわんわん泣いた。 親友の芥川龍之介や宮城道雄に死なれたときもわんわん泣いた。 いい年をした大の男が子供のように手放しでわんわんと泣いた。 我慢を知らない百閒先生は泣くことだって我慢しないのである。 夜空の月を取ってくれろと駄々をこねる子のように、地団駄踏んで涙を流すのである。 自分をおいて去っていってしまうものたちへの追慕と憤懣に心の底から慟哭するのである。 永遠に続くものなんてないのは知っているけれど、承知できないのである。 嫌なものは嫌なのである。 ふるさとの岡山にだって、変わってしまったのを見たくなくて帰らなかった。 汽車で通るたびにホームに降りて懐かしいその風に触れ、名物の饅頭を夢にまでみたけれど、それでも一度も帰らなかった。 百閒先生の中には永遠のこどもがいる。 坊ちゃん育ちで、わがままし放題で、遊び好きで、癇が強くて、いやしんぼで、好き嫌いが激しくて、およそ我慢というものを知らないこどもがいる。 無垢で傷つきやすくて愛情にあふれたこどもがいる。 そのこどもが、胸が張り裂けんばかりに泣きじゃくっている。 行かないで行かないで行かないで、と泣き叫んでいる。 だから猫だって、いなくなってはならないのだ。 愛するものはそこにずっといてくれなきゃ困るのである。 それなのにどうしてみんな消えていってしまうのか。 庭の草の向こうに消えていったノラの後ろ姿が忘れられない。 風呂のふたの上に寝ていた様子が思い出されてならない。 ノラ、ノラ、ノラや。 結局ノラは帰ってこなかった。 偏屈ジジイはいつまでもいつまでも、最後がやってくるまで待っていて、それから愛するものたちの後を追ってゆっくりと自分も去っていった。 こちらもおすすめ。 『作家の猫』平凡社 夏目房之介など/著 作家と飼い猫のエピソードが写真とともに詰まっている本。 夏目漱石、中島らも、青木玉など。 もちろん内田百閒も。 『ノラや』中央公論新社 内田百閒/著.

次の